ソニーT*24mm F2、T*24-70mm F2.8、T*16-35mm F2.8の比較サンプルが掲載

flickr に、ソニーのT*24mm F2 ZA、T*24-70mm F2.8 ZA、T*16-35mm F2.8 ZAの3本のツァイスレンズの比較サンプルが掲載されています。

Testing the SAL24F20Z (情報源: Sony Alpha Rumors

  • ソニーの3本のツァイスレンズ24mm F2、24-70mm F2.8、16-35mm F2.8の比較を行った。すべてのレンズはα900を使用し24mmでテストした。
  • アップロードしたのは、写真の左上四分の一の部分で、このため、サンプル画像の左上は写真の左上隅、右下は写真の中央部分になる。
  • 画像はRAWで撮影し同じ手順で現像した。若干のシャープネスをかけているので、"風景"のJPEG設定と同様になっている。それ以外の補正は行っていない。

 

サンプルでは、レンズ別ではなく3本のレンズの画像が絞り値ごとに並んでいるのでご注意願います。サンプルでは、24mm F2は開放付近では隅(画像の左上隅)の小さな部分が流れますが、同じ絞り値で比較すると周辺部はズームの2本よりも良好のようです。

中央部(画像の右下隅)はパッと見ではどのレンズもよく解像していますが、遠くにある屋根の部分を見比べてみると、こちらでも24mm F2が一番よく解像しているように見えます。24mm F2は風景から室内での撮影まで幅広く使えそうですね。あとはボケ味と鮮やかな被写体での発色を見てみたいところです。

2010年10月11日 | コメント(2)

コメント(2)

α55を購入して、ツァイスレンズの単焦点に興味津々です。
こういった比較は参考になります。やっぱり単はすばらしいですね。それ以上にすごいのはツァイスズームの性能の良さです。フルサイズで四隅のそれも、最も端のビルを解像することにびっくりしました。
そして、ツァイスの単35、50、100の発売が待たれます。発売中の単の価格も高いとはいえ、他社に比べれば安いです。この辺の層の薄さが、デジカメ購入における相談で、αが薦められない要因だと思います。
早く出してくださいソニーさん!!

 ズームのレンズは、絞っても端っこがちょっとボヤっとしているのかな? 高級レンズでも、2段くらいは絞った方が良さそうですね。

 しかし、これからソニーはα、E問わず、ツァイス大量投入したりするのかしら?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年10月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「K-5のAFは暗所での性能や連写性能を中心に大幅に改良」です。

次のブログ記事は「ニコンD3000とD5000がディスコン、D90は販売継続」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る