オリンパスがE-450を4月に発表する?

Four Thirds rumorsにオリンパス E-450の発表時期とスペックに関する噂が掲載されています。

(FT 5) Olympus E-450

  • 販売業者によるとオリンパスから新しいデジタル一眼が登場するのは確実
  • 新しいE-450は4月に発表される。次の(おそらく確実な)スペックをお届けする
    • オリンパスE-450はE-420とかなり近いデザインと大きさ
    • アートフィルター搭載
    • 動画機能は搭載していない
    • ボディ内手ブレ補正は搭載していない
    • 画素数は同じ

 

下の3つの情報は"たぶん(PROBABLY)"となっているので若干信憑性が低いようです。E-450は6月前に登場という噂が出たばかりですが、ここでは4月にも登場と時期がだいぶ早くなっています。

また、以前の記事ではE-420後継機にボディ内手ブレ補正が搭載されるという予想でしたが、ここでは、ボディ内手ブレ補正は"なし"ということになっています。確かに、手ブレ補正を入れると、E-620との差別化が難しいような気もしますね。

2009年3月23日 | コメント(8)

コメント(8)

本当にこんなだったらどれ程の出す意味があるんでしょうね?
オリンパスはアートフィルターに過度な期待をしてるような気もします。あるいは超低価格を売りにするのかな?
マイクロも出すのならE-620とE-3だけでいいじゃんオリ。

E-30出してからE-620出したりも少し不思議でした。
E-30なくてもよかったんじゃ・・・と思うわけで
正直マイクロ出るまでE-620で十分でしょうね。
色々詰め込んで軽いですから
E-450の存在が逆にE-620の邪魔になりかねない気がします。

123さん
コメントありがとうございます。

確かに元記事の通りだとしたら、E-420にアートフィルターを付けただけの機種といった感じで、魅力に乏しいかもしれませんね。超低価格路線というのはあるかもしれませんが。

soraさん
コメントありがとうございます。

オリンパスは機種をむやみに増やしすぎの感がありますよね(デジカメWatchによるとE-520の後継機も出すらしいですし・・・)。E-4xxシリーズとE-5xxシリーズは統合して、E-6xxシリーズにしたほうがすっきりしたでしょうね。

E-620の邪魔というか、マニアすら買わないのではないかと。
E-420の後継機に価値を見出すとするならば、光学式ファインダーとボディ内手ぶれ補正が真っ先に上げられますが、要のボディ内手ぶれ補正が搭載されないなら売れる要素がどこにもありません。

G1が出る前にあの大きさ+パンケーキを出せたからE-420は売れたようなもので、今後m4/3が控える今後継機を出しても時既に遅しでしょう。

かといって、ボディ内手ぶれ補正が仮に搭載されていたとしても、多くのマニアはより小さいm4/3に行くことは予想されますし、このタイミングで後継機を出すことは既存ユーザーへのせめてもの誠意を見せるということなのでしょうか。

うにさん
コメントありがとうございます。

ボディ内手ブレ補正があるとないとでは、商品としての魅力がかなり違いますよね。マイクロフォーサーズがなければ、E-4xxシリーズは、超小型・軽量機として生き残っていけるかもしれませんが・・・。

オリンパスの商品展開は、何に力を入れているのか、いまひとつわかりませんね。

もうすでに出てるはずのマイクロが出ないのは、手ブレ補正を載せようとしているは周知の事実。
それなのにそれより大きいE-450は手ブレ補正無しって、全くもって何のために出すのかさっぱり分からん。
E-30もだったが、そんなところに力を注ぐよりもっとマイクロ頑張らなきゃ、パナソニックに周回遅れにされそう。
この上E-5xxシリーズも出るようだと、もう呆れるしかありません。

マイクロにはショボクテもファインだが欲しいさん
コメントありがとうございます。

マイクロ用の小型の手ブレ補正ユニットを使えば、E-450にも手ブレ補正を載せられるのではないかと思いますが、この情報が事実だとしたら、なぜ載せないのかは謎ですね(低価格化のため?)。

>そんなところに力を注ぐよりもっとマイクロ頑張らなきゃ、パナソニックに周回遅れにされそう。


確かに、オリンパスはフォーサーズに力を入れすぎているように感じます。フォーサーズを4機種も5機種もラインナップするなら、マイクロフォーサーズにもう少し力を回したほうがいいと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2009年3月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスがPIE2009で"大サプライズ"の新製品を準備中?」です。

次のブログ記事は「キヤノン PowerShot G11は12.2MP CMOSセンサー採用で秋に登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る