オリンパスの新型大口径ズームはM.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO?

読者の方から、オリンパスの新しい大口径ズームレンズに関する情報を提供していただきました。

  • オリンパスの大口径ズームの名称は「M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO」
  • フィルター径は62mm
  • L-Fn(レンズファンクション)ボタン付き
  • 鏡筒の色はブラック(シルバーがあるかどうかは不明)
  • レンズフードはLH-66
  • オリンパスの新型機は「OM-D E-M1」で、外観は先日リークされた動画そのまま

 

海外で流れている噂通り、オリンパスのE-M1と12-40mm F2.8 が近日中に登場するようです。

12-40mm F2.8 は、名称にこれまでになかった「PRO」が付くということなので、m4/3レンズの中ではハイグレードなレンズになりそうです。

12-40mmの大きさ重さなどの詳細は不明ですが、フィルター径が62mmなので、鏡筒はパナソニックの12-35mm F2.8(フィルター径は58mm)より太くなりそうですね。

2013年8月24日 | コメント(29)

コメント(29)

「PRO」なんてなんだかトキナーみたい。

前出の特許ではオリの2.8標準ズームはパナより細めだったようですが、特許とは少し違う中身なのでしょうかね

以前話題になった特許の光学系だと前玉径は45mm程度でしたから、本当にフィルター径が62mmならスペックは同じでも光学系は全く異なるものかもしれませんね。

以前の特許のものは少なくとも収差図を見る限りは松レンズ並みと言うには……という感じでしたし、本当に松レンズ並なら必然的に違う光学系のはずだとも言えますが……。

あの動画のままですか。残念です。

L-FnボタンはISモード、フォーカスモード、フォーカスリミッタなど機能を割り当てられるんでしょうか?

PROと聞き、E-1発売時を思い出しました。「4/3は安物ではなく、PROでも使える」と強調していたような気がします。
対して、マイクロ4/3は小型を重視してきたと思いますが、ここに来てPROを銘打ったレンズが登場し、PROの4/3ユーザー(あんまりいないか?)もマイクロに移行出来ますとのメッセージにもとれ、4/3終焉を感じてしまいました。

m4/3とは思えぬ,大きなレンズのようですね。
お値段もさぞや・・・
でも買うだろうな〜
オリンパスも軸足をm4/3に移したように感じました。

E-M1のデザインは残念ですね。
でも買うんだろうな〜


防塵防滴なんでしょうかね?
もし違うなら、E-M5のお供はパナ12-35のほうが適してる?

そーいや、E-M1は防塵防滴なんだろか?

>オリンパスの新型機は「OM-D E-M1」で、外観は先日リークされた動画そのまま

どんな製品の事前情報でも、発売してみたら結構良かったというのは、デジカメinfoのファンになって理解できるようになりました。
かつてのE-510のデザインが好きではなかった自分にとって、E-M1もリーク画像からすると気に入りません。
とはいえ、実物を手にすると、感触の良さから「案外、なかなか」と思えるようになるかもしれません。

うがった見方をすれば、ほぼEM-5にグリップを足しただけの違いに見えます。
機種によってセンサーサイズを変えられないというオリンパス自身の縛りによって、商品展開に苦労していそうです。
ヒエラルキーを構築できないので、目先を変えているだけで、ラインナップに面白味がないと感じています。

レンズ自体にはプロ銘入れないでほしいです
箱とかには入れてもいいけどね
なんか萎縮します(^^;

F2.8通しにこだわらなければ12-60がいいかもしれないですね。
大きさ、重さにもよるとは思いますが。

本体デザインがリークのままってことのほうが個人的には衝撃です。
パテで盛って作ったようなままなんでしょうか・・・

いいですねー。

何度も言いますが、E-M5では最少必要限度のレンズだけでずーーーっと我慢してきました。
全てこのE-M1とハイグレードレンズのために。
ここで資金をつぎ込みます。

M1も第一印象とは違っていい感じになってきました。
恐らく現物を見るともっと良くなるかも。
最初に良いイメージを持つと後で飽きがくるので自分としては良い入り方だと思っています。

E-P5ではM5以上の機能を盛り込んできたので、このM1は
E-5発売時以上の思わぬサプライズがあるものと今からウズウズしています。

ビデオの最後にあったC-AFの追随性、わざわざ取り上げるぐらいだからかなり改善していると期待しています。

その他、EVFのブラックアウト改善、連写10コマ/秒、
バッファーの増強で連続28~30コマまでストレスなし、
さらに画像処理アップで発売以降の評価どアップ・・・なんて連想しています。

P5、M5、M1の機能が大差なしではどう考えてもおかしいと思いませんか?
ハイエンド機、Proの名が付くレンズの組み合わせですよ。

暇人さんの言われる事に同感&納得です。
PROのロゴの裏にはフォーサーズの後継機E-7も「やっぱりやーめた」って言葉が隠れてるように思います。気のせいですかね?。

広角の方も欲しいところですが、望遠とあわせて三本期待してます

マイクロ・フォーサーズでハイグレードなズームが出るのはとても嬉しいのですが、どうせそういうグレードのレンズを出すなら150mm~200mmくらいまでで同じグレードのズームレンズを一本立してくれると嬉しいのですが
そこはOLYMPUSのマイクロフォーサーズが出た初期のころのようにとりあえずフォーサーズのレンズでカバーするってことなのでしょうか・・・

オリF2.8ズームに(レンズ内手振れ補正無しの為)パナ品より安価を期待した方もいると思いますがPRO名から推測するとそのようにはならないようですね。FTユーザーの方をも満足してもらうには当然そうなるということでしょうか。

防塵防滴じゃないなら、12-60のほうが良いです。後は値段ですね。

12-60を超えてくるんでしょうか? (・_・;

小さくして12-50mmのような工作精度でないことを期待します。
でも、12mm、17mm、45mmと素晴らしい単焦点があるので買わないだろうな。

M1のデザインは残念の一言。OLYMPUSはコンデジで「なにがあったの?!」っていうくらいヒドイものを作ってきているので、デザイン部の発言権が小さいんだろうな、と思った。

オリンパスが防塵防滴を外してくるとはとても思えませんが、皆さん心配性なんですね(^^;
フィルター径62mmは光学性能にも期待。価格に恐怖(>_<)

ちなみにおいくら位になると予想してます?
10万を切ってくれればなんとか・・・

E-M1とのレンズキットがオンラインショップで諸々引いて20万円前後と予想

うーん、20万じゃ安すぎる、か・・・な?わかんないですね失礼しました

うーん、フィルター径62mmとは・・・デカイ!
すばらしい性能を期待してしまいますね!しかしあまり重たいとm4/3ボデェとのバランスが・・・?
お値段も相応でしょうから実売10-12万円位と予想。

スペックからすればFTの12-60並の価格に抑えて欲しいですね。E-M1と合わせて20万かな。

マイクロフォーサーズのF2.8をどう捉えるか。。
いつも考えてしまいます。

ボケ量ではなく明るさがあれば、
ソニーセンサー機の高感度とオリンパスの手ぶれ補正が
あれば暗所に充分強いのかなと。

画像来ましたね
http://www.43rumors.com/ft5-first-picture-of-the-new-12-40mmf-2-8-olympus-mft-lens/

これは、けっこう格好いいような…

E-M1と12-40mm/F2.8 PROの写真です。

http://tapo.xii.jp/big/src/1377356527399.jpg
http://tapo.xii.jp/big/src/1377356533409.jpg
http://tapo.xii.jp/big/src/1377356538236.jpg

結構いい感じですが、パナとかぶるなぁ。

ここまでしっかりとした情報がリークされると、もう発売はほぼ間違いないと思って良いですね。

発売前の気になる点としてはやはり価格。
レンズキットが20万までというのが、ポイントではないでしょうか。
いくら高画質&軽量がウリでも、20万以上出すのなら一眼レフを・・という思いも捨てきれませんし。

早くサンプル画像が見たいです。

うーん、すごそう!

レンズキットで16万円くらいかな。割引で12万円。

手を出しそうな、出しにくそうな。(笑)

縞狸 さんの同感
パナより良い7-14mm、欲しい!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2013年8月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーのNEX-5T(NEX-5R後継機)の画像」です。

次のブログ記事は「ソニーの新しいEマウント機「α3000」の画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る