パナソニックLX5は画質に関しては旧型のLX3から変わっていない

TrustedReviewsに、パナソニックDMC-LX5のレビューが掲載されています。

Panasonic Lumix DMC-LX5 Review

  • 液晶モニタはLX3と同じようで、パナソニックは明るい場所で大幅に見やすくなっていると主張しているが、改善の度合いは極めて小さなものだと言わなければならない
  • 手ブレ補正は、Mega OISからより効果の大きいPower OISにアップグレードされている。Power OISは3.5段分の効果をうたっている
  • AFシステムはLX3と同じものだが、これは現在でも最も高速なものの一つで悪くない。低照度下でのAFの性能は今でも傑出している。AFアシストランプは少し暗いが、真っ暗でも数メートル先にピントを合わせることができる
  • 大きな疑問はLX5の画質がLX3の伝説的な画質に匹敵するのかどうかということだが、これは条件付きの"イエス"だ。新しいレンズはLX3のものと同じくらいよいレンズで、歪曲が少なく四隅まで極めてシャープだ。ディテールも素晴らしく、色再現性もほとんど完璧
  • ノイズに関しては、若干残念だった。ISO80-400ではLX3と同じ素晴らしくクリアな画質だが、ISO800以上ではノイズが多く、驚いたことにLX3よりも少々悪い。新しく追加されたISO6400とISO12800では芳しくない結果だ
  • 2年も待ったことと改善されたセンサー、画像処理エンジンを考えると、結果は正直言って少し残念なものだった。画質はコンパクトとしては素晴らしいが、レンズを除けばLX3からの進化は少ない。ズーム域の拡大は歓迎だが、画質に関しては旧型のLX3から変わっていない

 

LX5は操作のレスポンスや利便性は改善しているようですが、肝心の画質は旧型から変わっていないというやや辛口の評価になっています。

LX5ではレンズのズーム域が拡大しているので、LX3と同等の画質をキープしていれば上等なのかもしれませんが、マイクロレンズの追加等で色々と手を加えたはずの高感度がLX3よりも悪くなっているというのは予想外の結果ですね。

2010年9月28日 | コメント(8)

コメント(8)

ISO感度の画像は比較対象が同じページにないので、評価しにくいですね。
コンデジだとISO200と400が使用域の境目。もともとISO6400とISO12800なんて非常用としても厳しいでしょうに。
高感度も高画素も訴求力があるから天井が上がってるけど、(APS-C新型も含め)センサーサイズ相応だと思ってます。

望遠域延長はLX3ユーザーの夢でしたが、この評価だと買い換えるべきか微妙ですね。

ところで四項目目の最初の「LX3」は「LX5」ですよね?

何と言うかLX3の勧めみたいになってますね(汗
中古なら2万円位で買えてしまいますもんね。
今のハイエンドコンデジが置かれている状況ではメーカーも新型を作るのは大変でしょうね。

Mega OIS
Power OIS
次は
Power OIS 2
とかだったりして

私は望遠域の拡張を評価しています。
このカメラを一台持っていれば大概のものは撮れそう。

>花畑四十郎さん
ご指摘の通りです。修正いたしました。

LX5が期待以上に変わっていなくてガッカリ....って人も多かったのか早速ソフマップで中古を見つけましたけど、μフォーサーズやNEXの浸透で高級コンデジは相当ハードルが高くなったんじゃないかと思う。

LX-3を所有しているので今すぐ買い替えは検討していませんが実売価格が下がってきたら買うかもしれません、LX-3でもA4くらいならデジ一と見分けがつかないくらいいい写真が撮れますね、
ITmediaのレビューでISO1600でのLX-3との比較が載っているのですが、明らかにLX-5の方が画質が良いようです、こちらのほうはLX-3とLX-5の同じ写真くっつけて比較できるようにしてあるので一目で違いが分かります。

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1009/28/news014_2.html

パッと見LX5の方がキレイに見えるけど絵が平面的ですね。LX3は立体感が感じられます。陰影感があるというか。子供の頃からフィルムカメラ好きの自分からすると断然LX3の描写の方が好ましいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年9月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンAF-S NIKKOR 85mm F1.4Gの周辺部の解像力には拍手喝采」です。

次のブログ記事は「ソニーの次の新機種には新開発のより高性能なEVFを搭載する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る