タムロンSP AF 10-24mm F3.5-4.5は非常に描写の甘いレンズ

KenRockwell.comにタムロンSP AF 10-24mm F3.5-4.5 Di II のレビューが掲載されています。

Tamron 10-24mm

  • AFモーターは非常に小さく、AF速度はニコンマウントでは速くない。音はおもちゃっぽい。マニュアルフォーカスの操作性は優秀
  • 歪曲は10mmでは3.5%のタル型で非常に大きいが、単純な形なので完全に補正することができる
  • 色収差は色収差低減機能が無いボディでは(キヤノンのボディでも)目立つが、D300やD90では自動的に補正される。しかし、よりよい画質を求めるならトキナーの11-16mm F2.8を使うのがベター
  • 解像力は6MPのニコンD40でさえ甘く、最近使ったレンズの中では最も甘い描写のレンズの一つ。高画素のD90では、更にレンズの欠点が目立つ
  • F5.6ではまだソフトな描写で、F8まで絞るとよい画質になるが周辺部はニコンの12-24mmに比べるとまだ甘い
  • 画質以外の部分では素晴らしいレンズだが、絞り込まない場合は6MPでさえ甘く、解像力や色収差などの光学性能にうるさいユーザーはニコン12-24mmかトキナーの11-16mmがよい

 

画質に関しては6MP機でさえ解像力不足という非常に厳しい評価で、ニコン純正かトキナーのAT-X116のほうがお勧めという結論になっています。光学性能がイマイチなのは、超広角レンズにしてはズームレンジを少々よくばりぎたのが原因でしょうかね。

2009年1月 8日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年1月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5D Mark II の黒点問題に対応する新ファームウェアは1月中にリリース?」です。

次のブログ記事は「EOS 5D MarkII の新ファームウェアが公開」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る