BCN AWARD 2010ではコンパクト、デジタル一眼、交換レンズでキヤノンがシェアトップ

BCN AWARD 2010 ハードウェア部門に2009年のデジタルカメラと交換レンズの1位~3位までのシェアが掲載されています。

実売データに基づいてNo.1メーカーを讃えるBCN AWARD

  • デジタルカメラ(レンズ一体型)
    • 1位 キヤノン 19.6%
    • 2位 カシオ 18.6%
    • 3位 パナソニック 14.6%
  • デジタルカメラ(レンズ交換型)
    • 1位 キヤノン 39.1%
    • 2位 ニコン 31.3%
    • 3位 パナソニック 8.7%
  • 交換レンズ
    • 1位 キヤノン 26.3%
    • 2位 ニコン 23.2%
    • 3位 シグマ 14.1%

 

昨年と比べるとコンパクトのほうは、カシオのシェアが若干増えたくらいで、大きな変化はありませんが、デジタル一眼(レンズ交換型)のほうは、ニコンのシェアが40%近かったものが30%+αまで急落しているのが目に付くところです。

中級機ではD90がとても好調だったニコンですが、エントリーモデルでKiss X3に完敗したのが響いたのかもしれませんね。

それから、デジタル一眼の第3位がソニーからパナソニックに変わっていて、昨年のマイクロフォーサーズ旋風はかなりのものだったことがわまりますね。デジタル一眼の第3位はペンタックス→ソニー→パナソニックと毎年変わっていて、今後の戦いがどうなるのか注目ですね。

 

2010年1月15日 | コメント(3)

コメント(3)

パナソニック恐るべしですな。
SONYしっかりしてくれ。日本市場なんて気にしないてか?

NIKONのシェアが予想以上に下がっていますね。
ただ、BCNは国内のみですし、国内でもヤマダやヨドバシなど(大手量販店の一部)のPOSデータは入っていなかったと記憶していますので、それらを含めるとここまで差が生じたんだろうか?どうだったんだろう???と興味があります。

いずれにしてもNIKONもこのまま黙ってはいないでしょうし、期待したいですね。

この前年はキヤノン40.1%、ニコン39.9%ですから、
BCNのサンプルは妥当でしょう。

一昨年の5DIIに加え、7D、S90と名機を立て続けに発表したキヤノンの首位は順当でしょうが、それでも一眼でシェアを落としたのはMFTのアオリでしょうか。
ここ最近存在感の薄いニコンやソニーには充電の年だったのだと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2010年1月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーから動画機能を搭載したα260が登場する? [内容更新]」です。

次のブログ記事は「パナソニックが海外でカウントダウンを開始。新型機の発表は2月1日? [内容更新2]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る