HOYAがデジカメ事業の人員を2009年6月までに半分に削減

日経ネットにHOYA(ペンタックス)の人員削減に関するニュースが掲載されています。

HOYA、デジカメ人員半減 固定費50億円圧縮

  • HOYAはデジタルカメラ事業のリストラを加速し、2009年6月までに国内人員を400人以下とし、現在の800人ほほぼ半分に減らす
  • 海外でも販売部隊など約300人を対象に削減を進める
  • 内外のデジカメの組織体制は現在の半分の規模になる

 

ペンタックスは、最近、645Digitalの開発再開などの情報が入ってきていい雰囲気でしたが、ここにきて人員を半分に削減という厳しいニュースが入ってきました。

デジカメ事業からの撤退でなかっただけまだよかったと思いますが、人員が半分になれば新製品の開発等に影響が出ないはずもなく、今後の展開が心配ですね。ペンタックスは苦しい状況が続いているようですが、なんとか踏ん張って欲しいものです。

2009年3月18日 | コメント(4)

コメント(4)

これだけ大規模にリストラというのはビックリです。
開発中の機種は予定通り出すでしょうが、それがつまづいてしまったら・・・(+_+)
こういう情報が出ると将来性に不安が出てしまいます。

てばまるさん
コメントありがとうございます。

次につなげるためにも、今年の新モデルがヒットするといいですね。

製造業がここまで人を切ったら事実上終わりだと思います。
リミテッドレンズ等の優れた製品は何がしかの形で残してもらいたいですね。

ねこちゃんさん
コメントありがとうございます。

ペンタックスがこのまま終わってしまったら悲しすぎますね。あのレンズ設計技術をなくしてしまうのは非常に惜しいので、何らかの形で上手く生き残って欲しいものです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年3月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SONY Vario-Sonnar T*16-35mm F2.8は並みのレンズとは違う雰囲気を感じる」です。

次のブログ記事は「キヤノンヨーロッパが3月26日の記者発表の招待状を配布中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る