オリンパスXZ-1のDxO Markのテスト結果が掲載

DxO Markに、オリンパスのハイエンドコンパクトXZ-1のセンサーベンチマークの結果が掲載されています。 

Olympus XZ-1

 

 XZ-1   LX5   S95   G12   P7000 
Overall Score
(RAWによる
センサーの総合点)
34  41 47 47 39
Color Depth
(色の再現域と分離)
18.8 19.6 20.4 20.4 19.1
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
10.4 10.8 11.3 11.2 10.8
Low-Light ISO
(DxOの基準で許容できる
最高のISO感度)
117 132 153 161 147

 

比較のためにライバル各社のハイエンドコンパクトと並べてみました。XZ-1はこれまでのレビューでは高感度はそれほど強くないとされていますが、確かにDxO Markの値もそれを裏付けるような結果になっていますね。

XZ-1はLX5と同じパナソニック製のセンサーを採用しているのではないかと言われていますが、センサースコアの値が全体的にパナソニックLX5よりも低くなっているのが少々気になるところです。

とはいえ、XZ-1はレンズの性能が売りのカメラなので、解像力チャートなどのレンズや後処理を含めたテストでは逆転もあるかもしれませんね。

2011年2月 5日 | コメント(8)

コメント(8)

GRdigitalはないんですか?

>kojiさん
DxOにはリコーのデータは掲載されていないようです。GXRやGRも扱って欲しいですね。

高感度性能はソニー製CCDの方が上、調達コストも低いだろうに、付き合いでパナのを採用したのかな。近々出ると噂されるオリンパスM4/3の上位機にはGH2のセンサーを売ってもらえるのかねえ

高感度性能が良いと言ってもSONYの裏面照射は大したことないし、低ISOでレンズ性能を活かす描写にしたって事じゃないのかな。付き合いと言うけど長年組んでやってるわけで、ちょっと安いからSONYに、なんて出来るわけ無い。

そんな下らない事はさておき、サンプルや撮影者によってなんか写真の出来がイマイチピンと来ないXZ-1ですが、こういうテストサイトに載る様になってきたの様で他サイトの結果も楽しみです。

DxO Markの返す結果はいつも示唆的で興味深いですね…
個体やロットでどのくらいの誤差が出るんでしょうか。

個人的に点数低めなP7000の絵作りが好きなので、一指標としてしか見てませんが、サンプルなど見てると「悪くはないが思ったほど凄くない」って感じですし、スペシャルサイトもアートフィルター使いまくりでピンとこない。

発売間近だけに、E-5のような発売後のレビューに期待したいですね。

やっぱりトータルではキャノンがよくまとまっているようですね。

うーんさん>

これらの機種は裏面照射C-MOSではないですよーCCDです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年2月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シュナイダーがマイクロフォーサーズへの参加を表明」です。

次のブログ記事は「タムロンSP70-300mm F4-5.6 Di VC USDは多くの点でライバルに勝っている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る