パナソニックが回折光学素子を使用した望遠ズーム(45-190mm F4-5.6)の特許を出願中

エンジニアの嗜みで、パナソニックの回折光学素子を利用したズームレンズの特許が紹介されています。

・Panasonic 45-190mm F4.0-5.6 の特許(※引用元サイトは閉鎖されています)

  • パナソニックが、45-190mm F4.0-5.6の望遠ズームレンズに関する特許を出願中。このレンズは回折光学素子を採用しており、小型化を実現している。45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.が、マイクロフォーサーズの名の相応しいコンパクトなレンズとしてリニューアルされるのかも。
  • 第1レンズ群の第3レンズに、物体側に回折構造を設けた複合型回折光学素子を採用する。第5レンズ群が移動するインナーフォカース。第3レンズ群は手振れ補整用。
  • パテントにある実施例からフランジバックを引くと製品の全長は8cm程になるので、現行品45-200mmの約10cmよりも少しだけ小さくなるよう。45-190mmはかなり高性能で、単焦点レンズだと言われても納得しそう。

 

回折光学素子を使ったレンズは、キヤノンがDOレンズとして実用化していますが、パナソニックもこれに続くのでしょうか。換算90-380mmで全長8cm程度というスペックは、このまま製品化されればかなり魅力的ですね。

ただ、キヤノンのDOレンズ(70-300)はかなりのクセ玉(逆光でコントラストがかなり落ちる、妙な形のゴーストが出るなど)なので、この辺りの特性がどうなるのかが気になるところです。

2011年5月14日 | コメント(1)

コメント(1)

回折光学素子レンズは(管理人さんのコメント通り)EF-DOの実用イメージが悪く、あまりピンとこないのが本音です(笑)
パナのこのレンズでは数値的には良い事になっていますが、実際どうなのだろうというのと、元記事で指摘があるように、Mフォーサーズのレンズはミラーレス以前に撮像素子サイズを活かせてないデザイン的な冗長さが酷いです。
回折光学素子レンズを積極的に採用して行くのならば、パナソニック製品群全体のシェイプアップ(シェイクダウン)も見据えてくれると楽しいシステムになるのですが、どうも家電屋コンプレックスなのか、小さ目に作るのに重厚長大志向であったりして微妙なんですよね(笑)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年5月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックの25mm F1.4(m4/3用)はライカブランドのレンズになる」です。

次のブログ記事は「オリンパスから6月に12mm F2が登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る