富士フイルムFinePix F200EXRはF100fdよりもワンランク上の画質

ASCII.jpにFUJIFILM FinePix F200EXRのレビューが掲載されています。

新CCDで優れた高画質を実現 FinePix F200EXR

  • 「スーパーCCDハニカムEXR」は同色の画素が斜めに隣り合っているので、これらを1画素として扱い感度を2倍に上げても偽色が少ない絵を作り出せる。また、隣接した画素ごとに露光時間を変えて2つの感度を持たせる機能を持ち、ダイナミックレンジを大幅に拡大できる
  • 高感度低ノイズモードでは、ISO800で若干ノイズが発生しはじめ、ISO1600でちょっとノイズが出ているなという程度でノイズは少ないほう
  • プログラムオートではISO800からノイズが目立ち始めるが、F100よりもF200のほうがワンランク上の画質
  • ダイナミックレンジ優先では暗部の描写力が上がり、階調が豊かになっている。高解像度モードでは斜めの線の周囲に出るギザギザ感が若干気になる

 

画素ごとに感度を変えてダイナミックレンジを拡大できるなど、ハニカムEXRはハイテク満載のすごい素子ですね。この素子がデジタル一眼に搭載されるのが楽しみです。あと、サンプルはすべて縮小画像なので画質についてはよくわからないです。

2009年2月 6日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年2月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2008年第3四半期のペンタックス部門は39億円の営業損失、ニコンの映像事業は利益半減」です。

次のブログ記事は「SONY Vario-Sonnar T*16-35mm F2.8 ZAは素晴らしく性能のいいレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る