交換レンズの販売台数シェアではキヤノンがニコンを圧倒

BCNランキングに交換レンズのマウント別シェアとランキングが掲載されています。

撮る楽しさが倍増するかも!? デジ一眼用交換レンズランキング

  • 販売台数シェアでは1位のニコンと2位のキヤノンの差はわずか1.5ポイントだが、マウント別の構成比ではキヤノンEFが42.4%、ニコンFが29.9%で1位2位が逆転して差が12.5ポイントまで開く
  • メーカーシェアとマウント別構成比で違いが生じるのは、ここ1~2年にコンは高いシェアを獲得しているが、その以前はキヤノンのシェアが高かったため、実際にデジタル一眼を使っているユーザーはキヤノンのほうが多いためと考えられる
  • EFマウントでは、1位:EF50mm F1.8、2位:タムロン18-270、3位:EF18-200
  • Fマウントでは、1位:VR70-300、2位:VR18-200、3位:50mm F1.4D
  • ズームレンズの構成比は60.2%でニコン、キヤノン用ともズームレンズが人気だが、単焦点もニコン、キヤノン用とも上位3位以内にランクインしている

 

ボディのシェアではニコンが逆転しましたが、マウント別構成比(レンズの販売台数)では圧倒的にキヤノンが強いですね。また、ペンタックスのマウント別構成比が10.4%と非常に高く、ボディはそれほど売れていないにもかかわらず、交換レンズはよく売れているようです。

2008年12月22日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2008年12月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DMC-G1がPopPhotoの「Camera of the Year 2008」に決定」です。

次のブログ記事は「パナソニックDMC-G1の解像力は素晴らしく高く、2000TV本まで解像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る