パナソニックDMC-G1はこのクラスで最高の解像力

dpreviewにPanasonic DMC-G1の詳細なレビューが掲載されています。

Panasonic Lumix G1 Review, January 2009 Simon Joinson, Lars Rehm, Phil Askey and Richard Butler

  • 解像力はこのクラスのライバルをしのぐ素晴らしい値で、最も高解像力の機種の1つであるEOS KissX2を上回る
  • ノイズリダクションとディテールの残し方のバランスがよく、ISO1600までは使える
  • EVFはこれまで見た中で最高の出来で、このクラスのどの一眼レフのファインダーよりもはるかに像が大きいが、暗所ではノイズやちらつきが非常に多く使い難い
  • AFはコントラスト検出式としては最速で、他の普及型のデジタル一眼と互角。MFはとても実用的
  • JPEGではトーンカーブが急勾配で、ハイライト側のダイナミックレンジはライバルと比べて0.5EVほど劣る
  • 人工光源ではオートホワイトバランスは信用できない
  • 連写速度の3コマ/秒は、JPEGでイメージレビューをOFFにし、絞りを開いているときにしか達成できない
  • 革新的なカメラだが、レンズが少なくフォーサーズ用のレンズの多くがAFで使えない、価格が高い、暗所では性能的に不満のあるEVFなど、問題点も多い

 

解像力は、このクラスのデジタル一眼の中では、G1が頭一つ抜けていますね。EVFは暗所ではかなり問題があるようなので、夕景・夜景・室内メインの方は事前にチェックしてみたほうがよさそうです。

2009年1月24日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2009年1月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS KissX2後継機はPMA09では発表されない?」です。

次のブログ記事は「EOS KissX2 とEOS 40Dで動画撮影を可能にするロシア製ファームが公開 [更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る