ソニーNEX-5/NEX-3は全自動カメラとしては非常によいカメラ

dpreviewにソニーNEX-5とNEX-3の詳細なレビューが掲載されています。

Sony NEX-5 and NEX-3 review posted

  • 何か設定を変更しようとすると、ボタンの数が足りずにメニューに直接アクセスできない。PASMモード(全自動以外のモード)では、誰もが複雑な操作に及び腰になるだろう
  • AF性能はとても良好だが、パナソニックのマイクロフォーサーズ機ほどは速くはなく、特に暗所ではAF速度の低下が顕著。AFポイントの手動選択はとてもやりやすい。コンティニュアスAFはライバルと同様に弱く、子供などの動体の追従は期待できない
  • JPEGでの高感度性能は、キヤノンのKiss X4とノイズ、ディテールともに非常に近い結果だが、超高感度では色ノイズがNEXのほうがわずかに少ない。E-PL1と比べると、ノイズは少ないがディテールはそれほど勝っていない。NEXの性能はとても良好だが、ライバルと比べて傑出しているわけではない。RAWでの比較では、ノイズレベルはKiss X4と同程度でNEXがごくわずかに少ない
  • キットズームの18-55mmは、しっかりした性能のレンズで、解像力は概ね高く(特に中央は優秀)、色収差も適度に補正されている。周辺光量落ちは非常に少ない。しかしながら、歪曲は非常に大きい(広角端で2.6%)。手ブレ補正は実測で少なくとも3段分でとても良好な効果
  • 16mmのパンケーキは、四隅は目立って甘いが画面の大部分はしっかりとした解像力で、絞り込めば立派な画質になる
  • JPEGでの解像力テストでは2450lp/lphで、オリンパスE-PL1とほとんど同じレベル。RAWではもう少し解像力が高くなるがモアレが目立つ。この結果からローパスは弱いと推測されるが、JPEGエンジンは(おそらくモアレを抑制するために)ディテールのすべてを再現できていない
  • NEX-3の動画はとてもスムーズでローリングシャッター効果も目立たず非常に素晴らしいが、マニュアルコントロールできないので、全自動撮影以外で使いたいユーザーには制限がある。NEX-5の動画も素晴らしいが、NEX-3と比べてそれほど大きな画質の違いはない
  • ダイナミックレンジはJPEGで9.4EVでとても広いが、明らかな露出オーバーの傾向があり、ハイライトのダイナミックレンジが広い利点の多くをスポイルしてしまっている
  • NEXの最もがっかりした点は、NEXがカメラをコントロールしたいユーザーを刺激するものを提供していないということだ。NEXは、全自動カメラとしては非常によいカメラで大きな展望を見せてくれたが、我々は次世代機を待つことを強く勧める

 

総合点は64%(NEX-5)、63%(NEX-3)と少々厳し目の評価になっています(ちなみに、E-PL1とGF1の点数は69%)。「次世代機を待つことを勧める」という結論を含めて、dpreviewは予想以上に辛口なレビューという印象です。

マイナス評価されているのは、ここでも他のレビューと同じくマニュアル時(フルオート以外)の操作性で、全自動撮影重視の操作性はdpreviewのレビューアーには受け入れられなかったようですね。

上級機のNEX-7の噂も既に流れているので、カメラの設定をいろいろといじりながら撮影したいユーザーは、NEX-7を待ってみるのもいいかもしれませんね。

2010年6月 8日 | コメント(30)

コメント(30)

マイクロ・フォーサーズを指して「ソニーならもっと上手にやれる」と公言した責任を、NEX-7にとっていただきましょう(笑
ぜひ、プロも唸るような本格的デジカメにしてください。

見出しが間違ってます

タイトルが「NEX-7/NEX-5」になってますよ。
NEX7発表になったかと思ってしまったw

 ソニー内での会議を想像するに、もう初心者、入門者に割り切って作ろう、と成ったのかしら?でも、マニア向けではないし、マニアの不評が、初心者とかに影響しないか心配ですね。

 しかし、画質はおおむね高評価ですね。

サムスンNX10も総合点69点になってますね。 
まぁ、人間のやることですからおとなの事情ってのもあるわけで・・・。
でなくても、
dpreviewの傾向性はある程度わかりますね。

ソニーがかわいそうですが。

んー。
従来の評価軸で評価して「良いカメラか悪いカメラか」っていうモノじゃない気がしますね。

これを欲しがる人はソコを見てるわけじゃないので。

見出しのNEX-7/NEX-5でびっくりしましたが、-5/-3ですよね。

今回のNEXは、開発を急ぎすぎた感がある。これでは制限がありすぎる気がする。
いくら小さくても機能まで小さいのでは不満が残る。

管理人です。
ご指摘いただいた通り、
タイトルが間違っていたので修正いたしました。

いかんせん初号機だし、「入門機と思いたくない人」のための「入門機」でしょうね。スノッブというと言葉が悪いですが、一般向けの物欲を刺激するという意図は明確だと思います。そういう意味でソニーらしい製品。
デザインは個人的には好みじゃないですが、こういうのもアリじゃないでしょうか。外見も性能も今後更新されていくだろうし。高感度はさすがにいいですね。サブ機として買うかもしれないなぁと思ってます。ま、その前に中級機ですが。

一眼レフユーザー向けでは無いという事でしょう。
メニューなんかは、カメラに興味の無かった方向けで、
私はNEXをいじっていませんが、もしかしたら、PS3 PSPなどが統一感のあるインターフェースだったりしますので、NEXもSONYブランドとしての統一性を持たせたりしてるのかなと思っていました。
実際には違いますよね?

うーん、今のところ、センサーが大きいと言うだけしかメリットがないので仕方ない結果ですね。NEX7ではそれなりのものを期待します。

操作性の悪さ≒初心者向けとするのは、ちょっと短絡すぎます。
メニューも前回の選択が保持されず、同じ項目の再設定に何度キーを押さないといけないことやら。単に作り手の配慮が足りないのだと思います。
そして、ガジェットとしては面白いけど、カメラとしては何か違う、最近のソニー製品らしいと感じました。

ケータイ事業部製インターフェイスなので、一眼レフ的操作などは考慮されていないですよね。
フルオートで撮るカメラなのは、触るとよく分かります。

一眼レフ的操作を望むならNEX-7を待つべきで、それがやはりケータイ思考なら、多くの一眼レフユーザーは失望するだろう。

主力ターゲットはマニュアル操作を好まない、新物好きのケータイユーザーだな。

発売前の評判では、マイクロフォーサーズ以上の性能だとにぎわっていましたが、実際には、かなり使用制限の目立つ設計のようです。
新しい規格の新製品は、様子見してから購入したほうが得策です。

 6日に店頭でNEXに触れてきました。
 標準ズームが大きく見えるため、逆にボディはとても小さく見えました。

 NEX-3/5は、カメラを「記録装置」と捉えるか「表現の手段としての道具」と捉えるかで大きく評価が変わりそうに思いました。
 シーンセレクト機能付きのオートモードにより「あなたはシャッターボタンを押すだけ」と言う性格のカメラですね。この路線を磨き続ければ、「どんなテーマであろうが被写体に向けてレリーズするだけでプロが撮ったみたい」に、いつかはなるかもしれません。ある意味、夢のカメラになれるかも知れません。

 最新機種だからなのか、強力なJ-PEGエンジンが搭載されているようですね。他の方がおっしゃっているように、携帯ライクな使い方を想定して、PCは画像管理くらいしか仕事がないようになるのでしょう。
 面白いと思うのは、この優秀な画像エンジンの性能を使い切ろうと感度とかシャープネスやら各種設定を変更したくなると、だんだん不便になってくる点です。そして、NEX-3/5と対極に位置すると思われる「各種設定へのショートカットボタン満載」なカメラは「後から納得いくようにRAW現像するの前提だから」と、結局、感度と露出位しか操作しなかったりする場合があったりで、なんとも皮肉なことのように思います。

で、実際の受注状況(売れ行き)はどんなもんなんでしょ。。。
m4/3機と比べて優位なのは高感度だけといった感じか。。。

しかしマニュアル操作を軽視しすぎだよね。。。
結果的にサムソンにも劣るってのが気になる。

まぁ、メニューについてはなんともねぇ・・・(苦笑)
個人的にはちょっとできの悪いUIだな~という印象ですね。

AFについてはあれくらいの性能であれば十分及第点だと思ってます。少なくとも、エントリー機が使う分には十分な性能を持っていますよ。

個人的に気になるのは小さすぎることくらいかなぁ・・・レンズだけで構えているような感じがしちゃうんですよね、これ(苦笑)

いずれにしても従来の一眼レフを気に入って使っている人にとっては良さは理解しづらいカメラだと思いますね。

 日本国内では、思っていたより安くないのも気になりました。
 海外でもそうなんでしょうか。

 どちらかと言うと、他社のエントリー機の方が値下げしている気もします。
 まだ、発売直後だから、販売店が強気なのかもしれませんが...。

カメラ店で実際に触ってきましたが、カメラの出来としては
とても良く出来ていて、よくぞここまで小さくしたなという
感じを持ちました。
さすが、ソニー。

他のメーカーもミラーレスにどんどん参入して各社入り乱れて
いい製品を作っていただきたいです。
それが一眼レフにもいい影響を与えるでしょう。

例えるならば携帯電話のデジカメが性能いいと、コンデジも
頑張っていいの作るという感じで。

強引なたとえだったかな。

そもそもカメラに詳しい人をターゲットにしていない。
古い歴史ある基準から外に飛び出した製品。
だからカメラに詳しい評価者は正しい評価はできません。

浜さんに同意です。
従来のカメラに詳ければ詳しいほど、慣れていれば慣れているほどNEXを正しく評価出来ないのかもしれませんね。
使ってみると、確かにオートが非常に優れている。ただ、僕も操作性は改善の余地があると思います。
HDRやスイングパノラマ、手持ち夜景など、NEXのウリの一つと言える機能へのアクセスをもう少し簡単にすべきだと思います。

PASMのモードがすでにレガシーと捉えてるのかも。
最近のシーン判別機能の能力はかなりのものになっているし、そういう意味ではマニュアル機能がおまけである、と考えてるんじゃないですかね。
撮って出し、操作に煩わされずに、でもそれなりの写真を撮れるツールって一般にはけっこう需要あると思いますよ。
今までカメラや写真にそれほど強い興味がなかった層では、訴求力はあるんじゃないですかね。
自分が欲しいか?と言われれば否ですが。

もし、マニュアル専用として使いやすく、かつオート専用として使った場合にもマニュアル操作系が邪魔にならない…そんなユーザーインターフェイスを実装できていたとします。
旦那はカメラオタク、奥さんは機械音痴の夫婦が、そのカメラを共有するとします。
暫く使い続けた結果、オート専用として使った奥さんの撮る写真が、マニュアル操作に拘る旦那の写真より魅力的であるという結論が出たとします。
まあ、ありがちな事ですよね。例えば良い場面に出会うチャンス、その瞬間を上手くとらえられるセンス…個人差はあるでしょう。
しかし、旦那としては立場がない。こんな事で夫婦の仲に亀裂が…  ああもし!マニュアルモードの使い勝手さえ悪ければ、それを言い訳に出来たものを…(泣)

↑ このような悲劇を回避するための親切設計かもしれませんね(汗)

田中希美男さんのブログによれば、NEXはサムスンにはそうとうインパクトが強かったようですね。「パニック」だったそうです。
しかし、dpreviewのある意味おっちょこちょいな採点で、多少は胸をなで下ろしたかも知れませんね。
ここのコメントにも辛口のものが結構あるようです。
新しいものには、とんがったりチャラチャラした部分があったりしますが、良い部分を積極的に評価してやらないと、これはカメラに限らず、衰退日本の流れは防げないでしょうね。
活力と柔らかい頭を持った他の国にたやすく追い越されてしまいます。

田中さんは、NEX発表後の話題になっている時期に、自身のブログで何回かに渡りオリμ4/3のレンズの良さを持ち上げていますね。
おそらく意図的にでしょう。
その田中さんが、今後もNEXの使用報告を(機会があれば)してくれるという事なので、楽しみに待ちたいですね。

うーん、現状すでにカメラは長い歴史を積み重ねているわけですし
写真を趣味としている人も多くいるわけですから、それを排除して「正しい」評価
と言われてもすっきりしませんね。

あと、マニュアルモードは古いとか新しいじゃなく、撮影者の意志を明確にさせることに
意義があると思うので、オートがどんなに進化してもマニュアルが必要なくなりはしないと思うんですうよね。

もちろん、簡単に撮れる方がいいという人もいるでしょうけど
ならなんでわざわざレンズ交換式なのかと。
「レンズは自分で選びたい、けど撮影はカメラ任せがいい」
という人がそんなにたくさんいるんですかね。

 SONYとしてはこのあたりの批評が出ることは百も承知でこの形で出してきたのではないですかね?
 わざわざ、NEX-7だすからマニュアルで遊びたい方はそっちを待ってねって事前にアナウンスしてるわけで。
 はじめから、マニュアル操作を求めるひと、こういった批評を読むようなある意味意識の高い層をターゲットにまったく入れてないんでしょうね。

ライバルのAUTOモードが別にNEXに対して劣ってないので
マニュアルモードが使いにくかったら評価下がるのは仕方ないのでは?

このキットレンズだと絞って使いたくなるだろうし。

 私が不思議に思う点は、ボタンの数とかのハード的な部分ではなく、ファームアップで簡単に改善できそうな、ソフト的なUIの煮詰めの不足感です。
 すでに他社がミラーレスを発表しており、それの良い所も悪い所も研究する時間はあったように思いますし、ゲーム機や携帯音楽プレーヤー等も開発している、今回初めてカメラを開発したわけではないメーカーにしては、今ひとつに感じました。記憶違いでなければ、携帯電話も出していますよね?

 私としては「フルオートモードがかなり良い」と言う評価は適切だと思いますし、「マニュアルモードに難がある」と言う評価も的を得ていると思います。
 「オートでしか撮りません」という方には、何ら影響のない評価だとも思います。むしろ、買う前に「マニュアル操作向きではない」事を知っていてもらった方が、後から後悔しなくて済むと思います。

 おそらく、ファームアップで劇的に改善されると思います。それはそれで、私としては不可解になってしまうのですけれど...。

α900、700のクイックナビに
ソフトキーでサブメニューとモードダイヤル
呼び出せるだけで良かったのに・・・


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年6月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスのプロ仕様機はフォトキナで発表される?」です。

次のブログ記事は「ニコンのボディやレンズに関するいくつかの特許が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る