ソニーが8月末にα77と共に16-50mm F2.8 SSMを発表?

Sony Alpha Rumorsに、ソニーの16-50mm F2.8 SSMに関する噂が掲載されています。

(SR5) HOT: 16-50mm f/2.8 SSM to be announced in late August for $799!

  • α77のために特別に開発されたハイグレードズームレンズに関する、いくつかの信頼できる情報を、ついに入手した。16-50mmは、F2.8通しのF値とSSMモーターを採用し、価格はわずか799ドルになるだろう。

    私が"わずか"と言うのは、ニコンやキヤノンの競合製品はずっと高価だからだ。キヤノンのEF-S17-55mm F2.8 USM ISは300ドル高く、ニコンのAF-S 17-55mm F2.8 は2倍も高価だ! 私はα77のキットとしてこのレンズを購入する場合、更に安くなることを期待している。

 

このレンズは16mmスタートということなので、タムロンの17-50mm F2.8のOEMではなく、ソニーによる新設計のレンズになりそうですね。

799ドルの価格が事実だとすると、このクラスとしては比較的安い価格設定ですが、SAMではなく使い勝手のよいSSMが搭載されているのは嬉しい仕様ですね。このレンズの出来がよければ、α77が一段と魅力的な存在になりそうです。

2011年7月11日 | コメント(19)

コメント(19)

SONYによる価格破壊ですね。 安価でいいものが買えるならユーザーにとってありがたいことです。

もし本当にSONYがこの価格で発表してそれでも利益が出るとしたらキャノン、ニコンの価格設定はどうなっているんでしょう。 今まで競合他社がなかったのでなれ合いで高い価格をつけていたとしか思えません。
ユーザーは知らない間に余分なお金を払わされていたのでしょうか。

とにかくα77、新レンズで今までのカメラ業界に性能、価格の両面で風穴を開けてほしいですね。 


げ、ボディだけで予約言ってあるんだけどなぁ。

フルサイズ対応しているのならば、レンズキットにしょうかな。


Gレンズを名乗るのでしょうか。名乗るのなら欲しいです。なんだかんだいってブランドは大事ですし。

ニッパチズームで非Gだといくら光学性能が良くても所有感としてはしょんぼりです。

Gだと「良くて当然」としか思われないでしょうし、Gの2.8通しにしては安すぎるので普通のG無しズームでしょう。フルサイズ対応もないと思います。

17-50 F2.8の最新型は、シグマもタムロンも非常に高い性能を誇示しましたから、少なくともそれらの同等以上であって欲しいですね。

このボーナスでsigmaの17-50F2.8を買おうか・・・
なんて思ってましたが、思いとどまってよかった。サードパーティ製とあまり差がない価格とは!
まぁ、tamronは安すぎですが・・・

欲(妄想)を言わせて貰えば16-70mmGを造って欲しいところですが。
そうすれば70-300mmGと組み合わせてレンズは他に何も要らない、、二本で完結・となるんですが。
絶対有り得ませんよね。ソニーといわずどこのメーカーであっても。

2.8通しでSSM載せるのにGもZAも付かないというのも
有る意味大盤振る舞いな気もします。
焦点距離さえ賄えば他のレンズはいらないかと言えば
そんな事はないけど、この仕様で出るのなら
かなり使い勝手の良いレンズになりますね。

噂の高性能広角ズーム、こちらもお手ごろな価格期待します。

それにしてもSONYはディスコンになってから後継が出るまで長いですよね。

震災の影響もあるのでしょうが、間延びというか、なんというか。

恐らくキットとして上乗せされる値段なのではないですかね。
ガラスの塊がそんなに安くなるとは思えないので。
もしかしたらタムロンA16のソニー用カスタム仕様だったりして。

個人的には、実売10万超えても良いので、最高性能のDT用ズームを期待したのですが……

1680ZAと明るさ以外変りないなら、あまり魅力無いですね。

安いですね。やばい。セットで買う確率大。

トキナーにありますよね、16-50mmF2.8ってレンズが、NikonとCanon向けだけで…

ただ、APS-Cサイズ専用F2.8通しの標準ズームレンズ販売してないのはソニーだけなので、F2.8通しの標準ズームが発売されるのは嬉しい限りです。
単体の値段が本当に$799なら、タムロン以上シグマ以下の値段設定なので、トキナー(定価約11万)とは設計も違うのでしょう。

個人的にはα77は購入決定しているし、F2.8通しの標準ズーム(APS-C専用)も購入する予定なので、レンズキットで出てくれるなら、確実に購入です。
あと、以前海外発表されたHVL-F43AMが国内発売されるなら、これも買わないと…
秋までに、予算30だったけど、40くらい必要かも…

カールツァイス銘が付かないことになって、その分のライセンス料が浮いたのかなぁ・・・

こうしてコンデジのようにレンズ交換式でも
ボディだけでなくレンズまで薄利多売の流れが加速されるのでしょうかね。

α77と同時発売の、戦略的価格の新型レンズ…期待せずには居られませんね。きっと、α77の性能を究極的に引き出し、吸い付く様に動体を追従し続ける脅威のAF性能を見せ付けてくれるに違いありません!(汗)

楽しみですが、写りを見てみないことには・・・

値段は戦略的ですね。
レンズが割高と言われ続けて来たソニーですから


私はブランドには拘りませんので安くて全紙程度の伸しに耐えれるレンズなら大歓迎です。A-700で旧ミノルタのレンズばかり使用してますが私的には特に問題無く使用してます。

ボディも楽しみですが、レンズも出血サービス?ですね。
他マウントユーザーも欲しくなりそうです。
このレンズに関しては価格破壊的かもしれませんが、
レンズそのものは原材料からするとものすごい利益率の商材です。
だから実際は定価799ドルでも利益は確保できるでしょう。
今までラグジュアリー仕様、例えばキヤノンで言うところのLレンズなどは、
考えようにはボッタクリ価格なんですが、
そういったレンズは比較的高値で売却できる中古市場がすでにあり、
私達はそれを知っていて、市場参加者でもあると思います。
ある意味、レンズは長期レンタルとも言えます。
そういう背景があるので、ボッタクリ価格であっても暗黙の了解で許容できるのだと思います。
100万のレンズが売却時に1万とか二束三文になるとしたら、
今のような中古市場は形成されず、新品売価も暴落すると思います。

これは間違いなくタムロンの製品です。
SONY専用で先行販売した後、17-50の後継として手ぶれ補正を載せて販売予定の商品でしょう。
SIGMAの17-50の対抗で、既定路線です。
向こうはピントリングが回りますが、タムロン製はたぶん回らない方式にしてきて、差を付けると思います。

それから、16mmスタートの望遠端50mmでF2.8通しの標準ズームなんですから、フルサイズ対応などと夢を見ない方がいいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年7月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコン AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G VRはDX用のベストの標準ズーム」です。

次のブログ記事は「キヤノンが2種類のセンサーのEOS 3Dのテストを行っている?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る