キヤノンが裏面照射型センサーのノイズを除去する特許を出願中

エンジニアの嗜みで、キヤノンの大型の裏面照射型センサーで問題となるノイズを低減する特許が紹介されています。

・Canon BSIのノイズを軽減する特許(※引用元サイトは閉鎖されています)

  • キヤノンが裏面照射型撮像素子(BSI)に生じる偽信号(ノイズ)を除去する特許を出願中。 APS-C以上の撮像素子でこのノイズが顕著になるようで、諸々の問題を解決すれば、APS-Cやフルサイズでも裏面照射型撮像素子が採用されるかもしれない。
  • キヤノンの特許: 直流電源を光電変換部と周辺回路に接続する。抵抗が下がり、電圧降下が小さくなる。
  • アナログ信号はなるべく早い段階でデジタル信号に変換した方が良いが、AD変換される前に電圧降下の影響を受けてしまうようだ。撮像面が大きくなった場合に生じやすく、撮像面がAPS-C以上のサイズになった場合に特に影響が大きい。

    つまり、裏面照射型を大型センサーに採用すると、メリットとデメリットで相殺されてしまうのだろう。相殺どころか、かえって悪化するかもしれない。"大きなイメージャーでは効果が薄い為"という説明はあながち間違いではないようだ。

 

大型センサーで裏面照射型センサーが採用されないのは、開口率があまり稼げないという理由だけではなく、この記事で述べられているノイズの問題もあるようです。

特許の技術でノイズの問題が解消すれば、将来的には、APS-Cやフルサイズなどの大型裏面照射型センサーの登場もあるかもしれませんね。

2012年1月23日 | コメント(6)

コメント(6)

削る工程があるので、大型センサーでは歩留まりが悪いと聞いたことがありますが?
最近はその辺が解決されたのでしょうか?

ほうー、キャノンもやりますねえ。
こういう地道な研究には、日本人として応援しています。
頑張れ、日本!

そういうことだったんですね。

>PIYOさん
この特許技術自体は小さなセンサーでも生かせるでしょう。
また、特許はその実現性を問われないものです。
特許の期限が切れてからようやく実用化されてた実装も珍しくありません。

5DmkⅢに搭載されることはないでしょうかね?

フルサイズセンサーの高画素化技術として、活用できそうですね!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2012年1月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが新世代の裏面照射型センサー「積層型CMOSセンサー」を発表」です。

次のブログ記事は「オリンパスOM-Dの新しいリーク画像が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る