タムロンSP90mm F2.8 Di MACRO VC USDは見事なコントラスト&解像力

ePHOTOzine に、タムロンSP90mm F2.8 Di Macro VC USDのレビューが掲載されています。

Tamron SP 90mm f/2.8 Di Macro VC USD Lens Review

  • このレンズには手ブレ補正が搭載されているが、旧型よりもそれほど重くなってはいない。全長は123mmで、テスト機の5D Mark II とのバランスは良好だ。このレンズは防滴構造で、マウント周囲には細いゴムのガスケットがある。
  • AFは超音波モーターを採用しており、マクロレンズとしては高速で非常に正確だ。3段階のフォーカスリミッターがあり、フォーカスが大きく迷うのを防いでくれる。フォーカスリングは十分な重さがあり、とてもスムーズに回転するので、正確なピント合わせは容易。インナーフォーカスなので、フィルター枠は回転しない。
  • 手ブレ補正は、注意深く撮影すれば、通常の撮影距離なら1/6秒で半数のシャープな画像が得られた。これはおおまかに言って、4段分の効果だ。近接撮影ではより速いシャッター速度が必要となるが、VCはそれでもなお効果があり、手持ちでより多くのシャープな画像が得られる。
  • 解像力は、絞り開放から中央はとても良好な値(very good)で、四隅も良い値(good)だ。絞ると解像力は大きく改善し、F8では画面全域で際立った解像力(outstanding)になる。
  • 色収差は開放で0.25ピクセルをかろうじて超える値で、これは極めて低いレベルで、大きなプリントやトリミングでも全く問題はないはずだ。
  • 周辺光量落ちは開放で1.74EVで、このクラスのレンズとしては標準的だ。F5.6以上に絞ると見た目に均一になる。
  • 歪曲は、テストでは0.13%の糸巻き型をなんとか検出しているが、(実写で)この低いレベルの歪曲を見分けるのは困難だろう。
  • 逆光耐性は光源を画面に入れて撮影したときでさえ良好で、新しいeBANDコーティングが、フレアやコントラストの低下を素晴らしくよく抑えている。
  • ボケ味は開放では美しいが、絞ったサンプルでは若干うるさく見える。
  • 光学性能は予想通り素晴らしい。解像力とコントラストは見事で、加えて、歪曲や色収差、周辺光量落ちも抑えられている。手ブレ補正も実用的。希望小売価格が高いことが唯一の泣き所だ。
  • 良い点: 中央の素晴らしい解像力、手ブレ補正システム、良好な造り、防滴構造、歪曲や色収差が少ない。
  • 悪い点: 希望小売価格が同じクラスのライバルの2倍近い。(※価格はイギリスでの話です)

 

解像力は開放から良好で、絞ると四隅まで極めて高い値ですね。色収差や歪曲も極めてよく補正されていて、光学性能はとても優秀という印象です。ボケ味は、この2枚のサンプルだけではよく分からないので、もう少し他のサンプルを見てみたいところです。

価格は旧型よりもかなり高くなりましたが、まだ初値ですし、メーカー純正の100mmクラスのマクロに比べれば多少安価なので、性能を考えるとそれほど高くはないかもしれません。

2012年11月30日 | コメント(6)

コメント(6)

ソニーαマウントで、このクラスのマクロレンズを持っていないので、出てくれたら購入したいです。

でも、ソニー向けは1年は遅れるだろうなぁ。

ソニー向けはVC無しだし、マクロ撮影にUSDはあまり関係ないから、現行モデルでいいかもね。

旧型の良さを引き継ぎながら、AF速度(旧型の大きな不満点)が改善されていて、しかも防滴構造なら大変魅力的だと思います。時期が来れば価格もこなれてくるでしょう。

初代でも画期的な272Eの系統という事で、評価は予想通りでした。
ただ管理人様の仰るように作例が足りておらず、個人的には強いフレアのテスト画像を拝めないのが悔やまれます。
AF精度は、公式ページの花と蜂が写ったサンプルが分かり易いですね。

流石にタムロンの顔と呼ばれるレンズなだけあって期待通りの性能みたいですね。
昔のマウント交換式のSP90マクロを使ってますが、マウントさえあえば買いの一本でしょう。

発売日に購入しました。
発色もよく、しっかり解像するのでこれから出番が増えそうです。
あとはVCの効きがいいので撮っててイライラしないですね!

>ボケ味は開放では美しいが、絞ったサンプルでは若干うるさく見える。
うーん。気になる。期待してるけどどうだろう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2012年11月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスが14-40mm F2.8と300mm F4を準備中?」です。

次のブログ記事は「シグマが55mm F2.8など、ミラーレス用の6本の単焦点レンズの特許を出願中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る