EOS 60Dは50Dよりもシャープでパンチの効いた画質

CAMERA LABSに、キヤノンEOS 60DとEOS 50Dの高感度の比較レビューが掲載されています。

Canon EOS 60D vs Canon EOS 50D High ISO Noise (JPEGs using default settings)
(※リンク先に50Dと60Dの感度別のサンプル画像が掲載されています)

  • テストはEF24-105mm F4L ISを使って、24mm F8で最高画質のJPEGで撮影した。ピントはライブビューを使って10倍に拡大して合わた。ノイズリダクションはデフォルトだが、オートライティングオプティマイザーはOFFにした。
  • ISO100ではどちらもディテールが豊富でノイズレス。60Dのほうがディテールが豊富だが、大きな違いはない。ISO200では60Dの背景に若干のノイズが見られるが心配はない。シャープネスが控えめな50Dではノイズは見えない。
  • ISO400では両機とも小さなノイズがみえてくるが、ここでもあまり心配する必要はない。ISO800では両機とも更にノイズが増えるが、まだ良好な画質。しかし、60Dは鮮鋭さを維持しているが、50DはISO400と比べると少しソフトになっている。
  • ISO1600では50Dは目立って画質が悪くなってくるが、一方で60Dは少し良好な画質を維持している。60DのJPEGは、ISO1600でもまだとても実用的だ。ISO3200では60Dはノイズがかなり多くなり目立ってソフトになる。とは言っても、50Dよりはまだ好ましい画質
  • ISO6400では両機ともノイズが非常に多くなり、多くのホットピクセルも見られる。ISO12800でも同じように両機ともディテールが大きく消失し、ノイジーな画質。
  • 60DはKiss X4や7Dと同様に、デフォルトのJPEGでは適度にシャープでコントラストのある極めてパンチの効いた画質。50Dは画像処理が控えめで、最近の機種に比べるとソフトな画質。デフォルトの設定で一般ユーザーが扱いやすい画質を求めているなら60DのJPEG出力は50Dよりも好ましい。この結果は50Dと7Dを比べたときと全く同じ結論で、60Dと7Dは基本的に同等の画質だ。

 

JPEG撮って出しでは、確かに60Dのほうがよりシャープで鮮明に見えます。高感度ノイズは60Dと50Dで大きな違いはないようなので、加工せずにそのまま使うのであれば、60Dのほうが使いやすそうですね。

ただ、50Dは発売当初からRAWで撮らないと実力を発揮できないと言われていたモデルなので、RAWでの比較なら異なった結果になるかもしれませんね。

2010年9月30日 | コメント(10)

コメント(10)

管理人さん、こんばんは。

60Dは以前にも少し書きましたが、少し大きいけど実に良く
出来たカメラに仕上げたなと思います。  
あえて言うなら2年待っただけのサプライズはないなとは
思いましたが、もうデジ一眼レフも成熟期に入ったのだろうと
いうことだと思います。

バッテリーが7Dなどと共通になりマルチコントローラーも
バッテリーグリップを付けても親指で操作できる位置に変わり
良くなりましたが、バッテリーグリップは60D専用のが必要。

今後も時代や世界基準でバッテリーも変化していくかもしれ
ませんし、何より思ったのはミドルクラスでも今後は
SDカードの時代になっていくのかなということです。
無駄にCFをたくさん持っている自分はやや複雑な思いです。

カメラボディは成熟してきても、それ以外のことで
振り回されそうな感じです。

そういえば60Dって新発売されたんですね、という感じです 笑
α55、K-5、D7000、SD15と他社は魅力ある商品目白押しでしたからね・・

革新的なモデルチェンジではないですが、最新の技術を使ったバージョンアップっと言ったところでしょうか。 そうですね~、SDカードもずいぶんと高速化されてきたんで、コスト高のCFは無くなっていくと私も予想します。そのうちパソコンのSSDのように、デジタル一眼も内部にメモリを持つことにもなるでしょうね。

ここまで盛り上がらないのも…
画質に関しては、7D、KissX4から予想できる範囲なのでしょうがないですが、ボディ内現像とか入れたおかげで、余計理解しにくい機種になっちゃいましたね。
年1回の新機種更新は、キャノンが煽ってきたようなものですし、自分で足を取られてどうするんだという感もあります。そろそろ高画素化も限界ですし、更新の順番や間隔も見直す時期なのかもしれませんが…後戻りは難しいかな。

60Dの使用感は良好です!
友人二人にすすめ、2台予約購入。早速、孫の運動会を一緒に撮影しましたが、素晴らしいカメラです。
撮影結果も上々でした。
初心者から上級者のサブカメラまで、色々な用途に対応できる、多目的な内容を持つ、本核的なカメラです。

「カメラの良さ」は使って、はじめて判るもの、皆様、是非、購入・試用して、研究?されては如何でしょう・・・・・・。

D30購入から9年経過。文字どうり、日進月歩のデジタルカメラの世界・・・・・。

凄い時代になったものです!
これ一台ですべてOK!

このレビューの結果は至極真っ当な印象です。

キヤノンは7Dのインタビューで、
従来機種とは絵作りを変更した旨を語っていました。
それまではこれほど高画素化が進むと想定されておらず、
JPEG出力は従来どおりの絵作りを採用したが、
7Dからは高画素化に見合ったシャープネスに変更したそうです。
5D2や50DまでのデフォルトJPEGは眠い画質になっていると思います。
逆にRAWだとLightRoomなどを使えば、
50Dも60Dと同じような結果にすることが出来ると思います。

60DのNRはより巧妙になっていますね。

確実に画質を向上させてきましたね。ディテールを保ちながら、ノイズは確実に減らしてきている。さすがキヤノンですね。

私は60Dを買いました。軽くて使いやすい。現時点で、キャノンの中では最先端の仕様となっています。X系からのステップアップとしては最適です。7Dも比較しましたが重くて重くて。やはりカメラには機動性がなければ、と思いました。

こんにちは 初心者50Dユーザーのたけのこ ですが1つ質問があります
最近自分も腕が悪いのでRAW+JPEGで撮影してDigital Photo Professionalで調整しています。そこで1つ質問があります。

5D2や50DまでのデフォルトJPEGは眠い画質になっていると思います。
逆にRAWだとLightRoomなどを使えば、
50Dも60Dと同じような結果にすることが出来ると思います
のコメントのLightRoomとはなんでしょうか?

>たけのこさん
Adobe社のRAW現像ソフトAdobe Photoshop Lightroomのことだと思います。
http://www.adobe.com/jp/products/photoshoplightroom/


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2010年9月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「α900後継機のEVF・OVFの選択は慎重に見極めているところ」です。

次のブログ記事は「NEX用の新しい交換レンズ群の焦点距離とF値に関する噂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る