パナソニックDMC-G1の解像力は素晴らしく高く、2000TV本まで解像

マイコミジャーナルにLUMIX DMC-G1の詳細なレビュー&サンプル画像が掲載されています。

パナソニック LUMIX DMC-G1 実写インプレッション

  • EVFの画角は実測で26.1度と非常に広く、EOS-1D MarkIII と同等だが、EVFそのものの見易さはいまひとつで、にじみやギラつきディレイ(表示の遅れ)に慣れが必要
  • オートフォーカスは測距点にかかわらず平均で0.7秒と、キヤノンのプロ機並みの成績で、すばらしくいい。この速さは大したもの
  • 連続でピントを合わせるコンティニュアスAFはいまひとつで、ピントが合わず、シャッターが下りないことが多い
  • 解像力はすばらしく高く、2000TV本近くまで解像。像に偽色や歪みがなく「EOS 50D」「D700」「D90」あたりよりも綺麗な像が得られた
  • 高感度はISO800でわずかにノイズが見え、ISO1600ではかなりざらつく
  • 発色は明るい場所では良好だが、暗いシーンではバランスが崩れる傾向。オートホワイトバランスも若干不安定

 

AFは、チャートの撮影ではEOS-1Dシリーズ並みの性能のようですが、動体ではAFが合わないことが多いかったりと、得意不得意がはっきりしてるようです。解像力は、同じマイコミジャーナルのテストでD90+18-105mmが1700TV本だったので、G1のほうがかなり高い値になっています。

2008年12月23日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2008年12月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「交換レンズの販売台数シェアではキヤノンがニコンを圧倒」です。

次のブログ記事は「ソニー50mm F1.4はAPS-Cでは優秀な性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る