オリンパスE-PL1を正式発表

オリンパスが新型マイクロフォーサーズ機「OLYMPUS PEN Lite E-PL1」を正式発表しました。

OLYMPUS PEN Lite E-PL1

  • 1230万画素 4/3型ハイスピードLive MOSセンサー
  • シャッターは60-1/2000秒
  • ISO100-3200
  • 動画はHD:1280×720、SD:640×480、AVI Motion JPEG(30fps)。音声はWAVEフォーマット、モノラル、PCM/16bit
  • 電子ビューファインダーVF-2対応
  • ボディ内手ブレ補正
  • 内蔵フラッシュ(コマンダー機能内蔵)
  • ダストリダクションシステム
  • ジェントルセピアを含む6種類のアートフィルターや多重露出
  • 液晶モニタは2.7型、23万ドット
  • マルチアスペクト 4:3、3:2、16:9、6:6
  • 色はホワイト/シャンパンゴールド/ブラック
  • 大きさ: 114.6mm×72.2mm×41.5mm(幅×高さ×奥行き)
  • 重さ: 296g(バッテリー、メモリーカード含めて344g)
  • 価格:オープン価格
  • 発売日:2010年3月5日

 

オリンパスがE-PL1を正式発表しました。スペックは昨日リークされていたものとほぼ同一(ボディカラーは海外とは異なるようです)で、手ブレ補正とフラッシュが搭載され、E-P1/E-P2よりも一回り小型・軽量なボディとなっています。EVFが使用可能なのも嬉しいところです。

不満があるとすれば、やや古めかしいスペックの2.7型23万ドットの液晶でしょうか。ライバルのGF1は3型46万ドットなので、ここだけが唯一残念なところです。 

それから、ダブルズームキットのほうは、フォーサーズアダプターMMF-2+ED 40-150mm F4-5.6(フォーサーズ用)が付属するようです。現状、オリンパスにはマイクロフォーサーズ用の望遠ズームが存在しないので仕方がないのかもしれませんが、AFは少し遅くなるかもしれませんね。

 

[追記] E-PL1専用の防水プロテクターも発表されました。リークの通り、耐圧水深は40mです。

防水プロテクター PT-EP01

 

2010年2月 3日 | コメント(9)

コメント(9)

外装はアルミ合金でしたね。プラじゃなくて良かったです。

まぁ、魅力的なんですが、ISO3200までに制限されてますね。4/3なのでISO6400はまず使わない領域ですが、同じ撮像素子、画像処理回路じゃないのか? 
意図的な機能制限かな…
オリンパスに対する評価がさらに微妙になりました。

ついに来ましたね。
断然ホワイト派ですね。私は。
ダブルズームキットにED 40-150mm +アダプタという力技にはちょっと笑ってしまいました。
パナのG2系とじっくり比較検討した上で導入検討したいです。

漸くまともなカメラが出来たか、という感じですが、先ずは現物に触れてみないとねー(笑;
レンズはパンケーキが合いそうですね。

結構大きいですね。

需要がないのかもしれませんが、個人的にMotion JPEG が残念です。

海外モデルはプラボディみたいなんですが・・・合金ボディはもしかして日本モデルのみですか?

ハイビジョン撮影が出来るのに音声がモノクロって完全に舐めてますよね。
そんな所で上位機種と差をつけるなんて、信じられません。

海外モデルも国内仕様と同じアルミ合金外装ですね。
 ttp://www.olympusamerica.com/cpg_section/product.asp?product=1501

むしろ、海外と国内の値段の差が気になります。
海外では、リーク情報にもあったとおり、レンズキットで599.99ドル。単純に現在の為替レートで換算して¥54000〜54600程度。
 ttp://astore.amazon.com/olympus-epl1-20/detail/B0035LBRJO

一方国内では、カカクコムで¥79800(amazonなど)。
まぁ値下がりを見込んでの初期価格なのでしょうが.....

オリンパスプラザで、ちょっとさわってきました。
E-P1、E-P2に比べると、トップのデザインの影響もあるかもしれませんが、ずいぶんと厚みを感じます。ノスタルジックな感じが少なくなっているのも残念です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2010年2月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS Kiss X3後継機(Kiss X4 ?)が来週発表される?」です。

次のブログ記事は「オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 & ED 14-150mm F4.0-5.6を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る