円高で交換レンズを海外から安く買える千載一遇のチャンス

ASCII.jpに交換レンズの個人輸入に関する記事が掲載されています。

円高を利用し交換レンズを購入せよ!

  • 恐ろしいほどの円高で、海外から交換レンズなどの品物を安く買える千載一遇のチャンス
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM(1349ドル)とEF-S 60mmF2.8 マクロ USM(370ドル)の二本を注文。送料は68.9ドル、決済レート94.948円で請求額は16万9756円+消費税1000円
  • 交換レンズはメーカーによって海外で購入すると保障がきかないので注意が必要

 

ネット上では、円高を利用してアメリカのB&H Photo Videoや韓国のGmarketあたりの販売店から安く個人輸入をしたという話がよく出ていますね。

実際に価格を見てみるとデジカメのボディはそれほど安くないようですが、交換レンズは国内よりかなり割安に購入できるようです。

2008年12月21日 | コメント(8)

コメント(8)

私も円高利用で EOS の Lレンズ を発注しました。

B&H Photo Videoに、12/15に注文し、12/18にクレジットカード確認(初回利用のため)を行いました。
円高 + 割引(対象商品による)で、大変「お得」ですね。
ただし、クリスマスシーズンのため、通常よりも、手順が遅いようです。
私の場合も、どうにか、クリスマス前に間に合いそうです。
明日、12/22に到着予定です。

EF70-200 F4L IS USM + EF16-35 F2.8L II USM + 送料 = 合計
$949.95 + $1,249.00 + $67.10 = $2,266.05
カード会社からの請求額 210,358円 + 消費税 約6000円(UPSに確認)
合計 約216,358円

12/17時点の参考価格 (各消費税含む、送料含まず)
定価 165,900円 + 241,500円 = 407,400円
大手量販店 346,400円、ポイント引いて 311,760円
価格comの最安値 110,750 + 162,300 = 273,050円

tabbycatさん
コメントありがとうございます。

量販店価格からだと3割以上、価格.comの最安値からみても2割以上も割安ですね。

私も今B&HでEF24-70mm F2.8Lの驚くような価格($1,049.95≒93,500円)を見て、注目してしまいそうになっているところです。

クレジットカード会社の為替レートは、2円くらい上乗せになります。
また、1万円以上のカメラ、レンズは、輸入価格の約60%に消費税(5%)がかかるそうです。
それでも、ずいぶん安くなります。

それに、2009年1月17日まで、Instant Rebate (割引) があります。
http://www.bobatkins.com/photography/digital/rebates.html

まさに、円高・レンズ購入の旬の時期ですね。

すごい時代ですねえ・・・・
でも、送料が結構しますね。
タムロンの90mmマクロ狙ってますけど、
4万円くらいのレンズだと、うまみはないのかな・・・。

tabbycatさん
情報ありがとうございます。

カード会社の手数料と消費税・送料を考えても、交換レンズはかなり割安になりますね。リベート期間中なら、一部の非Lのレンズでも国内より割安になりそうです。

nsiさん
コメントありがとうございます。

タムロンの90mmマクロはB&Hで$419(EOS以外は$449)で意外に高いので、国内で買ったほうが返って割安ですね。

キヤノンの100mmマクロは$444.95、ニコンのVR105mmマクロは$734.95なので、純正なら送料等を考えても多少割安になりそうです。


ありがとうございます。
なるほど。
もしかしたら、生産拠点がドル、ユーロ圏内にあるかどうかなんですかね。
在庫量も大きいのかな。


カメラの海外通販情報を探してやってきました。
最近の円高はほんとすごいですね。。。海外通販的には非常にありがたいのですが(笑)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2008年12月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンPowerShot SX1 ISは高倍率ズームにもかかわらずシャープな描写」です。

次のブログ記事は「キヤノンPowerShot SX1 ISは全体的にそつなくまとまっているカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る