シグマ 24-70mm F2.8 IF EX DG HSMを発表[更新]

シグマからフルサイズ対応の24-70mm F2.8 IF EX DG HSMが発表されました。

HSMを搭載した、コンパクトなフルサイズ対応大口径標準ズームレンズ24-70mm F2.8 IF EX DG HSM 発表

  • 12群14枚 (SLDガラス2枚、非球面レンズ3枚を採用)
  • 絞り羽根9枚(円形絞り)
  • フィルター径 82mm
  • 最短撮距離 38cm
  • 最大系×全長 88.6mm×94.7mm 重さ 810g
  • 発売日 2009年1月25日(キヤノン用) 2009年2月(シグマ用、ニコン用) 未定(ソニー用、ペンタックス用)
  • 希望小売価格 123800円

 

旧型の24-70mm F2.8の希望価格は67000円だったので、価格はかなり大幅なアップになっています。全長は旧型の24-70mm F2.8は115.5mmだったので、大幅にコンパクトになっていますが、重さは旧型は715gだったので少し増えてしまっていますね。

[追記] kfさんからこのレンズのレビューを投稿していただきました。この記事のコメント欄を参照してみてください。

2008年12月18日 | コメント(2)

コメント(2)

古い記事にコメントするのもなんですが、入手しましたので50Dとの組み合わせての印象を。
画質は開放でやや甘いが、キヤノン純正の24-70やタムロンA09より周辺画質が安定しています。
またA09に比べ、色にじみ(パープルフリンジ)が少ないです。
広角端の周辺で色収差がわずかにあります
現時点では、DPPでのレンズ収差補正や、カメラの周辺減光補正は機能しません。
1~2段絞ると解像力は最高、50Dでも不安はありません。(純正は2段絞りではやや不安、A09は純正より良い。)
逆光には強いようです。
HSM搭載ゆえ、フルタイムマニュアルフォーカスができ、さらに微調整が効くので、A09に対しては大きなアドバンテージがあります。(A09のピントリングはあまりにもクイックに反応するので微妙な調整はしにくい。)
画質と使い勝手で選ぶならシグマがベスト。
価格で選ぶならA09。
純正はリニューアルを待つのが良いと思います。
限られた条件での印象ですので、条件が変われば結果も変わってくると思いますが参考まで。

kfさん
インプレありがとうございます。参考になります。
50mm F1.4もそうでしたが、最近のシグマのレンズは素晴らしい出来ですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2008年12月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DA17-70mm F4はペンタックスの標準ズームの中で最も良いレンズ」です。

次のブログ記事は「EOS 50Dを買うなら40Dと交換レンズを買ったほうがいい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る