PANASONIC Lumix G Vario 14-45 F3.5-5.6(G1のキットレンズ)は周辺部の解像力が低いのがウィークポイント

photozoneにパナソニック Limix G Vario 14-45 F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.のレビューが掲載されています。

Panasonic Lumix G Vario 14-45mm f/3.5-5.6 ASPH OIS - Review / Test Report
(※リンク先の記事が差し替えられています。再テストの結果はこちらの記事を参照してください)

  • 歪曲はワイド端で1.2%以下のタル型、テレ端で0.2%の糸巻き型で非常に優秀。テレ端の値は、実写ではほとんど気づかないレベル
  • 周辺光量落ちはワイド端の開放時だけ1.06EVと目立つが騒ぐようなことではない。これ以外の条件では周辺光量落ちは問題ない
  • 解像力は14mmでは中央は非常に高いが、周辺部と四隅は"よい"~"とてもよい"に届く程度。18-25mmでは中央は高い値だが、周辺部は更に解像力が低下する。45mmでは中央・周辺とも良好。解像力は、しっかりとしているが卓越した性能ではない
  • 倍率色収差は極めてよく補正されており、どのような条件でも問題ない
  • AFは静かで驚くほど速く、非常に正確。手ブレ補正は実写で2-3段分の効果
  • 歪曲や色収差では標準ズームレンズとしては優秀だが、周辺部の解像力があまりよくないことが残念

 

これだけ小さなレンズとしては、かなり優秀な性能だと思いますが、レビューの結論にもある通り周辺部の解像力が低めなのがウィークポイントですね。この周辺部の解像力は、絞ってもほとんど改善しないようです。

2009年2月 7日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年2月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SONY Vario-Sonnar T*16-35mm F2.8 ZAは素晴らしく性能のいいレンズ」です。

次のブログ記事は「ニコンD400はタッチパネル採用のフルサイズ機?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る