11月16日にオリンパスがマイクロフォーサーズの新モデル(E-PL1後継機?)を発表?

読者の方から、オリンパスの新製品発表に関する情報を送っていただきました。

  • 11月16日にオリンパスがマイクロフォーサーズ機の新モデルを発表
  • 発表されるのは十中八九、E-PL1のマイナーチェンジモデルと考えられる

 

情報提供者の方には、以前にペンタックスK-x、リコーGXR、キヤノンEOS 60Dなどの発表の情報を提供していただいており、いずれも的中しているので今回も期待させていただきたいと思います。

海外では、「今年中のオリンパスのフォーサーズ・マイクロフォーサーズ関連の新製品の発表は無い」という噂が流れていて、今年中の新製品は期待できない雰囲気だったので、16日に新製品が発表されれば嬉しいサプライズですね。

発表されるのはE-PL1の後継機(E-PL2?)の可能性がかなり高いようですが、このカメラがNEXやGF2のように小型軽量化を追求するのか、それとも何らかの魅力的な機能で勝負するのか、興味深いところですね。

-----------------------------------
情報を送っていただいた方、いつもありがとうございます。

2010年11月10日 | コメント(29)

コメント(29)

 事実上の、「オリンパス製レンズ交換式カメラでのエントリー機」ですから、出ても不思議ではありませんね。

 シングルコアでのファインディテール処理とかはしてくれそうですね。
 PL系なのだとすれば、EVF搭載はなさそうですね。

 NEX登場後では、初のオリM4/3機なので、どう出るのか気になります。

このタイミングで出すのであれば、E-5のファインディテール処理搭載+ドラマチックトーン搭載で、マイクロ最高画質になるでしょうね。値段がどうなるのか気になります。

連投申し訳ありません。

 「発売」ではなくて「発表」なのですね。
 コレに、先の噂のコダックが載るのでしょうか?

小型軽量化のような気がします。世界最小・最軽量(手ブレ補正、フラッシュ内蔵レンズ交換式カメラとして)みたいな宣伝で。

ここに来て、ミラーレスが充実してきた感じがあります。
来年は本格的なミラーレスの年になりそうですね。

マイクロではなく、フォーサーズ3桁機復活の予感がします。

E-P1から短期でE-P2を出した時の残念感を再度オリンパスが実演!^^;

PENならダブルレンズキットをMZDに変更とか高倍率ズームのキットとか、が無難な線じゃないでしょうか。

それか、9-18と14-150のダブルレンズキットとか販売的には面白そうだと思うんですよね。(^^)

なんでしょうね、半年待てば何か出るのなら価格がこなれるのを待つ人には何も買えない状態になってしまいますね。
発売すぐに買って元を取るほど使いこなすか、後継機が出て投売りになってから安く買うか・・・どっちがいいのだろう?

筐体はそのまま、E-P5のソフト面での新機能の幾つかを取り入れ、マニュアル撮影用にダイアルを一つだけ装備、とかでしょうか。(最後のは願望です)
ダブルズームキットの望遠ズームがM.ZDになるだけならちょっと拍子抜けですが、皆さん仰られている通りまだ1年足らずですものね...

 E-PL1に関しては、最初から低価格路線のエントリー機なのですから、実売価格がこなれるのを待つにしても、限度があるのではないでしょうか。
 ただ、この予想が的中すれば、16日以降に買い控えがおこって、結果、また1段値下げがあるかもしれませんね。

 個人的には、エントリー機に関しては、モデルサイクルが速いので「買いたい時が、まさに買い時」だと思います。
 まぁ、O社には、「サイクル」が無いとも思えますので、「買い頃」を見極めるのは困難だと感じる事に、異論はありません。

煮詰まっていないのにその時点での最高のモテる技術を商品化するという考え方に疑問符ですね。これだけのサイクルで出してしまっているのは消費者が新しいもの好きでいると思われているからなのでしょうか。安くなったとは言えまだ頻繁に買い換えることが出来るだけの価格ではないし、大体がカメラを短期間に取り替えることが私自身は好きではないのでほんの少しのバージョンアップという名目での製品化はそろそろメーカーサイドが気づかなければいけない悪習に思えます。

液晶も92万ドットになりますかね?

PLシリーズはコンデジからのステップアップとしての立場を確立し始めているとして、e-p1のシリーズが今後どうなるか不透明ですね……。
EVF内臓と質感の高いボディで「小さいけど本格派」な雰囲気を持ったカメラになってくれると、噂されているプロ仕様機が出た後も3ラインが生き続けそうですが、今の時点ではあまり期待できそうになさそう。

動画を撮るユーザーもいるでしょうし
MSC対応のレンズキットにするとか?
そんなウワサをチラっと聞いたことありますが。

NEXのように新色追加では?

 そうなってくると、キット標準ズームのリニューアルを望みたくなりますね。
 パナの標準ズーム付けた方が速いってぇのは...以下略。

そろそろ、O社もM.4/3ファインダー一体機出して欲しいですね。せっかくボディー内手振れ補正搭載してるのですから! 今回は期待できないようですが・・・?

現実的に考えて、E-5の画像エンジン搭載とローパス薄型化、アートフィルター追加、液晶の高画素化でしょう。
E-3→E-5、EP-1→EP-2の流れを見るに、ボディは2世代は同じモノを使うと思われます。記事にある通り、単なるマイナーチェンジでしょうね。

ボディーの新機種よりも、m4/3の強みを活かした
コンパクトで明るく防塵防滴仕様の松や竹レンズの導入を
期待したいところなのですが。。。

いずれ出てくるであろうm4/3のプロ仕様機の為にも。
やっぱり良いレンズの選択肢が無いとねぇ~。。。

「とおりすがり」さんの言うダブルズーム賛成ですが、高くて手の出ない14-150を入れたレンズキットだけでも望みます。

そうなれば小型一眼最高の万能機の誕生で、これならコンデジの高倍率ズームにも重量的にも対抗できます。

今ならパナのGH1Kが一番小さな10倍ズームですが850g。これが実現すれば590gですから、待ちわびていた機種になります。さらに小型化されていればこれ以下になりますから、希望したいです。

ついでの希望ですが液晶は3インチで92万を。

マイナーチェンジモデルって書かれてる割にはみんな果敢な予想をしてますね(・∀・)

現実的なところでは
◆新色の追加
◆アートフィルター(ドラマティックトーン)の追加
希望としては
◆TruepicV+の搭載
まず無理だろうがさらに欲張れば
◆AF速度の改善
◆アートフィルター処理速度の改善
てなとこではないでしょうか。
NEXやパナの動きによりテコ入れをせざるを得ないが、次期モデル(E-PL3)の発売時期が近いこともあり、大きな動きは出来ない。恐らくはコストもかけられないでしょうし。そう考えると大した期待はしないほうが宜しいのではないかと思いますね。
私としては構えた時に右手の触れる部分の質感を何とかしてもらえれば…あまりにもプラスチックプラスチックしていて安っぽくて、それだけで買う気が失せる。。

E-PL2がフラッシュ内蔵で最小になるので、それを知ったパナがあせってGF2を前倒しで発表したいうオチはないのかしらん?

>>E-PL2がフラッシュ内蔵で最小になるので、それを知ったパナがあせってGF2を前倒しで発表したいうオチはないのかしらん?

あ~なるほど。日本発表まだしてませんもんね。
E-PL2は来年は各社ミラーレス発表予定なので乗り換えられる前にユーザー確保(市場シェア確保)したいんだと思います。
あの液晶を何とかしてくれ。

E-PL1だいぶ安売りしてますもんね。
個人的には液晶が強化されてるといいかなと。

E-P2の価格が下がっています。
もしかしたらE-P3の発表かも...

このあたりで、オリンパス一連のあのオヤジ的発想のデザイン、なんとかなりませんかね。

E-P1,2とE-PL1のホワイトってオシャレな女性にとってもよく似合いますね。
カッケーッ \(^∀^)/

11/16にE-PL1sが出ますよ
レンズが新開発?の標準ズームがセットになります
基本マイナーチェンジなので本体はほとんど更新なしです
(液晶の解像度Up期待したんですがね・・・)
発表後、現行E-PL1は39800代と大幅値下げします
今検討中の方は慎重に。

>insane999さん
情報ありがとうございます。別の記事で紹介させていただきました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2010年11月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスが2011年の2月にミラーレス機を発表する?」です。

次のブログ記事は「キヤノンの新しいフラッグシップは1Ds Mark IVではない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る