ペンタックスK-xはささやかな欠点はあるが、それ以上のものを持っているカメラ

What Digital Camera.comにペンタックスK-xのレビューが掲載されています。

Pentax K-x review

  • 素晴らしいハードとファームの出来を考えると、価格はリーズナブル
  • 動画やライブビューを使うときに、D5000のようなバリアングルモニタやKiss X3のような高解像度モニタが欲しい
  • 2.7インチで23万ドットの液晶モニタには若干がっかりさせられた。Kiss X3のような高解像度モニタが欲しい
  • 操作性で唯一の問題は11点のフォーカスポイントにスーパーインポーズが無いこと
  • ペンタックスのカメラは露出アンダーの傾向があり、K-xにもその傾向があるが、シャドー補正が効果的で、暗部のディテールのつぶれを防いでくれる
  • ノイズは嬉しいことにISO1600でも少なく、ノイズの形状も綺麗でそれほど汚くならない。ISO3200以上ではノイズリダクションの影響で画像が甘くなる
  • JPEGではRAWよりも色ノイズが少いが、シャープネスの低下も少ない。これは、色収差補正が効果的に働いているため
  • AFのスーパーインポーズが無いことと、低解像度の液晶モニタが残念だが、素晴らしいAFシステムなどの他の部分で、それらのささやかな欠点を埋め合わせるだけのものを持っているカメラ

 

ペンタックスのカメラとしては、珍しく(?)AFの性能がとても高い評価を受けています。また、高感度性能は、他の多くのレビューと同様にここでも評判がいいですね。

欠点としてあげられているのは、AFのスーパーインポーズが無いことと、液晶モニタの解像度で、両者とも改善はそれほど困難なこととも思えないので、K-xの後継機ではぜひともなんとかして欲しいところです。

個人的には、上記の2つの点を改善して、プリズムファインダーを採用した"プチ中級機"を作ってくれれば、かなり嬉しいんですが・・・

 

2009年12月22日 | コメント(7)

コメント(7)

ダイアルひとつじゃ寂しくないですか?

こんんにちは。

>上記の2つの点を改善して、プリズムファインダーを採用した"プチ中級機"を作って

これには大賛成!K-7は多機能すぎるので動画、HDR、デジタルフィルターなど子供っぽい余計な遊びを削って、ファインダー・連射性能などそのままに老中年ハイアマ用中級機をぜひとも作ってほしいなと思います♪

私もそう思います
K-xをベースにistDs3を発売すれば売れると思うなあ・・

> 個人的には、上記の2つの点を改善して、プリズムファインダーを採用した"プチ中級機"を作ってくれれば、かなり嬉しいんですが・・・

私も以前はそう思っていたのですが、最近D90が安くなってきて、こうなると`ペンタックスとしてはAF性能が高いK-xの改善機'を待つよりも`ニコンらしくAF性能が高いD90'で良いんじゃないかと…
Kマウントレンズ保有者には申し訳ないのですが…
ていうか私も持っているのですが(爆)

何か新しい技術開発が必要なわけではなく、K-7とK-xの`いいとこどり'だけで良いのですから、早く出して欲しいですね。

液晶を92万画素バリアングルにして、スーパーインポーズ付き、AF補助光付きの中級機を、来年夏くらいまでに出してくれると嬉しいですけど…色数は減っても良いので、深めの色のカラバリありで。

AFは新ユニット開発してる(出来てる)んでしょうかねー。待ちくたびれてきました。

K-7とK-xの価格差を考えると、その間の機種というのは中途半端になりそうな感じがしないでも・・・
スーパーインポーズ以外は差別化としては致し方ないような気がします。

K-7のボディ、9万もしないんですね・・・安くなったなぁ(´Д`)

色をブラック・ホワイトのみでレンズキットとボディのみにすればK-xの上でK-7の下という多少の差別化は出来るんじゃ無いかと思いますが、かつてのK200Dみたいな事にならなければ良いなと。
元K200Dユーザー、現K20Dユーザーの感想です。

それにしてもペンタユーザーって優しいと言うか、我慢強いですね。期待して待つのみ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2009年12月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 60DとF2の望遠ズームの噂が掲載」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-P2はEVFは高画質だがAFはライバルのほうが優秀」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る