ソニーがPMAでEマウントカメラ(ミラーレス機)を発表?

Sony Alpha Rumorsにソニーのミラーレス機に関する噂が掲載されています。

(SR2) more about the mirrorless camera at Dyxum

  • Dyxum.comのメンバーがソニーのミラーレスシステムに関する情報を投稿している。投稿者が誰だか知らないし、その情報源が信用できるかどうかもわからないので、この話も構えずに聞いて欲しい
     
    • PMAでソニーから3機種のEマウントカメラ(ミラーレス機)が登場する
    • αマウントのレンズは(Eマウントのカメラで)AFが動作すると聞いた
    • α700後継機は登場するが、PMAでは発表されない

 

あまり信憑性の高い噂ではないようなので、話半分程度に聞いておいたほうがよさそうですが、ソニーから3機種ものミラーレス機が本当に発表されたら、今年のPMAは盛り上がりそうですね。

また、αマウントのレンズが(マウントアダプタ経由で)AFで使えるという話が事実なら、αシステムと併用するのに便利そうです。

それから、最近はあまり噂が流れてこなくなってしまったα700後継機ですが、この噂でもPMAでの発表はあまり期待できないような雰囲気のようです。α700後継機を待ちくたびれているユーザーも多いようですので、あまり遅くならないうちに発表して欲しいものですね。

2010年2月16日 | コメント(6)

コメント(6)

3色じゃなくて3機種ということは、
廉価版も出すということかな。
まぁ、形は全部同じで多画索機(1400万画素exmor)と、
機能限定した画素同じの廉価版と、
さらに安い少画素機(1000万画素s-hadccd)あたりかなぁ。

それとも、もっと気合入ってるとすれば、
ムービー最適化モデルと、同じ形で一眼スタイルモデルと、
コンデジスタイルモデルかなぁ。。

期待薄ではありますが、ソニーらしく、
液晶を上部に設置したR1スタイルモデルが、
個人的にはほしい。

スタートから3機種も出すとは驚きです。
単なるデザインの違いなのか、エントリーからハイエンドまでのランナップなのか本気度が伺えそうです。
αマウントでAFが使えるというのはSSMとSAMかな。

R1に似たスタイルはあり得るんじゃないでしょうか。
上面液晶は無理かもしれませんがF828の様にスイバル可動はやってきそうです。
ギミックと言われようとあれはあれでソニー的なコダワリが感じられますし人気も出そうです。

aマウントでAFが可能とのことですが、今さらボディ内にAFモータを入れるとは思えません。(しかも、違うマウントシステムのために、巨大化・高コスト化になるし)
といって、SSM等だけAFが可能というのも物足りない。

マウントアダプタでAFを行えるようになればいいですね。
技術的なことはさておき、
ただこの場合、焦点距離とf値が変わってしまいますが。

ほんとに出たら新マウントになりますが、ソニーだから
「需要が一巡したので撤退します。後続品は出ません。」
とかにならないように
もう一社ぐらい共通マウントにならないかなー。
ニコンとか。

 え~っ! α700、また延び延びですか~? よほどの物を開発して延び延びなのか、他社を越せる商品が作れなくて延び延びなのか……。

700後継機は早くてもPMAという感じでしたから、仮に出ないとして、そう遅延してるわけでもないでしょう。
夏~秋説で待つ他ありません。ハード的に中途半端なものを出されて一層間延びしても仕方ありませんし。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年2月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンTS-E 17mm F4Lは他にはない創造のポテンシャルを持つレンズ」です。

次のブログ記事は「マイクロフォーサーズ用のNoktor 50mm F0.95はCマウントレンズの改良版?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る