パナソニック 海外でLumix G Vario 7-14mm F4、14-140mm F4-5.8 O.I.Sの2機種の交換レンズを発表

dpreviewにパナソニックの2つの交換レンズの写真&詳細スペックが掲載されています。

Panasonic releases Lumix G Vario 7-14mm lens

  • パナソニックは本日 LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH(マイクロフォーサーズ用)を発表
  • このすごいスペックにもかかわらず、このレンズは驚くほどコンパクトで軽く(全長83mmx直径70mm、重さ300g)、気軽に持ち歩ける
  • レンズは12群16枚で2枚の非球面レンズと4枚のEDレンズを含み、解像力はワイド端でも四隅まで高い

Panasonic launches Lumix G Vario HD 14-140mm lens

  • パナソニックは本日 LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4.0-5.8 ASPH MEGA O.I.S.(マイクロフォーサーズ用)を発表
  • インナーフォーカスとダイレクトドライブリニアモーターを併用し、スムーズで静かなAF動作を可能としている
  • 4枚の非球面レンズと、2枚のEDレンズを含み、劇的な小型化(全長84mmx直径70mm、重さ460g)を実現しているにもかかわらず、歪曲や色収差を最小限に抑えている

 

パナソニックからリリースされた2つのレンズですが、いずれもスペックの割りに小型・軽量で気軽に持ち歩けそうなレンズになっています。

特に7-14mm F4は、35mm換算で14mmスタートの超広角ズームにもかかわらず、重さがたったの300gしかなく、マイクロフォーサーズでフランジバックを短縮した効果が如実に表れていますね。

14-140mmは動画撮影時の静音性やスムーズさを重視したレンズのようで、こちらは新型のDMC-GH1との組み合わせで威力を発揮しそうです。

2009年3月 4日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年3月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニック 海外で新型デジタル一眼 LUMIX DMC-GH1を発表」です。

次のブログ記事は「オリンパスのマイクロフォーサーズ機はボディ内手ブレ補正搭載で今年の夏に登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る