オリンパスが11/16日にE-PL1sを発表?

読者の方から、オリンパスの新製品の発表に関する情報を投稿していただきました。

  • 11/16日にE-PL1sが発表される
  • 新開発(?)の標準ズームがセットになる
  • 基本的にマイナーチェンジなので本体はほとんど更新されない
  • E-PL1s発表後、現行のE-PL1は39,800円に大幅値下げされる。今検討中の方は慎重に

 

昨日とは異なる方に、コメントでE-PL1sに関する情報を提供していただきました。この情報が事実だとすると、E-PL1sはボディ自体は現行のE-PL1とほとんど変更がなく、キットレンズを新型に変更するだけということで、本当のマイナーチェンジになりそうですね。

オリンパスのPENシリーズは、AFが速いレンズ(9-18mmなど)を使えばパナソニックのマイクロフォーサーズ機と遜色ないAFスピードと言われているので、新しいキットレンズではAF速度の改善に期待したいところですね。

あと、Wズームキットの望遠ズームのほうも、新型のM.ZD40-150mmに差し替えられるんでしょうか。

-------------------------------------------
insane999さん、情報ありがとうございました。

2010年11月11日 | コメント(14)

コメント(14)

E-PL1の発売からまだ半年も経っていませんからね、価格維持のためのテコ入れでしょうか。
レンズの買い替えで同等の性能になるなら、PL1購入者も納得?

できればE-P1/2も液晶と動画はアップデートして欲しいなあ……
筐体は可愛いしサードパーティの用品も色々出てるから変えずにさ。

設計の甘さ?でAF速度に差をつけられてしまったキットズームのリニューアルの口実作りって所なのでしょうか。

ダイアル付くと良いな...

sって付けてるだけのところがいかにもマイナーチェンジですね。
私はGF1にした理由はAFは少しありますが液晶の酷さです。
コンデジ並み、コンデジ以下であれは厳しいですよ。

 新キットレンズがコンパクトな沈胴式でかつ高速なAF駆動となれば、魅力的ですね。NEXに対抗してレンズの外観を少しオシャレに…他のレンズとの統一性的にもコスト的にも無理ですかね。 新キットレンズが単焦点パンケーキの可能性もあるのかな。

EP-2の時も思いましたが、短期間でマイナーチェンジ版を出されると、既存ユーザーの印象を悪くさせます。
タイミング的にEP-2の時はGH2に対して、今回はGF2の出鼻をくじくための急拵えのような印象が拭えません…邪推ですが。

キットレンズのリニューアルは、みんな期待していたところですから、順当なモデルですね。

はやい、はやいというニューレンズも。近くの店ではモックアップしか展示してないので、キッドレンズになれば、展示してもらえるかなあ。

ちょっと何かを変えようと思ったとき、ダイアルは便利ですよね。
E-P1,2があんまりコンパクトじゃないので、PL1にダイアルが
ついたら購入してしまいそうです。

キットレンズのリニューアル・・・
コストダウンだったらやだな。

PENだけでなくE-30やE-620もマイナーチェンジして欲しいものですね。中身だけE-5同様のアップデートを施したE-35やE-625とか…。

 いや、コストダウンは、E-PL1の時にプラマウント化(キット専用品で単体では販売無し)したんで、それ以上はさすがに無いでしょ。

 現行機の値下げは、新型が発売になるまでのつなぎと言う事なのでしょうか?
 それとも、並売をすると言う事でしょうか?

 新レンズが、現行のものに置き換わるのか、それとも、上位レンズとして追加になるのか、気になります。

http://olympus-imaging.jp/product/dslr/epl1s/index.html

これか
新キットレンズ+カラーバリエーション?

出ましたね。
ドラマチックトーンが搭載されなかったのは意外です。と言うか、ほとんどそのままのようですね。

注目は、やはり新キットレンズですね。
高速インナーフォーカスになったようです。
前玉が回転しなくなってPLフィルターにも対応できますね。

感度上限 3200を6400にしてきましたけど、高感度が売りじゃない機種の高感度を上げても使える可能性は低いような気もしますが。
それなら、液晶をせめて46万ドットにするとかして欲しかったですね。
結果、ボーナス商戦用のテコ入れ機種ですね、これならしっかりとしたE-PL2のモデルチェンジ版の情報でも流して買い控えをさすほうが戦略としてはいい気がするのですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2010年11月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの新しいフラッグシップは1Ds Mark IVではない?」です。

次のブログ記事は「シグマ85mm F1.4 EX DG HSMはライバルと互角の性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る