シグマ 70-300mm F4-5.6 DG OSは良好な性能でカメラメーカー製レンズのよい代替品

ePHOTOZineにシグマ70-300mm F4-5.6 DG OS のレビューが掲載されています。

Sigma 70-300mm f/4-5.6 DG OS Interchangeable Lens Review

  • AFは通常のマイクロモーターで、フォーカス音は気になる。AFはそれほど速くはなく、暗所では特に望遠端では迷いがち。フォーカスリングが回転し、指にかかるのが気になる。また、前玉が回転するので、偏光フィルタを使う場合は問題があるかもしれない
  • D700によるテストでは、70mmでは開放から良好な解像力で四隅も絞れば改善する。135mmでは若干解像力が低下するが、中央部は開放から良好な画質をキープしている。300mmでは明らかに解像力が低下するが、それでも開放から許容範囲の性能。コントラストの低下は300mmでも気付かなかった
  • 色収差は、70mmでは非常によく補正されている。135mmでは若干多くなるが問題ないレベル。300mmでは0.7ピクセルで、それほど大きな問題ではない
  • 周辺光量落ちは70mmでは1.53EVで比較的良好だが、200mmでは1.94EVで問題になるかもしれない
  • 歪曲は70mmで0.07%の糸巻き型で気付かない程度。200mmで2.62%の糸巻き型で被写体によっては目立つかもしれない
  • 逆光耐性は、このタイプのレンズとしては良好。ズーム全域でフレアは目立たないが、逆光では少しコントラストが低下するので、フードを付けたままにしている
  • 手ブレ補正は70mmで1/15秒、300mm1/30秒までシャープな写真を撮ることができ、非常に良好な性能
  • このレンズは、しっかりした性能で価格も安くカメラメーカー製レンズのよい代替品だ。望遠端では解像力が落ちるが、多くの厳しいフォトグラファーを満足させるだろう

 

このレンズの名前にはAPOは付いていませんが、MTFを見る限りでは、望遠端でも旧型ほど解像力が落ち込んでいないので、むしろ旧型のAPOよりもかなり高性能なレンズに仕上がっているような印象です。

ただ、旧型は2万円ほどで購入できたのに対して、OS付きのほうは4万円台とニコン純正に近い価格になってしまったので、超音波モーターが搭載されていないことなどを考えると、コストパフーマンスは若干落ちたかなという感じもします。

 

2010年2月 1日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年2月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックLX3後継機の登場は確実。時期は2010年下半期?」です。

次のブログ記事は「トキナーがソニーαマウント用のAT-X 116 PRO DX(11~16mm F2.8)を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る