ライカが公式サイトで4月24日の新製品発表を予告

ライカが公式サイトに、4月24日の新製品発表のティーザー公告を掲載しています。

LEICA CAMERA 

  • ABOUT THE ESSENSE. APRIL 24TH 2014, 3:00 P.M. CET

24日の詳細は明らかにされていませんが、最近、海外でよく噂が流れている新ミラーレスシステムの発表が行われる可能性が高そうですね。画像の金属の塊は、アルミニウムのユニボディの素材を表しているのでしょうか。発表時刻は中央ヨーロッパ時間(CET)で午後3時なので、日本では24日の夜になりそうです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
f2erさん、情報ありがとうございます。

Leica_2014_0424_001.jpg

2014年4月18日 | コメント(14)

コメント(14)

買えないんですけど 個人的にこのカメラは今までのライカのカメラで一番興味深いです。発表楽しみです。

毎日ちょっとづつ削れていったら楽しそうです。

ここ数日、話題に上がっていた、あのアルミ削り出しボディの正式発表なんでしょうか??
それとも、あれ以上の、別のサプライズがあるのか?
あと1週間… 楽しみですね。

ミラーレスは、本来はこうあるべきだ という道筋を示してくれるようなカメラであって欲しいですね。また、こうすれば欧米でもコンパクトなミラーレスが売れますよという手本を見せて欲しいと思います。ドイツ製の質感の高さを外観と画質の両面で期待しております。

三層センサーとか積んできたら面白いんですけど。Leicaブランドに興味のない私でも手を出してしまうかも・・・。ま、無いとは思いますが。

これでミラーレスがヨーロッパなどで認知されるといいですね。

>RGVΓさん
>ミラーレスは、本来はこうあるべきだ
って

日本発のミラーレスの定義をライカが見せちゃったら・・・パナソニック・オリンパス可哀想すぎます。
世界で始めに作ったのに・・・

24日に国内でライカの発表があります。
発表会の案内が来ています。このカメラの
ことでしょう。

x-pro1がミラーレスならM9もミラーレスですよね。
欧米でウケるにはやはり一眼レフタイプでないといけないのかも。

このテザー広告はアルミ削り出しを表していますね。
リーク画像のままの物が発表されたら、ニコンとポラロイドのように、あまりにNXに似てたらサムスンから訴えられたり..しませんかね笑

ライカがサムソンやアップルに訴えられるなら、それはそれで時代の趨勢っぽくて面白いと思います。

やはりアルミ丸出しでくるんでしょうか。デザインとレンズはライカ、中身はパナということで魅力的な商品の可能性は高いですね。実は2000ドル程度で意外と安いんじゃないかと思っているんですが。

僕も2000ドルを期待しています。

それでもAPS-Cミラーレスでは倍額近く高価ですし、α6000の3倍!

2000ドルならレンズなしでも即買います。

Mマウントアダプターも絶対出るということで。

2000$でCCD搭載であれば購入を検討したいと思います。現行のライカ機では同じCCDを搭載するM9の廉価版にあたるM―Eに最も興味がありますが私の収入では買えませんので。

>RGVΓさん
そもそも今のライカがカメラの世界に何か新しいものを持ち込めるとは思えません。

 ミラーレスはE-P1がデザイン優先設計を、NEX5やNEX6/7が徹底した機能美を見せてくれているので、その延長線上でライカらしい機能美with高級感を見せるくらいではないでしょうかね。

 ごちゃごちゃいわずにMFTで出してくれればいいのに。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年4月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα77II には革新的な機能は無いが、あらゆる面で改善されている」です。

次のブログ記事は「DXOMarkにシグマ50mm F1.4 DG HSM のスコアが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る