ニコンAF-S 18-105mm F3.5-5.6 VRは絞り開放から非常に高い解像力

photozoneにニコンのAF-S DX 18-105mm F3.5-5.6G ED VRのテスト記事が掲載されています。

Nikkor AF-S DX 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR - Test Report / Review

  • ワイド端ではタル型の歪曲が非常に大きく(3.52%)、35mmから望遠側では糸巻き型の歪曲が目立つ
  • 周辺光量落ちはズームの両端で目立つが、1EVを下回っており、このクラスの多くのレンズよりも良好。1段絞れば目立たなくなる
  • 18mmでは開放から中心から周辺まで最高(Excellent)レベルの解像力で、四隅でも非常によい(very good)のレベル。24mmでも非常にハイレベルでわずかに絞れば四隅まで最高レベルの解像力
  • 105mmでは周辺部の解像力がわずかに落ちるが、それでも開放から非常によい(very good)のレベル。中央部はすべてのズーム域で開放から最高(excellent)レベル
  • 色収差はズーム全域で1.5px前後で、かなり大きいが、最近のボディではボディ内の処理で解消できる
  • 歪曲と色収差は目立つが、快適なズーム域と、手ブレ補正、大変高い解像力を持つ素晴らしいパッケージングのレンズ

 

ニコンの最新のレンズらしく、ズーム全域で開放から非常に高い解像力で、なかなか優秀なレンズですね。ただ、単体で買うとそれなりの値段のレンズなので、プラスチックマウントなのが少々残念です。

2009年1月 5日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2009年1月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF24mm F1.4L II は旧型よりも解像力が低い?」です。

次のブログ記事は「中級フルサイズ3機種の機能比較レビュー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る