ソニーα58とNEX-3Nのスペックが掲載

Photo Rumorsに、ソニーα58とNEX-3Nのスペックに関する噂が掲載されています。

Sony a58 and NEX-3n camera specifications and more details on the announcement next week

  • 以下は、2013年2月25日(来週の月曜日)に発表されるソニーα58とNEX-3Nの詳細スペックだ。
  • ソニーα58のスペック
    - 2000万画素Exmor APS-Cセンサー
    - 視野率100%の有機ELビューファインダー
    - BIONZプロセッサ
    - クリアイメージズーム機能
    - スイープパノラマ機能
    - ISO範囲は100-16000
    - 連写は8コマ/秒
    - 価格は600ドル前後

  • ソニーNEX-3Nのスペック
    - 1600万画素Exmor APS-Cセンサー
    - ISO範囲は200-16000
    - 連写は4コマ/秒
    - チルト可能な液晶モニタ
    - 電子ズームコントロール
    - BIONZプロセッサ
    - 内蔵フラッシュ(ガイドナンバー6)
    - 色はブラックとシルバー
    - 価格は500ドル前後

  • α58とNEX-3Nと共に発表されるレンズの価格は次の通り
    - ツァイスPlanar T* 50mm F1.4 ZA SSM : 1500ドル前後
    - ソニー18-55mm F3.5-5.6 SAM II : 200ドル前後
    - ソニー70-400mm F4-5.6G SSM II : 3000ドル前後

  • ソニーはいくつかのコンパクトカメラも発表する
    - TX-30、18MPセンサー、光学5倍ズーム、価格は350ドル
    - WX-300、18MPセンサー、光学20倍ズーム、価格は300ドル
    - HX-300、20MPセンサー、光学50倍ズーム、価格は500ドル

 

ソニーが今回発表する新製品がこれでほぼ明らかになりましたね。スペックや価格は概ねこれまでの噂通りのようですが、70-400mm F4.5-5.6Gの価格は、3000ドル前後とこれまでの噂よりも少し高くなっているようです。

新製品の発表日は、この記事でもSonyAlphaRumorsの最新の噂と同じ2月25日となっているので、発表は以前噂されていた2月20日ではなく来週になる可能性が高そうですね。

2013年2月19日 | コメント(17)

コメント(17)

新型の70-400mm F4.5-5.6Gの価格が3000ドルなら旧型も半額で併売してほしいですね。
旧型は2011年にe-bayで1400ドル、当時11万円で購入できました。

400mmとはいえ、F4.5からで3000ドル!!!
いやはや、お値段も十分ヘビィ級。
Zeissに負けないお値段で、逆にソニーとしてのこだわりも感じますし、どんな画を出すのか非常に興味深いところです。
ボケにこだわったGレンズなんですよね?
買えませんけど。


1/2.3型センサーもついに20mpに突入ですか。
18mpでもちゃんと解像してるモデルを知りませんがどうなるんでしょうね。

有機EVビューファインダーとなっていますが、ELですよね?

エントリー機にも載せてきましたか。
ソニーも本気ですね。
現行のEVFでは間違い無くNo.1の見やすさなので嬉しい限りです。

新AFは発表を待てということでしょうかね。

α58、ファインダーは有機ELか・・・
あとは液晶の解像度が気になるところ。

あれ?
ソニーNEX-3Nのリーク画像は
どうみてもホワイトですよね。
ブラックとシルバーだけ?

58の新型センサーに興味津々です
ところで、クリアイメージズームって現行の全画素超解像とまた違った機能なんでしょうか?。
これまた興味津々です。

α58、これ、大分良さそうじゃないですか?

バッファがどの程度あるのか気になります。やっぱり、そこは上位機種に遠慮してるのかな?

>αロメオさん
EVはELの間違いです。

jiiyaさん
クリアイメージズームは超解像ズームのコトです。
ノイズリダクションが上手くなれば、
超解像のブロックノイズも滑らかになるので
画質の改善を期待します。

99と57を持ってますが、99の超解像のほうが
よりテレコン効果があります。

α58がα55のサイズなら…
小さすぎて持ちにくいという声についてはグリップ形状の見直しで改善できると思うんだけどねえ。EVFが上位機と同じ有機ELになったことで、エントリークラスの一眼レフに対し明確なアドバンテージを持てるのに。

58の有機EL来ましたね。
57パスして待った甲斐がありました。
99のサブにとりあえず一台購入します。
望遠で鳥撮りに最適ですね。

連写速度が…いったい何が起こったんだ…?

58の8コマ/秒は、通常の速度優先連写のみになったということか?

3Nは…4!?

RIKKENさん、ありがとうございます。
私もコメント書きながら、これってやっぱり超解像ズームだよなとは思っていたんですが、やっぱりそうなんですね。
HX200V、A37と全画素超解像ズーム機を試してみて、当倍での鑑賞は厳しいものがあるとは思っていたのですが、画質が改善されているといいですね。2Lぐらいまでならプリントするとあまり問題を感じないんですが。
まあ、これを活用したオートポートレートフレーミングは、カメラ専業メーカーではまず発想すらされなそうな、パパママ向けには最高の機能なので、これで画質が良くなっていれば強力な武器になると思うんですけどね。

コンデジの画素数インフレが止まりませんね〜
daylightさんのおっしゃるとおり、16M超えたあたりからマトモに解像してるモデルを見たことがないのですが…1/2.3型では12Mぐらいで光学的に限界では?

スマホの台頭でコンデジ低価格モデルはジリ貧傾向でしょうから、いっそ1/2.3は捨てて、より高画質の望める1/1.7とか2/3に上位シフトした方がいいんじゃないかとも思えます。そっちのほうが利幅も大きいでしょうし

ソニーショップのブログを見てたら
ソニーヨーロッパで発表があったそうですね。
http://ichie-inc.blog.so-net.ne.jp/2013-02-20#more

α58のAFポイントは15点、うち3点はクロス。
背面モニターは46万ドット液晶。
AFトラッキング イン テレズームというのが
新しいAF関連の仕組みですかね?

なんとなく微妙。

a58の情報来ましたね。
http://presscentre.sony.eu/content/detail.aspx?ReleaseID=8308&NewsAreaId=2

ファインダーの詳細が知りたいんですが、正式発表待ちかな…


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2013年2月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンがAPS-Cセンサーを採用したハイエンドコンパクトを準備中?」です。

次のブログ記事は「次のEOS M のボディではAF性能が大幅に改善される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る