広角ズームによるD3Xと1Ds MarkIII の撮り比べはD3Xの圧勝

ASCII.jpにEOS-1DsMarkIII とNikon D3Xの画質の比較テスト記事が掲載されています。

実写で見る「D3X」──EOS-1DsMk3と比較

  • D3XはAF-S 14-24mm F2.8G、EOS-1Ds MarkIII はEF16-35mm F2.8L II でテスト
  • 絞り開放では、D3Xは周辺減光が少なく四隅まで明るくクリアな画像だが、1DsMkIII は周辺減光が目立ち四隅が暗く発色もいまいちで濁りがある
  • 開放での細部の描写は、D3Xは隅も中心付近も極めてシャープで、コントラストや発色に冴えのある画像。1DsMkIII は画像周辺から中心近くまで色ずれがかなり目だち、コントラストや発色にも悪影響。正直こんなに差が出るとは想像していなかった
  • 絞った場合は、1DsMkIII は周辺減光が改善するものの、倍率色収差は改善せず、色再現に問題を残す甘く解像感に乏しい画像。D3Xは開放から安定して高品質なので絞っても大きな変化は見出せない
  • このような驚きの結果になったのはニコンの倍率色収差の自動補正機能によるところが大きく、この問題を放置したままでは、いくら高画素化を図っても意味がない
  • D3Xの画像は2000~3000万画素クラスの中判デジタルカメラを終焉に向かわせるだろう

 

神レンズと呼ばれることもあるAF-S 14-24mm F2.8GとキヤノンのEF16-35mm F2.8LII ではレンズ自体の性能差がある上、JPEG撮って出しでの比較でD3Xにだけ倍率色収差補正がかかっているのでは、キヤノンには苦しい勝負ですね。

キヤノンには、ニコンに対抗できる新型の高性能な広角ズームと、ボディ内の倍率色収差補正機能の搭載を期待したいところです。

2008年12月31日 | コメント(2)

コメント(2)

RAWで撮らなければ実力を発揮できないというのもやはり問題でしょう。
高画素化が、レンズ性能を補う画像処理を必要とするのは疑いないところで、その点、指摘があるのも当然だと思います。
プロ機に限って言うならば、RAW現像必須となっていてもかまわないかもしれませんが、キヤノンの場合、下位機にいたるまでこういう仕様であり、一般ユーザーには実力を発揮させるのが難しい仕様となっています。

熱狂的なユーザーはどちらにもいるものですが、他社製品の優れた点は素直に認めるべきでしょう。
ファン心理はわからないではありませんが、「ここが劣ってる、ここを直せ」という声が、(それが例えた他社の熱狂的なファンであったとしても)率直に出たほうが、長い目で見ればメーカーのためになるだろうと思います。
キヤノンのほうがニコンよりはるかに広告費が多いということも知っておいたほうがいいと思います。
私もキヤノンユーザーの端くれですが、最近のキヤノン機への、国内メディアの評価は首を傾げざるを得ないです。

kfさん
コメントありがとうございます。

JPEG撮って出しでのD3Xの処理や、14-24mm F2.8Gの性能には確かに素晴らしいものがありますよね。その点でD3Xを高く評価するのはいいと思いますし、キヤノンも同条件でいい勝負ができるようになって欲しいものだと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2008年12月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2008年のデジタル一眼の販売台数シェアが掲載」です。

次のブログ記事は「あけましておめでとうございます 2009.1.1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る