ソニー50mm F1.4はAPS-Cでは優秀な性能

dpreviewにSONY 50mm F1.4のレビューが掲載されています。

Sony 50mm F1.4 review Andy Westlake, December 2008

  • APS-Cの場合、絞り開放では周辺部の解像力が低いが、F2.2まで絞れば非常に良好になる。解像力はF3.3~F8で最もよくなり、画面全域でα700の12MPセンサーの解像力を容易に超える
  • フルサイズの場合、開放付近では画面全域で非常に甘く、周辺部までシャープに描写するにはF8まで絞る必要がある
  • 歪曲は非常に小さくAPS-Cでは0.3%(フルサイズでは0.9%)のタル型
  • ボケは絞りを開いたときに色収差が目立つ
  • フルサイズでは周辺光量落ちが目立ち、解消するにはF3.3まで絞る必要がある
  • フレアが出やすい傾向がある
  • APS-Cではシグマ50mm F1.4 EX DG HSMより優れた性能を発揮するが、フルサイズではシグマのほうが優秀な結果

 

APS-Cでは開放付近から優秀な描写性能ですが、フルサイズではかなり絞らないと周辺部の画質が厳しいようです。

2008年12月23日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2008年12月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックDMC-G1の解像力は素晴らしく高く、2000TV本まで解像」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-30のレビュー「これだけの画質に仕上げてきたのはすごい」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る