ペンタックスK-5はAPS-C機としてはとても素晴らしい高感度性能

PHOTOGRAPHY BLOGに、ペンタックスK-5のレビューが掲載されています。

Pentax K-5 Review

  • K-5は同じクラスのライバルに比べると小型軽量だが、手にしたらしっかりとした作りの本格的なカメラであることがわかるだろう。
  • AFは明るい場所では高速でしっかりと合う。改善されたAFシステムはより幅広いシーンをカバーすることができ、室内や暗所でも適切にピントを合わせることができる。キットレンズの18-55mmはAF時のノイズが大きい。
  • K-5は素晴らしい画質だ。ISO80-800まではノイズフリー。ノイズが現れ始めるのはISO1600で、ISO3200、6400になるともう少しノイズとムラが増える。ISO12800と25600は小さなプリント用。ISO51200は正直言って使い物にならない。K-5はAPS-C機としてはD7000同様、とても素晴らしい高感度性能だ。
  • 露出は概ね1/3段アンダーで、シャドーをそれほど犠牲にすることなくハイライトのディテールを完璧に保っている。色再現性はデフォルトの設定で正確。HDRモードは手動であまりコントロールできないが、簡単にダイナミックレンジを拡張することができる。
  • デフォルトのセッティングではJPEGは若干ソフトな画質で、カメラの設定を変更するか後処理で少しシャープネスを上げてやるのが理想的。ボディ内手ブレ補正は暗所での手持ち撮影や、望遠レンズ使用時にとても効果的。
  • 動画についてはいくつかの欠点がある。K-5の動画は、モードダイヤルをセットしてからシャッターボタンで録画を開始しなければならず、ワンボタンで録画できるライバルに比べると操作性が劣る。また、D7000などの多くのライバルと異なり録画中にAFが使えない。
  • K-5はK-7とそれほど大きくは変わらないが、2大メーカーの魅力的なライバルであり続けることを確かにするいくつかの大きな仕様変更が加えられている。K-5は、D7000のような録画中のAF機能や60Dのような可動式液晶は備えていないが、両機よりも確実により直感的に使うことができ、より豊富なカスタマイズ機能を備えている。

 

K-5は評判通り、高感度の画質とAFがかなり進化しているようで、これまでのペンタックス機と比べると、本当にウィークポイントが少なくなったという印象です。

ウィークポイントとしては動画機能でライバルに負けていることが指摘されていますが、ライブビュー中のコントラストAFはニコン・キヤノンのライバルよりも高速化されているようなので、これは一長一短といったところでしょうか。

2010年11月23日 | コメント(19)

コメント(19)

内容に関しては特に目新しい事は書かれていませんね。
K-7で課題だった点を改良してきた良いカメラだと思います。

どうせムービーなんか使わないし、上質なシャッター感やMFでも使えるファインダーやちゃんとした防塵防滴性能などしっかりした作りがうれしいですね。
できればモニター部は強化ガラスの採用をしてほしかったですけど。
あと、18-135がピントリングが手前にきたのは最悪。
いままでのペンタレンズには無かったことです。
寄れるしAF早くていいレンズなんですが・・・

いやぁ、レビューや評価を聞けば聞くほど欲しくなるカメラですね!
これにバリアングル液晶が搭載されたら、はぼ私の理想のカメラです。

バリアングル欲しい。Canon60Dと迷ってる。
これが付けば理想のカメラ。小さいレンズ群もGood。

私のドッグランでの動体撮影に興味を持ってEOS 7Dの購入を決定していましたが、先日ペンタックススクエアでK-5+DA50-135mm F2.8を2時間借用して、走ってくる自動車軍を何度か撮影し殆んどピンボケも無く撮れているのを見るとワンコ撮影には問題無し、11月3日の入間基地でのF15戦闘機撮影でSSを稼ぐ為にISO設定を500~640にしたところ晴天にも拘らずF15の日陰部分にノイズが見られる。
ワンコの撮影程度ならK-5のAF性能で充分、となると当機の優秀な高感度性能を生かした夜間撮影(イルミ、花火等)が楽をしながら楽しめますね。

11月26日発売のDA18-135mmとのレンズキットを購入する事にしました。(K-7のレンズキットは下取りに出します。)
19日にペンタックスのA AFアダプター1.7×も購入した事ですしペンタから片足も抜けませんね。

毎朝、判断材料として真っ先に開くデジカメinfoを楽しみにしている身として世界の情報を伝えて下さる管理人さんに大変感謝しています、有難うございました やっと決心がつきました。

バリアングルは防防だから難しいだろうし、
確実に若干分厚くなるんでいらないですね
他のモデルなら付く可能性はあるかもしれませんが、
小さい事も売りにしている以上は難しいでしょう

schnachiwaさん、はじめまして。

入間基地での撮影もK-5をペンタックススクエアで借りて撮影されたのでしょうか?もしそうであれば、その日陰部分にノイズがのった写真を拝見できないでしょうか?
私もK-5購入を検討してまして、撮影対象が風景と複葉機等のクラシック航空機なので空ものの撮影についてはかなり興味があります。
K-7でも基本的にAF追従は問題無い速度かつ250ミリ程度で充分撮影できるのですが、曇りの日や晴天時の影部分の写りにはK-7ではちょっとという事もあります。
スピッツやマスタング撮影になるとK-5の方が良いのは間違いないのでしょうね。


管理人さん

ちょうどコメントを書いたタイミングで直されていましたね。
失礼しました。

>>schnachiwa
ちょっと細かいが
F AFアダプター1.7Xな

機材の名称は正確に

E-5に比べて随分小型な気がしますが、技術力の差ですかね?

E-5使ってますが、バリアンは収納して持ち運ぶ時に液晶ひっくり返して傷がつくのを予防出来て良いです。
録画ぼたんは誤動作誘発するから必要ないな。

K-5というか最近のペンタのLVでのAFは一点に向かって拡大していきます。カメラをしっかりホールドしていないと、カメラがぶれることでAFポイントがグラグラします。
バリアングルだと無理な体勢、両手を高々とあげるとか膝の辺りで構えるとか、で動作させることが多くなると思いますが、それだとうまくAFを作動させることは難しいと思います。
広角+f8+無限遠などパンフォーカスぎみにとるならいいですけど。
NikonもD5000につけたんだから技術がない訳ではないはずですが、D7000にはつきませんでした。
まぁ私は”覗く”という行為が好きな人間ですので、バリアングルに否定的な人間の意見ということで。

ノイズの件はシャープネスを強めにかけると低感度でも浮いてきます。
私は感度を上げる必要があるときはシャープネスを少し下げて運用しています。低感度では雅+EXシャープネス強め、通常感度域では鮮やかでファインシャープネス+1、高感度域ではナチュラルでノーマルシャープネス-1としてカスタムイメージを状況に応じて使い分けています。

階調コントロールを多用すると、ノイズが浮くのは原理的にどこでも同じ。
D7000でもISO800からノイズが浮いてくるよ、ADL使えば。
でも、ADLなんて使わなくても行けるのがAPSサイズの余裕と言える。
K-5がD7000に対抗できるレベルだとは驚きだが、
画像を見る限り、それは認めざるを得ない。
こうなると、ニコンの提唱していたDXサイズの優位性というのが、
いま再び浮き彫りになってくる気もする。

動画の操作性については、メーカー各社のポリシーが明確に分かれているように思います。
少なくともK-5/K-7の場合、マイクを外付けしないとステレオ録音できないと言う面もありますので、モードダイヤルどころでどうこうという問題ではありません。そういうのを優先したければ、3/4のミラーレスかNEX買ってくださいってところですよね。
フルHD対応になったとは言え動画は非常用で、あくまでスチルカメラと割り切って使うならば、こんなに使い勝手のいいカメラは無いと思います。AFの弱点を突かれるとD300sやEOS7Dという線もありますが、ペンタックスに慣れてしまうと大きさがいかんとも・・・

ちなみに、今月号の「CAPA」(学研)で4機種比較の特集がありました。高感度画質の比較における、夜間撮影(羽田空港)の作例は驚愕ものです。手っ取り早く確かめたい方には、ご覧頂くことをおススメします。

管理人様、横スレで申し訳ありません。

新七様
今年の入間基地ではK-7にDA55-300mm F4-5.8ED+ケンコー製テレプラス(1.5×)ですのでF値がかなり下がります。
そこで経験不足ですがISO感度を上げてSSを稼いだ積りでいました、戦闘機F15はグレー色ですので日陰部分にノイズが載っている様に見えますがどうでしょうか?。
テレプラスのせいにしていますが、戦闘機の場合は焦ってしまいピンボケを多発してしまう未熟者です。
K-5なら私の未熟さをカバーしてくれるかなと思っています。
宜しくご指導下さい。

縮小写真ですがブログをご覧ください。
http://schnachip.exblog.jp/

la fite様
ご指摘有難うございます。
FAアダプター1.7×が正式名称かな?と思いましたが、皆様
F AFアダプター1.7×と記入されていますので、投稿する前のチェックで後からF を追加した積りでA を入れてしまいました。
今後は再々確認後に投稿いたします、申し訳有りませんでした。

ふ 様
シャープネスの件、ご指導有難うございます。
経験不足の身ですから細かく設定変更する事が出来ませんのでほとんどメーカー設定のままで来ています。
早速ご指示の設定データを元に勉強してみたいと思います、重ねて御礼申し上げます。

管理人様、失礼いたしました。

>Un Cueさん

動画撮影に定評のある5D mk2でも内蔵マイクでステレオ録音できないのは一緒なのでは?
内蔵マイクでステレオ録音できる機種でも、実際はマイクを付けて撮影する方が全然いい音拾えますし。

ペンタックスはまだそういう方向性に無いというだけの事だと感じています。
やるんだったら、ほかの製品を作るのではないかな?と思ってます。

K-5はペンタックスの進歩を感じる事のできるいいカメラだと思う事は変わりませんね。

schnachiwaさん新七さん
航空ショーのブルーインパレスなど位は私の所有するα700でも問題無く撮れます。
AF追尾、精度に関してはランダムに動く物や向かってくる被写体ですよね?
K-7が発売前、新宿のペンタフォーラムまで何度も足を運びβ機を何度も弄り担当者に話を聞いたりしました。
β機触った感じではAF精度「?」高感度ではISO800までが許容範囲でした。担当者曰く「発売日までには良くなります」との事でしたので発売日から少しして購入しましたが・・・・
結局3、4ヶ月使い売却ました。
やはりAF精度、高感度ISO800までしか使え無いβ機と変わりなかったです。

K-5になり高感度でのノイズの少なさは確認し素晴らしいと思いますがAF精度はどうなんでしょう??


連続レス失礼します。

某掲示板などではK-7の発売当初ではAF精度はK20Dと比べ良くなったと絶賛でしたね。
K-5が発売され今となりAF精度は絶賛する程ではない、補助光付いたが迷うと書き込みが見受けられます。

兄がK20D所有していて何度も借り使いましたがAF精度はK-7と比べ良くなったとは実感は無かったです。

現在、K-7を売りニコンD300sを購入しα700と2マウントですがペンタは良い短焦点が有るので気になっています。D300sのAF精度、追従に迫る物はあるのでしょうか?

掲示板などで本心が聞けるのか疑問ですが質問させていただきました。


αっ子さん、そのような質問は某巨大掲示板でなされてはいかがでしょうか。個人運営の情報サイトのコメント欄にはふさわしくないと考えます。

dさん
そうですよね。ただ某巨大掲示板では贔屓目の答えばかりで参考にならないので・・(過去何度も鵜呑みにした結果実際とは違った事がありましたので)
管理人さん、dさんコメント欄ふさわしくない質問、失礼しました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2010年11月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーNEX-7はパナソニックGH2とよく似たデザインになる?」です。

次のブログ記事は「パナソニックが新しいカテゴリーのマイクロフォーサーズ機を開発中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る