シュナイダーがフォトキナでm4/3用の14mm F2、30mm F1.4、60mm F2.4マクロを出品

シュナイダーがマイクロフォーサーズ用の3本の交換レンズ「SUPER ANGULON 14mm F2」「XENON 30mm F1.4」「MAKRO SYMMAR 60mm F2.4」のフォトキナへの出品を発表しました。

Dreimal MicroFourThirds von Schneider-Kreuznach (photoscala)

  • シュナイダー・クロイツナハはマイクロフォーサーズ用の3本の単焦点レンズSuper-Angulon14mm F2、Xenon 30mm F1.4 Macro-Symmar 60mm F2.8をフォトキナで展示する。発売は2013年の下半期になるだろう。
  • この新シリーズのレンズはドイツ製で、画面全域に渡って非常に高い解像力を持っている。レンズには電子接点があり、絞りのコントロールと正確なAFが可能だ。鏡筒はハイクオリティなアルミニウムで防塵防滴。
  • Super-Angulon 14 mm/2.0 (レンズは10枚、非球面4面)
  • Xenon 30 mm/1.4 (レンズは7枚、非球面1面)
  • Macro-Symmar 60 mm/2.4 (レンズは8枚)

 

シュナイダーがm4/3用の既に発表されている14mm F2を含む3本の単焦点レンズをフォトキナに出品するようです。発売は2013年の下半期なので、まだまだ先の話ですが、AF対応のハイクオリティな単焦点レンズが3本も登場するというのは、m4/3ユーザーにとってはとても楽しみな話ですね。

2012年9月17日 | コメント(17)

コメント(17)

AF対応のハイクオリティな単焦点レンズが3本も、これは素晴らしい。
来年もマイクロフォーサーズのレンズは豊作の予感!
嬉しい悩みが尽きないですね。

京セラオプト製かな?

おぉぉ! 防塵防滴でシリーズ展開か! すごい本気度。

魅力的なラインナップですが、来年の下半期まで1年あります。
レンズ接点があるなら、手振れ補正もつけて欲しいですね。
それと、価格はどうなるのしょうね?

おお、これは、、

14mmF2、個人的に非常に気になる。28mm equiv.の画角は動画には非常に使い易そうですね。でもきっと高いんだろうなあ。

しかしm4/3はレンズの充実がすごいねぇ~♪
あと1社ボディーでm4/3規格でミラーレス参入とって無いかなぁ。。。
流石にオリとパナだけでは勿体無い感じすらしてきた☆

防塵防滴ならパナの20mm代替に30mmの欲しいやもw

m4/3でSuper-AngulonやXenon、Symmarが使える日が来るとは・・・感動しました。^^
特にXenon 30 mm/1.4、物欲を刺激されます、欲しいです。
m4/3は標準域の明るいレンズが多いのが楽しいですね。

シグマでもそうですが、微妙にAPS-Cに転用可能な焦点距離を選んでる部分は感じますね。
しかし、それでも敢えてシグマもシュナイダーもM4/3から先に発売するのは、やはり売れ行き的にM4/3の方が先行してるイメージを持たれているのでしょうか。

私もx1.5で21,45,90と丁度良い焦点距離になるのが気になります。1年以上も先の話ですが良いレンズはいろんなカメラで使えると嬉しいですね。

伝統のレンズをデジタルのシステムで
使えるなんてカメラファンには夢といえる話ですね。
m4/3のシステムが充実してきましたね。
手放せないし、今後の展開が楽しみです。

噂出始めのときにEマウント共用か?って飛ばし記事ありましたけど、
シュナイダーが公式にきっぱり否定してましたよね

APS-Cには大口径すぎる気もするので、やっぱりm43専用なんじゃないかと思ってたり

オリンパスから17mm f1.8
パナソニックも42.5mm F1.2 と 150mm F2.8を発表しましたし。
明るい単焦点レンズのラインナップはかなり充実しますね。

これに乗じてシグマがボディを出してくれませんかねぇ。買いますよ〜

他のシステムを見込んだ設計にしろ
よりレンズの良い部分だけ使えるから
M43用としての方が美味しい気がする。
何にしろM43ユーザーにとってうれしいニュースです!

Xenon 30mm F1.4がほしいですが、高いのでしょうね。。。
自分の場合m43はサブなのであんまり予算ないです。でもずっと使えそうなレンズなので買ってしまうのかもしれません。
大きさもきになるところ。

すでにこちらで8日に紹介されましたが、BMCCからm4/3のシネマカメラが年内に登場すると言うし、シュナイダーのこのドイツ製レンズ群もこうした動きと微妙に連動しているようで楽しくなります。国産の高性能センサーが外販され、たくさんのカメラベンチャーから光学理論に優れたm4/3の上位機が登場することを期待したいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年9月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックが海外でLumix G X 35-100mm F2.8を正式発表」です。

次のブログ記事は「パナソニックが42.5mm F1.2と150mm F2.8の開発を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る