Tamron SP AF10-24mm F3.5-4.5は絞っても周辺部の描写が甘いレンズ

dpreviewにタムロン SP AF10-24mm F3.5-4.5 Di II のレビューが掲載されています。

Tamron SP AF 10-24mm F3.5-4.5 Di II LD Aspherical (IF) review Andy Westlake, February 2009

  • 開放では解像力は一様に低く、ハレーションのためにコントラストも低い。絞ると10mmでは中央の解像力は劇的に改善するが、望遠側では絞っても改善の幅が小さくなる。周辺部は絞ってもズーム全域で描写は甘いまま
  • 色収差はまずまず小さく、色ずれは全域で見えるものの、このタイプのレンズとしては悪くはない
  • 周辺光量落ちは開放で2EV前後だが、F8まで絞れば実写では気にならないレベルになる
  • 歪曲は10mmで1.1%のタル型、13mmで最大の1.6%のタル型でこのタイプのレンズとしては非常に優秀
  • 絞って使うように注意すればよい結果を得られる

 

最新のレンズにしては全体的に解像力が低いですね。絞れば中心部はかなり改善しますが、隅は甘くモヤっとした像のままです。遠景を細かい部分までビシっと解像させたい人は、他のレンズを選択することも考えたほうがよさそうですね。

タムロンAF10-24mmに関しては、KenRockwell.comのレビューも参照してみてください。

2009年2月12日 | コメント(1)

コメント(1)

失敗しました。
このページを読んでから決めればよかったのですが・・・・
すでに手元にあります。実際撮影したものも描写が甘く、
シャープな感じが欲しかったので後悔しております。
値段なりの性能のようで、買い換えるつもりです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2009年2月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OLYMPUS E-30はキットレンズの性能と相まって遠景の細部まできっちり解像する」です。

次のブログ記事は「PMA2009でソニーのデジタル一眼の発表はなし?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る