ペンタックスが本日K-5II / K-5IIs の新ファーム(バージョン1.01)をリリース

ペンタックス公式サイトの英語版のページに、ペンタックスK-5II / K-5IIsの新ファームと新しいコンパクトカメラのリリース情報が掲載されています。

PENTAX JP 公式サイト(英語)

  • (2013.01.17)PENTAX K-5II/K-5IIs FIRMWARE UPDATE VERSION (1.01)
  • (2013.01.17)PENTAX Efina An entry-class digital compact camera, sporting a stylish, accessory-like design

 

日本語のページにはまだこの情報は掲載されていないので、英語版ページのフライングでしょうか。リンク先のページはまだ公開されていないので、詳細は不明ですが、本日(1月17日)、K-5II / K-5IIs 用の新ファーム(バージョン1.01)と、エントリーレベルのスタイリッシュなコンパクトカメラが発表されるようですね。

[追記] K-5II / K-5 IIsのファームウェアバージョン1.01が正式にリリースされました。
PENTAX Firmware Update Software for K-5II / K-5IIs 

  pentax_k-5firm101.png

2013年1月17日 | コメント(12)

コメント(12)

ペンタリコーの「エントリー」のコンデジという事は、Optio-LS465の後継機でしょうかね。
このクラスはOptio-RS1000/RS1500/LS465と「着せかえ」と「低価格」と売りとしたグレードですから、日本のマニアには「見えない」機種でしょうが、世界市場においては、その市場の所得水準にあった機種も必要な訳で、そちらの市場では「シェア確保」の主力として、日本においては上位機の価格維持対策の人身御供として、販売戦略上、重要な機種となるのでしょうね。
LS-465に関しては超コンパクトでいつでもポケットに忍ばせることが出来る「晴天番長」で、ステップズーム的な利用、ズームメモリもこのグレードでは珍しく可能であり、お値段の割りに遊べてかなり美味しかったりします。

ん、素のK-5は無いよね。やっぱり。

Efinaと言えばペンタックスのAPSカメラの名前ですが、初代Efinaのようなスタイリッシュなカメラになるんでしょうね。

なんだろ?
デバッグ程度じゃないのかな?
拡張機能は、期待出来ないね!

リンク先公開されましたね。

(^-^)今年のペンリコは
コンパクトカメラの年と噂されているので
今まで静かだったリコー側の発表が続くのではないか?と
期待に胸を膨らませております

不景気による底冷えで
庶民的なカメラに、手の届くカメラに
興味を抱くこの頃です (^_^;)

コンパクトカメラの発表はありませんが、ファームウェアは日本語サイトでも公開されました。
http://www.pentax.jp/japan/support/download/digital/k5_2_s.html

うわ…男は持ちにくいデザイン…
オプティオはもはや国内各社と張り合えるだけのブランド力はないので、仕切り直しが必要では?
今国内だと、カシオとかより一段低くて、エグゼモードあたりとの勝負になるのかな?

「PENTAX Efina」ですが、日本ではなく、アジア市場を強く意識したカメラのようですね。フジFinePix Zシリーズのように「自分撮り用ミラー」が前面に付いています。
アジア市場では「自分撮り」が日本以上にブームですから、サムスンの MV800など売れているようですし、それよりも手頃な値段で訴求できる機種・・・といったところではないでしょうか。
日本市場においては、上位機種の価格対策としての人身御供、品揃え対策、+αでフジFinePix Zシリーズの客層に価格で訴求・・・といったところではないでしょうか。

管理人さま、ペンタックスのレンズロードマップが更新されてますよ。
http://www.photographyblog.com/news/pentax_updates_lens_roadmaps/

>K-5IIs欲しいさん
昨年のフォトキナで発表されたロードマップの内容から変わっていない(?)ようです。
http://digicame-info.com/2012/09/kq6452013.html


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年1月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「METABONESのマウントアダプタ「SPEED BOOSTER」が日本国内で1月下旬から発売」です。

次のブログ記事は「キヤノンが3本のEF-Mレンズを準備中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る