キヤノンがシネマEOS C500 / C500PLと4本のEFシネマレンズの開発を発表

キヤノンが、Cinema EOSシリーズのEOS C500 / EOS C500PLと4本のEFシネマズームレンズの開発を発表しました。

4K映像が撮影可能なデジタルシネマカメラの開発について

  • キヤノンは、 4K(4,096×2,160画素)の映像を撮影し、その画質を劣化させることなくRAWデータで出力可能なレンズ交換式デジタルシネマカメラEOS C500/EOS C500 PLの開発を進めている。
  • 2K(2,048×1,080画素)出力において、豊富な色情報を持ち、クロマキー合成などの画像処理との親和性が高いRGB 4:4:4信号(12ビット)を新たに採用。
  • 詳細な仕様や価格は未定で、2012年年内の発売を予定。「NAB Show 2012」において、本製品を参考出展する予定。

「EFシネマレンズ」のズームレンズ4機種の開発について

  • 現在キヤノンは、広角ズームレンズ2機種"CN-E15.5-47mm T2.8 L S / SP "と望遠ズームレンズ2機種"CN-E30-105mm T2.8 L S / SP"の計4機種を開発中。スーパー35mm相当のセンサーサイズに対応するズームレンズで、4Kカメラ(4,096×2,160画素)に対応。
  • 本製品の詳細な仕様や価格は未定で、2012年年内の発売を予定。

 

ここ何日か噂が流れていたCinema EOSの最上級モデルC500の開発が正式に発表されました。性能的にはこのカメラがCinema EOSの大本命のようですが、価格は3万ドル以上と噂されているので、完全なプロ用機ですね。各社から4K対応のカムコーダーが続々登場しているので、今年のNABは盛り上がりそうですね。

2012年4月13日 | コメント(1)

コメント(1)

ああ、これはDSLRと全く同じ図式になってきましたね。。 大丈夫かなCanon?


最上位機にはスペックを奮発するけど、下位機扱いのC300や更に下の5D3には必要な物が付いていない。。 当然と言えばそうかもしれませんが、Sonyなどの他社がより安価に魅力的な製品を出してくると、どう転ぶか心配です。
底辺でEOS movieを支えるプロにそっぽを向かれなければいいですが、、^^;


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2012年4月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンがシンガポールで4月19日のイベントの招待状を配布中」です。

次のブログ記事は「ソニーが今後数週のうちにフルサイズ機のプロトタイプモデルを公開?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る