ペンタックスK-7はすこぶる素晴らしいカメラに仕上がっている

Photo of the DayにペンタックスK-7の簡単なインプレッションが掲載されています。

ペンタックスの捲土重来

  • コンセプトが明確でなかったために不幸な結果になってしまったK20Dの反省を込めて、ペンタックスが精魂込めて作ったのがK-7
  • ペンタックスに後がないことは開発の人も痛いほどわかっていて、文字通り全員野球、全力投球で、K-7はすこぶる素晴らしいカメラに仕上がっている
  • シャッター音はK10DともK20Dとも全然違い、音が軽やかでショックが少ない
  • デジタルカメラだからこそ視野率100%は必須。視野率100%にこだわらない人は、たぶんフレーミングをじつにぞんざいにやっているんだろうなあと悲しく思う
  • センサーシフト方式のカメラで動画でも手ブレ補正が効くのはK-7以外にない

 

先ほど、秋葉原で田中氏(上記のブログの筆者の方です)のトークライブを見てきたところですが、K-7は記事にもある通り本当に力の入ったカメラだなぁという印象です。

なお、現在出回っているK-7はβ以前の調整中のもので、高感度ノイズなどは全く参考にならないということでした。海外ではK-7で撮影したサンプルがいくつかあがっていますが、これらは今のところあまり参考にならないと考えたほうがよさそうです。

2009年5月24日 | コメント(6)

コメント(6)

微妙に気になってるんですが、純正のO-ME53を付けたときケラレは無いんでしょうかね。

前にファインダー倍率1.1倍という情報がありましたが、O-ME53を付けると1.08倍になるんですよね。

安いですし、四隅ケラレたりしないなら一緒に買うといいですね。

仕様が発表になったときから気になっていますが、手ブレ補正が動作したときは、ズレが生じてファインダー視野と一致しなくなるのではないでしょうか?
シャッタースピードを速くするなど、工夫が必要かもしれませんね。

AFも気になりますが、ノイズも気になりますね。
体感イベントの機材もβ版以前のものなのですか?
となると製品はかなりよくなりそうな予感です。ただ発売まで1月しかないのに間に合うのかちょっと心配になります。

皆様コメントありがとうございます。


>56さん
ケラレの有無はわかりませんが、O-ME53はK-7のカタログにシステムとして掲載されているので、おそらく問題なく使えるのではないかと思います。


>kfさん
この話はネット上でよく出てますけど、SRはシャッターが開く前にISやVRと異なり必ずセンターの位置にある(ファインダーで見たままの状態で露光が開始される)ので、露光中にセンターの位置からそのままSRが働けば、見たままの状態でブレずに固定されて写るはずなので、視野と一致しないということは理屈の上ではないと思います(実際どうなるかはわかりませんが・・・)。


>てばまるさん
イベントの展示機はわかりませんが、
田中氏が使ったものは、β以前のα版と言っていました。
画質に関してはまだこれから調整するそうで、発売直前まで調整すると言ってましたよ。

管理人さま、こんにちは。
書いた後で、勘違いに気づきました。
手ブレ補正では、ずれることはないですね。
自動水平補正機能をオンにしているときのみ、ファインダーとずれる可能性はありそうです。
デフォルトではオフですが。

kfさん
こんばんは。コメントありがとうございます。

自動水平を使うと完全にずれるでしょうね。この機能をONにしていると、場面によっては奇妙な構図の写真を連発してしまいそうですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2009年5月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーDT50mm F1.8 SAMのレビュー&サンプル画像が掲載」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-3後継機は小規模なアップグレードになる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る