キヤノンPowerShot G15の高感度ノイズテストが掲載

FOCUS NUMERIQUEに、キヤノンPowerShot G15の高感度ノイズの比較テストが掲載されています。

Canon PowerShot G15 Test

  • テストはいつものように200ルクスで照明されたセットを、マニュアルモードでISO100で1/4秒、F5.6にセットし、感度とシャッター速度を変化させて撮影した。原寸大のJPEGのサンプルの表示とRAWファイルのダウンロードが可能だ。全てのカメラでこの設定で撮影しているが、G15はおおよそ1/3EVアンダーになっていることに注意して欲しい。
  • ISO80-400では、ノイズの粒子はほとんど見えず、ノイズリダクションも穏やかで美しい画像だ。ディテールはISO400から失われ始めるが、それほど劇的に失われるわけではない。ISO800では、ノイズリダクションがもう少し強くなりソフトになる。ノイズの粒子はまだ目につかないが、黒い部分に紫の葉脈状のノイズが既に見えている。
  • ISO1600になると、ノイズの粒子が見え始めるが、ノイズはまだ少なくスムーズだ。ディテールは不鮮明になるが、色はまだ鮮明で力強い。ISO3200になるとノイズリダクションはずっと強くなり、ディテールが失われる。ISO6400ではダイナミックレンジが激しく低下し、ISO12800はザラザラでディテールは無く小さいサイズのプリントでしか使えない。

 

G15は従来のCCDから最新のCMOSセンサー換装されて、高感度はかなり改善されているようですね。LX7との比較では高感度ではG15が若干ノイズが少なく鮮明な印象ですが、低感度ではサンプルの書籍のカバーの部分を見ると、ディテールは若干LX7のほうがよさそうですね。

2012年10月 7日 | コメント(1)

コメント(1)

このセンサーサイズに高感度はそれほど求めませんが、個人的にホントにほしいのはISOダイアルとバリアンなんですが。。。どうせこんなに大きいんだから、つけてほしかったです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年10月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスED60mm F2.8 Macroはヌケの良いシャープな描写をするマクロレンズ」です。

次のブログ記事は「シグマが新ファームでFoveonブルーを再現する「Fov Classic Blue」のカラーモードを追加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る