シグマ70-200mm F2.8 EX DG OS HSMは開放付近の画質が甘いのが弱点

dpreviewに、シグマの70-200mm F2.8 EX DG OS HSMのレビューが掲載されています。

Sigma 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM lens review

  • 超音波モーターによるAFは高速で正確に動作し、作動音もほとんどしない。5D Mark II と7Dとの組み合わせでは、フォーカスエラーの発生はなかった。コンティニュアスAFもとても良好に機能した
  • APS-Cでは、70mmの中央部は開放からシャープだが、周辺部は少し甘い。しかし、F4に絞ると解像力は劇的に向上する。望遠側の開放では甘い領域が増え、200mmでは中央だけが極めてシャープだが、画面の大部分は甘い。ここでも絞ると解像力は大幅に改善し、F5.6-F8でベストの画質になる
  • フルサイズでは、中央はズーム全域で概ね高い解像力だが、周辺部は開放では目立って解像力が落ちる(200mm開放では、画面の大部分が甘い)。しかし、絞れば劇的に改善し、F5.6-F11では画面全域で素晴らしい結果になる
  • 色収差はAPS-Cでは極めて小さく、仔細に見れば周辺部でごくわずかな色ずれがあるが、通常は問題にならないだろう。フルサイズでも色収差は非常に小さい
  • 周辺光量落ちは、APS-Cでは全く問題ない。フルサイズでは、ズームも両端で2EVの周辺光量落ちがあり、このクラスの標準よりも大きい。しかし、F4まで絞ればほとんど解消する
  • 歪曲はAPS-Cでは極めて小さく、70mmで0.5%のタル型、200mmで-0.6%の糸巻き型。フルサイズでも歪曲は小さく、70mmで1.1%のタル型、テレ端で-1.5%の糸巻き型で、旧型よりも若干改善している
  • 逆光では開放付近では全体的にコントラストが落ち、そして絞ると、フレアが更に目立つようになる。強い光源があると、画面の大きなエリアにオレンジ色のフレアが発生する
  • ボケ味は概ね魅力的で、このクラスのライバルと比べると特別に良くも悪くもない。しかし、被写体が遠距離になるとボケがうるさくなる傾向があり、このことはスポーツの撮影で目立つ
  • 手ブレ補正は効果的だが、ニコンやキヤノンの最新のレンズには及ばない。しかし、その差は小さい
  • 良好な性能のレンズで、機能性や画質はニコンやキヤノンの70-200mm F2.8に近い。このレンズは、予算重視のユーザーには良い選択

 

光学性能は悪くはないと思いますが、ニコンやキヤノンの新型の70-200mm F2.8は非常に高性能なので、これらと比べると若干見劣りするような印象です。

また、防塵防滴でないことと、フォーカスリミッターが搭載されていないことが欠点として上がっていますが、これらの機能が必要なユーザーには気になる点かもしれませんね。

とはいえ、実売価格は純正よりもかなり安価なので、コストパフォーマンスを考えればシグマも悪くない選択かもしれません。

2010年9月16日 | コメント(3)

コメント(3)

価格等魅力で気にはなってる1本ですが、
フルサイズでの性能は純正より2歩ほど敵わないという
感じなんでしょうかね。

開放や絞っても1段程度という撮影が主体となる
ポートレート撮影に使いたいんだけど、悩ましいです。

これなら70-200IS1型の中古を購入したほうが良さそうですね。

NikonやCanonのような高性能な最新モデルがあるマウントは
純正にしておいた方が無難かもしれないけど、SONYの一眼レフ、
PENTAXを使っているユーザーには魅力的な1本かもしれない。
特にPENTAXにはこのレンズに対抗する純正レンズが長らく
カタログ落ちしていることから、必要性を感じている人には
発売日の発表を待っているのでは。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年9月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックのパンケーキレンズ14mm F2.5は重さ55グラム?」です。

次のブログ記事は「ニコンD7000はとても期待できるカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る