マイクロフォーサーズ用の9本の交換レンズの簡単なレビューが掲載(2)

写真家のThom Hogan氏のサイトby thomに、マイクロフォーサーズ用の主要な交換レンズの簡単なレビューが掲載されています。

Lenses for m4/3 Cameras
(※以下、オリンパスのレンズに関するレビューより)

  • オリンパス 9-18mm F4-5.6 (推薦) : キットレンズと同じ沈胴式で、使わないときには非常に小さくなるが、使用時には短い焦点距離から予想するよりも大きくなる。光学性能は、重複しているズーム域ではパナソニック7-14mmに近いので、問題は広角端で必要なのが換算14mmなのか換算18mmかということだ。個人的にはワイド端が広いパナソニックが好みだが、オリンパス9-18mmを手に入れてからはオリンパスを使う機会の方が多い。AFはそこそこ速くそして正確だ。レンズの作りのクオリティは中程度。
  • オリンパス 14-42mm F3.5-5.6 (推薦) : 沈胴式で極めて小さくなる。光学性能はとても良く、大部分のユーザーによくマッチするだろう。AFはそこそこ速く、そして正確。レンズの作りのクオリティは中程度。
  • オリンパス 17mm F2.8 (推薦しない) : オリンパスの唯一の単焦点だが、明るさは平凡で、キットズームと半段しか変わらない。光学性能は、傑出しているわけではないが、しっかりとしている。しかし、明るさ、光学性能、AFのどの領域でもキットレンズのレベルを引き上げるものではなく、特に純粋な広角でも標準でもない画角を考えると、価格に見合う価値はあまり無いように思える。

 

新しい14-150mm、40-150mm、75-300mmは空欄になっているので、残念ながらまだレビューが完成していないようです。9-18mmに関しては、Hogan氏はあまり期待していなかったようですが、「自分の意見が間違っていた」と言っているので、これは予想外にいいレンズだったようです。

14-42mmは新しい II 型ではなく I 型のレビューのようなので、II 型だとAFの評価が更に上がるかもしれませんね。あと、17mm F2.8は他のレビューでも評価が今一つのレンズですが、ここでも少々辛口の評価になっているようです。

2010年12月 8日 | コメント(3)

コメント(3)

個人的には、MZD17mmの換算ほぼ36mmと言う所に、くすぐったい面白さを感じて愛用しています。
描画性能はパナ20mmにはとても及びませんが、周辺減光の少なさから絞り開放でも扱い易く、もう少し評価されても良いと思っています。

OMー1使ってた頃は28m35m50mの単焦点レンズが常用だったからm43ZD17mは違和感無い焦点距離だと思うんですけどネェ

17mmは、単品で買うとちょっと高いと感じるでしょうね。

自分はツインレンズキットで買ったので、コンパクトで写りも十分で、とても満足しているのですが。画角もパシャパシャ撮るにはちょうどいいですし。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2010年12月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マイクロフォーサーズ用の9本の交換レンズの簡単なレビューが掲載(1)」です。

次のブログ記事は「2011年の終わりにEOS-1Dsシリーズとは別路線のフラッグシップ機が発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る