シグマAPO50-150mm F2.8 OSは最高レベルの単焦点と張り合う解像力

LensTipに、シグマAPO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSMのレビューが掲載されています。

Sigma 50-150 mm f/2.8 APO EX DC OS HSM

  • 手ブレ補正は公称4段分で、テストでは3EVを若干超える効果だった。この結果はこのクラスとしては極めて標準的で、良好と見なすことができるが、驚くほどの結果を残しているニコンやキヤノンの最新の70-200mmクラスのレンズには及ばない。
  • 解像力テストはEOS 50DのRAWファイルで行なった。良像の基準値は34-35lpmm付近だ。
  • 中央の解像力は開放で46-50lpmmの驚くほどの値で、F4-F5.6に絞ると52-54lpmmまで解像力が増す。これは、我々がテストしたレンズの中で最もシャープなレンズの1つだ。100mmの焦点距離で単焦点レンズ(EF100mm F2.8L IS Macro)と比較すると、シグマが若干優っている。光学性能は見事だ! 正直言って、ズームレンズのテストでこのような結果になるとは予想していなかった。
  • 周辺部の解像力もただ称賛あるのみだ。周辺部では中央よりも焦点距離による解像力の違いが若干大きくなるが、最も解像力が低くなる150mmでも開放から40lpmm近い値で、良好な画質だ。興味深いことに、最も優秀なのは周辺部でも100mmで、ここでもシグマはキヤノンEF100mm F2.8L IS Macroを超えている。信じられない!
  • 軸上色収差はテストではかすかに痕跡が見られるだけで、実写では気付かないだろう。倍率色収差も同じような結果で、ズームの両端では低レベルと中間レベルの境界線上だ。中間域では倍率色収差は全く感知できない。このカテゴリの全体的な評価は、間違いなく良好だ。
  • 歪曲は最も大きな広角端で-1.17%のタル型で、心配するレベルではない。中間域(100mm)では歪曲はゼロだ。望遠端では歪曲は若干大きくなり、0.34%の糸巻き型になるが、問題はない。
  • 周辺光量落ちは、広角端で27%(-0.92EV)の穏やかな値で、F4に絞ると9%(-0.28EV)で完全に解消する。ズーム中間域では24%(-0.80EV)で若干良くなり、F4に絞るとわずか8%(-0.25EV)だ。望遠端では周辺光量落ちは最も大きくなり34%(-1.21EV)で、F4に絞ると17%(-0.55EV)に改善するが、完全に解消するのはF5.6(10%)とF8(4%)だ。
  • 逆光耐性はこのレンズの唯一の弱点で、光源が画面内にあると多くの問題(フレア・ゴースト)が発生する。光源が画面の外に出ると大きく改善するが、それでもなお完璧とは言いがたい。
  • AFは超音波モーターで非常に静かだ。AF速度はそれほど速くはなく、最短から無限遠まで約1.2秒ほどかかる。しかし、このレンズは0.8mまで寄れるので、AFの範囲が広いことに言及しておきたい。テストでAFを外したのは4%で、AF精度は良好だ。
  • シグマの50-150mm OSは、解像力において最高の単焦点レンズと苦もなく張り合うことができ、これまで手にしたズームの中で最もシャープなレンズの1つだ。レンズの大きさを重視しないAPS-C機のユーザーで、メーカー製の70-200mm F4の購入を考えているなら、シグマのこのレンズを候補に加えて再考するべきだ。同等の金額で、シグマならF2.8の明るさと、多くの出来の良い単焦点レンズを置き去りにする解像力を手にすることができる。
  • 良い点: しっかりとした鏡筒、中央の驚きの解像力、隅のとても良好な解像力、色収差がわずか、球面収差がよく補正されている、歪曲が小さい、コマ収差が素晴らしくよく補正されている、非点収差がきちんと補正されている、周辺光量落ちが穏やか、効果的な手ブレ補正、静かなAF。
  • 悪い点: 逆光にとても弱い。APS-C/DX用のレンズとしては大きい。

 

このレンズは開放から驚くほどの解像力で、ズームでありながら解像力で単焦点のマクロレンズを超えているのは驚きですね。色収差や周辺光量落ち、歪曲も優秀で、光学性能は旧型(OS無し)とは全く別物のようです。

唯一のウィークポイントは逆光耐性で、サンプルを見る限りでは、画面内に太陽を入れるとゴーストがかなり盛大に出るようですね。このレンズは、フルサイズを導入する予定が無い方で、高性能な望遠ズームを探している方には有力候補になりそうです。

2013年3月 1日 | コメント(28)

コメント(28)

ズームレンズが解像力についてベタ褒めされるとは
テストした方も管理人さんも私たちも含めてビックリな結果でしたね
しかし「逆光は勝利」を信じている私にとって逆光耐性が無かったのは玉に瑕・・・
ただそれを補うだけの能力がありそうだから悩みどころです

最短合焦距離が0.5m以下であったならば、迷わず飛びつけたのですが。
フルサイズでこの焦点距離は屋内イベント撮影で重宝しそうなんですよね。嗚呼。

旧型の50−150くらいの大きさでキャノンかニコンがAPS-C用に純正レンズ出してくれるのを期待していましたが結局出ませんでした。このレンズの性能は良いかもしれませんが写真を見る限りではフルサイズ用の70−200並に大きくないですか?

サンプル見ましたが、すごいですね。
なんかPhotoshopで後から描いたみたいな見事なゴーストです。
せっかくここまで高い解像力なのに、ゴーストやフレアで画質が低下してしまうのはとても残念です。

冗談みたいなサイズがすべて台無しにしてる。
せめて旧型+手振れ補正分の大きさ重さなら買った。
フルサイズ用の70-200と共用ってありえん。

もう一段明るかったら、もう少し注目されたのでは?などと思います。
まぁこの価格を維持するのは難しいかも知れませんけどね。

ズームレンズなのにキヤノンの単焦点を画質で超えるってとんでもないね
シグマの底力おそるべし

最近、皆さんほんと贅沢。ズームでF2.8通しなのですが…

焦点距離が絞ってあるのか、効いてますかね。
しかし、シグマはシャープネスに優れ、ゴースト、フレアに弱い伝統はそのままですね。

SD1Merrillで使ってますがズームレンズとは思えないほど本当に凄い描写ですよ。
大きさ価格など考えればSD1専用と思えますので、この描写を存分に味わうのには、SD1とセットでお買い求めください(笑)

ゴーストがひどいってことは通常撮影でもハイライトにフレアが発生しているはずで、画質が良くとも高輝度に弱い旧型のキャノンLレンズのような性質なんでしょうね。

無駄にサイズが大きかったわけではないと。
しかしやはり70-200/F2.8を持っていると使い分けの仕方が分からず購入する意欲がわいてこないサイズです。

先代のが欲しかったですが、ディスコンで買えなかった。
先代のペンタックス用持ってますが良かったのはサイズ!
これじゃあ、ちょっと考えちゃいますね〜

SD1にて常用していますがとても良くDP3Mに比肩します。
確かにあの大きさはネックですが、余裕ある設計が高画質化につながっていると思えば気になりません。(あと流用による低価格化もメリットでしょう。)

価格コムなどを見ても、大きさ故に敬遠され気味で買った人のみが絶賛する妙なことになってますが、よかったら是非。(^^)

SD1(m)使ってるとホント並みのレンズでは満足できないですからねぇ。ユーザーなら見て見ぬふりはできないレンズ。
中央なら並み居る単焦点に勝るってのは既に言われてた事なので、今更驚きはありませんが。

でもハッキリいってベイヤー機で使おうとは思いませんからね。だからここでの反応はすごく順当な気はしますね。

APS専用レンズということなので、全く購入意欲が沸きません。フルサイズ用APO70-200 OS HSMがもっときちんとした商品だったならば、このレンズは不用だったのではないでしょうか?評判が悪かったので、シグマはリベンジしたのだと思いますが、小型化や軽量というAPS専用の
メリットがありません。50mm短い、重いレンズと受け止めてしまいます。それと、逆光が弱いのが気になりました。シグマは逆光シミュレーションを開発し、業界最高水準の逆光性能と社長が触れ回っていたのはなんだったのだろうと考えてしまいます。シグマのコーティングが弱いのは変わっていないみたいですね。


買わない理由を述べている方と、使用して絶賛されている方に完全に評価が分かれるレンズですね。

SD1M用に購入し隅々までのキレの良さに最高の評価で愛用していますが、私も7D用にはきっと買わないと思います。
シグマにとってSD1Mはフラグシップで本レンズの性能はベストマッチですが、他社のフラグシップはフルサイズでAPS-C機にはある意味過剰品質でその分の質量、体積が問題視された評価になるんじゃないでしょうか。

周辺光量の落ちが少ないということから見ても、大きすぎることはないでしょうね。
逆にライカ判サイズの70-200mm/F2.8がフィルターサイズ77mmにこだわりすぎて、周辺減光が酷いように思います。
CANONやnikonはAPS-Cの超高性能機は出さないような雲行きですから、このレンズはSD1merrill用に設計したんでしょうね。

最近までは値段を考えると、唯一無二の選択肢でしたよね。純正のf/2.8は激高ですから...

ただ、今はTamronの70-200f/2.8を選ぶだろうなあ、例えAPS-Cユーザーでも。

この50-150mmは
旧型も凄かったけど
新型も凄いんですねー。

ベイヤー用には買わないけど
Foveon用には重宝しそうですね。

旧型SD14・15も、こと望遠レンズ選びには悩まされるので
嬉しい誤算ですねー。

特定の条件を除けば素晴らしいズームレンズですね。

しかしこれだけの性能で売れないなんて勿体無い。
Eマウントなら12万でもかなり売れると思うのですが...。

なぜいまごろレポートが。
大きさの問題さえ無ければとうに買ってましたが、なんとか自制中・・・

SD1m用として愛用しています。
画質を追い求める方にはオススメ、ある程度でいい人にはオススメしないレンズ。
そういうことです。

旧モデルより大型化したため、
すでにいずれかの70-200m/ F2.8を
所有されてる方には
魅力の少ないレンズでしょうか?

自分はSD1で使って満足してます。
周辺含め、解像が優れてると思ってます。

この製品の技術をフィードバックしたAPO70-200 OS HSMが出たら魅力的でしょうね。期待しています。

発売後、ずいぶん経ってからのレポートですね。

良いレンズは、高価で、デカくて重いということなんですね。
APS-Cによる小型化を台無しにしてまで買うレンズなのか。

hotty さん

ご安心ください。ペンタKマウントもありませんから。

しかし、こんなレンズ出ていたこと知りませんでしたが(シグマ、タムロンのサイトはできるだけ見ないことにしている)、スペック見て驚き。いくらなんでもこの大きさ、重さは以上でしょう。

描写力と大きさ重さのバランスをどう評価するかは人それぞれなので否定的な意見も仕方ない面は有りますが高画素化が進めばこういったレンズの需要も増えてくるかも。

単焦点並みの性能のズームといえば4/3松クラスもそうですが性能的な妥協を最小限にしようとすると大きく重くなるのは仕方ないようですね。

フルサイズ対応の70-200mmF2.8と同じ大きさですが太さ的にイメージサークルに対しての余裕になりますし長さ的にも無理に光を曲げる必要が減るのでメリットが有るのでは。

スペック的に他社に比較対象が無いですがフルサイズ70-200mmF2.8と同じ画角、明るさという比較をしてみると、
センサーサイズによる被写界深度や階調性の違いは有りますがAPS-Cでフルサイズの描写に匹敵、あるいは凌駕しうるというのはボディ性能次第では大きな魅力かも。

耐逆光性能はコーティングの差だと思いますが高機能コーティングはコストが掛かるので仕方ない面も有りますね。
(軽微なフレアなら後処理で大分弱く出来きますしゴーストも出方次第では味として我慢できるので他社純正程度の値段になる位なら我慢します)

4/3同様、レンズ性能を引き出せるボディの少なさが中々売れない大きな要因だと思いますがSD1のユーザーにとっては安心して中望遠をカバーできるレンズですね。

個人的には広角、標準ズームでも同程度の性能のものが有れば少々の大きさ重さは我慢してでも欲しいです。
(8-16mmや17-50mmF2.8はSD1ではちょっと役不足を感じます)

最近のシグマのレンズは高性能なものが多くコストパフォーマンスも高いのでどんどん新しいのを出して欲しいです。

ここまで高評価だとグラッと来ますが、150mmはちょっと短い…。
この倍率だからこそのこの性能なのかも知れませんが…。

にこにゃんさん
>フルサイズ用APO70-200 OS HSMがもっときちんとした商品だったならば、このレンズは不用だったのではないでしょうか?評判が悪かったので、シグマはリベンジしたのだと思いますが

いや、この50-150はそもそもがSD1用に作ったレンズって話ですよ、
せっかく作った自信作だから費用回収も兼ねて他社マウントにも…と。
そう聞けばやたら気合いの入った出来なのもうなずける話かと。

明るくお手頃な便利ズームでしたとメーカーが大幅値下げで白状した
70-200と比べるレンズではないように思います、
70-200のリベンジならまずDCレンズにはしないでしょうしね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年3月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスが17mm F1.8のブラックエディションを準備中?」です。

次のブログ記事は「シグマ17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMは手頃な価格で良好な性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る