タムロン18-270mm F3.5-6.3 Di II VC PZDは望遠端でも良好な解像力

ePHOTOzineに、タムロン 18-270mm F3.5-6.3 Di II VC PZDのレビューが掲載されています。

Tamron AF 18-270mm f/3.5-6.3 Di II VC PZD Interchangeable Lens Review

  • 焦点距離を考えると、驚くほど軽量コンパクトで、62mmのフィルター径はライバルよりも小さい。フィルター枠は回転しないので、偏光フィルターを使うのに理想的。ハイクオリティなプラスチックによる鏡筒は、通常の使用には十分な強度に感じる。ズームリングはズーム全域でスムーズで、下を向けても自重落下しない。
  • AFはPZDのおかげで極めてきびきびとしいて、旧型の18-270mmよりも著しく速く、そして静かになっている。暗所では望遠側でAFが少々迷うことがあるかもしれないが、明るい場所ではこのタイプのレンズとしてはAFは正確で速い。手ブレ補正は、270mm(換算405mm)では、1/50秒でほぼシャープな画像が得られ、約3段分の効果。
  • 18mmでは中央は開放から既にとても良い(very good)の解像力で、周辺部の画質も許容範囲内。絞ると中央は素晴らしい(excellent)解像力になる。望遠側にズームすると解像力は少し落ちるが、70mm開放では許容範囲で、少し絞れば中央はとても良い(very good)解像力になる。
  • 270mmでは、驚いたことに70mmより光学性能は改善していて、ここでも開放から許容範囲の性能。しかし、本当の実力を発揮するのはF8まで絞った時だ。ピークはF11で、このとき、画面全域でとても良い(very good)解像力になる。特に絞ったときには、しっかりとしたシャープネスとコントラストでとても有能なレンズだ。
  • 色収差は多くの条件で、許容範囲内のレベルに抑えられている。絞ると色収差が目立つので、コントラストの高い場面では配慮が必要かもしれない。開放付近では0.5ピクセル前後で、大伸ばしやトリミングをしない限りは問題はないはずだ。
  • 周辺光量落ちは18mm開放で1.4EVでまずまず良く補正されており、F5.6まで絞ると均一になる。270mmではわずか1.21EVだが、F11まで絞らないと解消しない。
  • 歪曲は18mmでは6.27%のタル型、270mmでは1.77%の糸巻き型で、極めて目立つが、これまで見た高倍率ズームの中では悪くはない。幸いなことに、歪曲の形はズーム全域で整っているので、後処理での補正は容易。
  • 逆光耐性は、このタイプのレンズとしては極めて良好。太陽を直接入れるような極端な状況でも、コントラストの低下と、色のついた輪が見えるだけだ。
  • 以前の高倍率ズームは評判が悪かったが、技術の進歩で認識が変わった。このレンズも、そのような光学性能を持つレンズの1つだ。軽量コンパクトで、テストでは"使い物になるレベル"を超えた素晴らしい結果を残している。現在はライバルと比べると価格が少々高いが、価格が下がれば、便利ズームの市場で確実に抗いがたい選択肢になるはずだ。

 

新型の18-270mmは大幅に小型化されているにもかかわらず、望遠端でもあまり解像力が下がらずに、中間域とほぼ同等の解像力を維持しているのはすごい進歩ですね。また、広角側でも絞ったときのピークの解像力は、旧型よりもかなり底上げされているようです。

旧型の18-270では、望遠端はお世辞にも優秀とは言えない解像力でしたが、新型はこれだけの解像力があれば、望遠側でも満足のいく結果が得られそうですね(旧型のレビューはこちら)。

2011年1月22日 | コメント(11)

コメント(11)

ズボラレンズが欲しい方は必見ですね。

αからも出るようなのでナイスです。

αは動画熱問題があるのでタムロンさんもVCは
残して欲しいと思います。

イベント用の便利レンズとして入手してみましたが、凄い重宝しましたね。
この軽さとコンパクトさのメリットは、凄く大きかったです。
また、AFも大変に静かで、キヤノン純正に遜色ない、大変良い印象です。
写るの重視であれば、本当に便利なレンズですね。

旧18-270mm(B003)を使用しております。望遠側では迷う、遅い、解像感が悪いと、タムロンばかり高倍率を3代にわたって使ってきましたがB003には少々がっかりさせられていました。 が、このB008のレポートやPhoto of the Dayのかなりの高評価をみますと買い換えようかと心が動きます。 これまた好評なSP70-300mm(A005)とどちらにしようか嬉しい思案中です。

7Dmackyさん同様B003を使用しており、それなりに重宝していますが、従来の欠点が相当改善されているようなので、食指が動きながらも性能に関する記事が少なく、特に望遠側を多用するのでその解像力が気になると言うか・・・?・・・でした。
本件記事を見てこの点が了解できましたので、今しばらく様子を見ながら手に入れたいとの思いが強くなりました。

これNEXで使いたいです!

マウントアダプター介してα用を使用しても手振れ補正がないので、手持ち望遠は壊滅必至。
NEX用に手振れ補正込みのやつが欲しいですね。とても。

本体+レンズがわずか700g台で、広角から超望遠まで写せるAPS-C機。もちろん世界最軽量です。

ただ、純正のSEL18200を駆逐しかねないので、タムロン株主のソニーさんが許してくれるかどうか……

一部で前ピンがどーのこーの言われていますが、生産数重ねるごとにクリアしていくのでしょうか。
ここまで高評価だと思いませんでした。”使い物になるレベル"を超えたとあるのがアレですがw

最近のタムロンは一皮剥けたようですが、
Kマウントは実質撤退状態なのが残念です。

αマウントを早く発売して下さい。
現金用意して待ってます。

私も旧18-270mm(B003)を使用していますが。室内撮りが主。
ホールのような場所ではこれ一本でワイドから望遠まで使えるので重宝してるけど、望遠側の画質が今一歩というところでなんとかならないかと思ってましたが、新機種は良さそうですね。これから小遣いを貯めなきゃ。

B003愛用者です。B003は広角・望遠端とも高倍率ズームとしては十分なコントラストと解像力があります。もちろんレンズ中央部での話です。比較したレンズはCanon 70-200 f2.8L・TAMRON 17-50 f2.8・TAMRON 18-200 f3.5-6.3の3本です。B003は高倍率であるにもかかわらずTAMRONの他の2本よりコントラスト、解像力共に優れています。中央部比較ならCANONのLレンズに近い描写をします。もしここにある評価通りならB008はCANONのLレンズにも勝るレンズとなりますよ。そんなことはあり得ないと思いませんか?。くれぐれも・・・・・。



コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年1月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD700後継機(D800?)&新世代機(ミラーレス機?)に関する噂が掲載」です。

次のブログ記事は「ペンタックスのミラーレス機はNC-1という名称になる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る