Nikon 1 V3 は連写が極めて速いカメラを探している人にお勧めのカメラ

ePHOTOzine に、Nikon 1 V3 と新キットレンズ(10-30mm PD-ZOOM)のレビューが掲載されています。

Nikon 1 V3 Full Review

  • ボディは金属製で造りはとても良好だと感じる。前面から背面まで回りこむゴムで覆われた優れたグリップがあり、(背面のサムグリップに)親指が上手く納まる。もっと大きなグリップが好みの人には、オプションで一眼レフスタイルのハンドグリップが用意される。
  • モニタは高解像度で色再現が良く、画質はとても良好だ。
  • メニューはタッチパネルを使ってスクロールすることで、素早く容易に設定を変更することができる。
  • バッテリーライフはCIPA規格で310枚で、これはミラーレスカメラとしては平均的だ。
  • 10-30mm PD-ZOOMとの組み合わせでは、フォーカスとシャッターのレスポンスはどちらも極めて速い(シャッターレスポンス0.05秒以下、フォーカス・シャッターレスポンス0.1秒、撮影から撮影までの間隔はフラッシュ無しで0.4秒、フラッシュ有りで0.6秒)。
  • 連写はメカニカルシャッターで6コマ/秒、電子シャッターで10-60コマ/秒で、AF追尾で20コマ/秒が可能だ。フラッシュは連写中は一切使用できない。連写を使用するとMicroSDへの書き込みにしばらく時間がかかるので、書き込みの速いメモリカードの使用を推奨する。
  • サンプルでは色再現は良好で、露出も信頼できる。肌色のトーンも良く、ダイナミックレンジも良好だ。フラッシュ使用時に赤目はほとんど発生しなかった。
  • キットレンズの10-30mm PD-ZOOM は、バープルフリンジや色収差は、よく補正されている。歪曲は自動補正されるので、タルも糸巻きも見られない。周辺光量落ちも同様だ。このレンズはとても寄ることができ、マクロ性能は素晴らしい。ディテールはまずまずのレベルだが、望遠端は甘く、隅は更に甘い。良い結果を得るためには単焦点レンズの使用を推奨する。
  • 高感度性能に関しては、低ノイズでベストのディテールを得るにはISO160-400での使用を推奨する。ISO800とISO1600ではまだ良好な結果が得られるが、ノイズは増え、ディテールも減少する。ISO3200でもノイズはまずまず少ないが、ディテールは低レベルだ。ISO6400ではノイズが強くなり、可能なら使用を避けることを勧めるが、小さくリサイズしてWebで使うなら実用になるかもしれない。ISO12800はノイズが非常に多く、ディテールはとてもわずかで避けるのがベストだ。
  • オートホワイトバランスは良好だが、白熱灯では暖色に傾き、プリセットの方がより正確だ。蛍光灯ではオートホワイトバランスはとても良好で、プリセットではマゼンタに傾く。
  • 動画の画質は良好で、リフォーカスが必要な時のAFの追尾も素早い。
  • V3は新しい10-30mm PD-Zoomとの組み合わせで、これまでよりも容易にジャケットのポケットに収めることができる。もし、連写が極めて速いカメラを探しているなら、Nikon 1 V3がそのカメラで、これに近い性能のカメラは存在しない。画質は良好だが、唯一よくないのが10-30mm PD-Zoomが若干甘いことだ。
  • 良い点: 素晴らしいチルト可能なタッチ式モニタ、高速連写、AF追従の20コマ/秒の連写、高速動画モード、良好な画質と色再現、10-30mm PDの素晴らしい近接性能、高速なAFとシャッターレスポンス、ハンドリングが良好。
  • 悪い点: 標準ホットシューではない、10-30mm PDが甘い(特に望遠端)、ベストの結果を得るには単焦点レンズが必要になる。

 

Nikon 1 V3 は高速連写や動体追尾が得意なカメラで、この分野では他のミラーレスよりもかなりアドバンテージがありそうです。動体撮影がメインなら、ミラーレスではV3が最有力候補の1つになりそうですね。

ただ、センサーが高速読み出しに特化しているためか、高感度はこれまで同様、それほど強くはないという印象です。あと、キットレンズの10-30mm PD-ZOOM は、コンパクトで使い勝手はよさそうですが、サンプルを見る限りでは、V3の18MPセンサーには少し解像力不足のように感じます。

2014年5月11日 | コメント(26)

コメント(26)

べた褒めですね
1インチセンサーには限界がありそうだと思い
防湿庫鎮座組になりそうでしたがもう一度確認しようかな
でも高感度が弱いのは間違いないですね

V2、V3ときて画素数増加に伴い高感度耐性があまり変わらないというのは
進化していると思います、この画素数を維持したまま高感度耐性をあげていき
明るいズーム、単焦点を出すことによりまさに他の追随を許さないミラーレスになるんでしょうね
未来のあるフォーマットだと思います

本体の小型化のためか記録メディアが
microSDになったのが残念。

P8000が噂通りのスペック(24-120 f/2.0-3.0)だとすると、Nikon1にも明るい標準ズームが欲しくなります。

ニコンワンは後はセンサーの進化を待つのみ、
まだミラーレスマウントを決めていない私としては、フルサイズ機との使い分け目的のミラーレスシステムの最有力候補です。

画素数よりも1画素ごとの色の良さを出して粉っぽい(笑)コンデジ画質と差別化を計ってほしいかも。

高級コンデジと言われる1/1.7センサは、あえて1200万画素程度なのだから、1インチもこれ位で画素ピッチ分、良い色を出してくれるカメラのほうが良いんですけど、個人的には。

店頭で触った程度ですがグリップは非常に握りやすいと感じました
外付けのグリップなしでもしっかり握れるのでスタイリッシュなデザインで撮影ができそうです

>tentenさん
1/1.7インチセンサーの1200万画素相当だと、1インチセンサーにすると3000万画素を越えてますよね。

恐らく、画質(高感度)も機能性も向上しているのでしょうけど、個人的には、デジ一ライクなグリップと、内蔵EVFでない(オプションであることは承知しております)ことが、どうにも食指の動かない要因となっています。

驚くほど安くならない限りV2で行こうと思っています。

ニコンさん、是非V4には期待しております。

>Yamada さん

 たぶん、いやきっとYamadaさんは、APS-Cかフルサイズをお持ちなんでしょうね。Yamadaさんは、「1/1.7インチセンサーの1200万画素相当だと、1インチセンサーにすると3000万画素を越えてますよね」とおっしゃってます。

 「それくらいなら、1インチセンサーで有効画素数 1839万画素なら目をつぶってもいいんじゃないか」という御意見だろうと思います。そこで、APS-Cやフルサイズならどうなるのかと、画素面積比で簡単な比例計算をしてみました。

 すると今回の nikon1 V3が 1インチで有効画素数 1839万画素ですから、APS-Cだと有効画素で 5804万画素、フルサイズだと有効画素 13641万画素になりました。(現在の撮像素子能力で)そのような画素数のカメラをYamadaさんはお望みですか? どんなカメラになると思いますか? ユーザーは諸手を上げて同意するだろうと思われますか?

 Yamadaさんが否定された tantanさんの仰る「1200万画素くらいにすべきだ」という主張に従って再度計算すると、APS-Cで 3787万画素、フルサイズで 8901万画素となります。この画素数に APS-Cやフルサイズのユーザーたちは賛同するでしょうか?

 Yamadaさんとは違って、「きっと大きな抵抗があるだろう」というのが、僕の想像です。

     *

 速度メリットは nikon1シリーズの卓越した長所です。素晴らしいと思います。しかし、撮像素子は進化していないというのが、僕の考えです。僕は J2を使っています。V3のコストパフォーマンスは、やはり購入を躊躇させます。

 画像処理回路は進化しましたが、素子自体は高画素化したのみだと考えています。

家族がいまだにJ1を使っていますがレンズの大きさ以外は実に良くできたカメラだと感心しているので、今回はレンズの小型化が目を引きました。小型化だけでなくレンズキャップ不要にしたために前玉を小さくしてきたり、レンズは大きく設計を変えているようですが写りも悪くないようですね。

画素数については、レンズが比較的暗いですから画素数を上げるより高感度をあげた方がいいと思いますね、個人的には。実用800ぐらいまでしか使えないのは少し不便です。

風景のサンプルは甘々だし、キットレンズの写りがいいとは思えませんね。

引き上げた画素数を、総合的性能の向上を狙い意図して落とす。それは関係者の理解、自分の信念、何より言い出す勇気がいると思う。
キヤノンはG11でやっている。

”価格”だけでみると決して安くないですし、オプションEVFがその要因だとすれば”内臓にすべきだったかも”という想いもありますが、”性能や使い勝手を考慮に入れてのコストパフォーマンス”という意味では、十分に買いだと思い購入しました。

で、使ってみて、予想以上に素晴らしいカメラだと思いました。E-PLシリーズ、E-M5とオリンパスミラーレスとニコン一眼レフを併用してきた私にとって、使い勝手はもちろん画質もニコンらしいもので違和感なく、高感度も期待以上、標準レンズが甘いという意見も聞かれますが、実際にはキレッキレのすばらしい描出をしているように思います。FT-1でレンズの楽しみも広がって、これまで我慢してきた甲斐がありました。私的にはホットシューの使い勝手からEVFは内臓がよかったなぁ~と思いますが、E-PLシリーズを使っていたころはオプションEVFを脱着するのも楽しみのひとつでした(E-M5を使ってからは内臓の使い勝手の良さに感激しましたが 笑)。

これまで普段使いにD7100を使っていましたが、これを置き換えてもいいぐらい、V3依存症となっております(笑)

望遠連写用にV2を使っていますが、やはり例のスポーツレンズが待ち遠しいですね。
ノイズの処理が変わったようなので、V3には注目しています。

低 ISO 時のカラーノイズも改善された (ように見える) し、地味ながら消費電力も減っているようですね (EVF 付きではどうなるかな?)。 V2・J3 と比べると、今回の V3・J4 は色々な意味で世代が新しくなった印象です。
10-30 PD はシャープさは従来と大差ないようですが、小型化とレンズバリア、AF の高速化、ボケ味の改善がトピックですね。

中型や大型センサーのカメラがメインなのは当面変わらないと思いますが、レンズが大きくなる超広角や超望遠の領域はニコワンでまかなうのがスマートかなぁ、と考える今日このごろです。フォーマットの適材適所とでもいいますか。
マクロも小型センサーの方が楽ですね。(レンズ出して下さい 笑)

砂漠の月さん

Yamadaさんは、APS-Cで 3787万画素、フルサイズで 8901万画素のカメラがいいとはおっしゃってないと思いますよ

1インチの1839万画素は1/1.7インチセンサー1200万画素よりも画素ピッチ広いので
tentenさんのおっしゃってる高級コンデジより、よい色を出すことを犠牲にしているとは言えないんじゃないかという意味だと思います

砂漠の月さん

Yamadaさんはあくまでtentenさんの
「1200万画素の1/1.7センサ」を引き合いに出された話を受けて
そのレスをしているわけですから
1インチと1/1.7型との相対的な話をしているのであって
フルサイズやAPS-Cの画素ピッチを持ち出して反論するのは論理的におかしいのではないでしょうか?
また5000万画素などとなると画素ピッチ以外にも
記録メディアやレンズ性能が追いつかないといった問題もありますし
Yamadaさんがそのようなカメラに抵抗がないなどと決め付けるのは極論ではないでしょうか?

ご本人がどう思っておられるかは私にはわかりませんが
1/1.7型との比較論で言えばYamadaさんのtentenさんへの指摘は正しいと私は思います。

画素ピッチという話で言えば、1800万画素より1200万画素の方がより大型センサーの画素ピッチの大きさに近づくのは事実なので要望としてはおかしいコメントでもないですけどね。
 

ニコワンのコメントを見ると、高感度含めた画質面でもうちょっとがんばれー、
という意見が結構あると思います。
その「もうちょっと」のために低画素機を希望するのも有りだと思いますけどね。
個人的には、ということなので。


ソニーがフルサイズ1200万画素をこの時期にあえて出しますね。
その画質によっても画素数への考え方に今後変化が出るかもしれませんね。

infogetさん

そういうことではないと思います。
tentenさんは
画素ピッチがより狭いものを引き合いに出してしまっているのですから
やはりこの場合Yamadaさんの指摘は的確です。
画素ピッチをフルサイズやAPS-Cと同じにして欲しいという話ならば
最初から1インチセンサーは数百万画素程度にすべきと書くべきであって
まるで1/1.7型センサーの方が画素ピッチに配慮ができいるかのような書き方は、
G11を引き合いに出すのも同様にですが、誤解を招きます。
Yamadaさんは低画素の要望に異論を唱えたいわけではなく
tentenさんの文章的間違いをフォローしているに過ぎないと思われます。

mistさん

私はtentenさんの言わんとする事はそうは捉えせんでしたね。

単純計算の画素ピッチがどうという話のために1/1.7を持ち出したのではないのだという事が文章から分ります。
1/1.7の比較は同じコンデジの1/2.3に比べて「あえて」低画素にしているという「コンセプト」の比較で出しているのだろうなと思ってます。

1/1.7センサをあえて低画素化して高画質化を狙ったように1インチも低画素化でやってみたら、という意見、好みで言っていると思いました。

だらかどこにも間違いはありませんし、画素ピッチ論で指摘する必要も無い事だと思います。好みとして賛成・反対を言えば良いだけかと。

現状m4/3は1600万画素に対して、ニコワンは1800万画素。
細かい正確な画素ピッチ数値論は置いといて、
コンデジで言えば、ニコワンは1/2.3センサーの1600万画素、m4/3は1/1.7センサの1200万画素の立ち位置に似ているわけです。

そういう高画素コンセプトではなくあえて自身より小さいセンサーの画素数と同等にして、画質、カメラ性能トータルでの向上につなげる手法はキヤノン、ニコンのフラッグシップ機がやっています。、ニコワンでもそういう方針が良いなと思いましたけど。。

1インチでAPS-Cの画素ピッチ希望とか1/1.7が画素ピッチに配慮しているのに1インチはしていないとかの内容はtentenさんの文章からは読み取れません。ほかの方が話の展開をそちらに持って行っただけでしょうね。

ちなみに私のニコワンへの希望センサーは

画素数1000万画素程度(m4/3並の高感度にするなら800万画素でも可)
その分高感度に振ってもらい、
ただし基準感度をISO200にするようなごまかしでの高感度向上は反対。
D4コンセプトと同じくあくまで高画質追求のISO100基準で低画素数化部分でのみ高感度に振ってもらいたい。
800ミリ望遠も出るので、どの距離でも大抵は構図を決められるはずなのでトリミング耐性はあまり必要ない点も低画素数希望の一つ。
他に低画素数にすることでのカメラ性能としての恩恵を受ける部分もあるでしょうし。バッファとかレスポンス。

まぁ現実こんなセンサーは作らないのでしょうけど、アドバンスドカメラを自ら名乗る以上は、他社と同等の流れに沿った画素数のセンサーで発展し続けて、いかにもセンサーの大きさ順通りの画質です、の流れにはまりながら作ってもあまり面白みも無いでしょう。

ソニーのフルサイズ1200万画素の画質が気になる私としては、こういう「あえて」のコンセプトがミラーレス動体撮影No1の性能を持つであろうニコワンにはマッチしていると思います。


Not☆Nikkorさん
 像面位相差AFの特徴ってそういうことなんですか。
 知りませんでした。
 私はてっきり、画素ピッチが広い方が性能の良い像面位相差AF組み込めると思ってました。その分色補間する部分は増えるでしょうけど。
コンデジで像面位相差AFが展開してないのは画素ピッチが小さすぎて精度が出せないからかと推測で思っていました。

>高級コンデジと言われる1/1.7センサは、あえて1200万画素程度なのだから、1インチもこれ位で画素ピッチ分、良い色を出してくれるカメラのほうが良いんですけど、個人的には。

上記のtentenさんの内容は次の様に読めますけどね。

高級コンデジと言われる1/1.7センサは、あえて1200万画素程度です。1インチも1200万画素程度にして画素ピッチが大きくなる分、良い色を出してくれるカメラのほうが良いんですけど、個人的には。

同じ技術で一インチセンサー作るなら、1000Mも1200Mも1800Mも色に関してはそう大差ない気がしますけれどね。むしろ気分や個人差で色の認識が変わる人間の眼の方が問題ですね、正確さで言えば。

色はさておき何でV3はマイクロSDを採用したんでしょうね?小型化を追求するならJが役目を担いますし、わざわざVを選ぶ人はSDカードを何枚も持っていてそっちの方が良さそうですが・・・。

ISO800で辛いV1使ってるとV3の進化は感動を覚えます(笑)
例のEVFの件で、現在プレミアムキットが在庫切れですが、再出荷始まったらこの機会に買い換えてみようかしら…

ニコワンは1200万画素位で良いです。勿論それで高感度、解像度などで多少でもトレードオフ、メリットが出せることを期待してですが。
あくまで個人的な好みです(笑)

infogetさん

もし仮にinfogetさんの言われるように
1/1.7型センサーの「コンセプト」の話として
tentenさんが意図していたにしても、
画素ピッチ配慮の例としてさらに画素ピッチの狭いセンサーを出してしまっており、
それならば1インチでさえ1800万画素に抑えているのにも関わらず
1/1.7型で1200万画素はあまりにも多すぎると批判すべきであるという話になってしまいますので
その「コンセプト」や「立ち位置」自体がNikon1との比較論においては成り立っておらず
やはり論理的におかしいのですからYamadaさんの指摘は的確だと思いますし、
5000万画素のカメラを望んでいるとか
低画素の要望をしたことに反対しているという飛躍した解釈をすべきではないと思います。

いろんな好み、見方があっていいと思います。
ニコワンの今の特徴、方向性で言えばミニD800よりはミニD4の方がカメラとしてのトータルバランスはマッチしてるかなという感じですかね。

ソニーRX100M3と1インチセンサーで比較されると思いますが、ソニーとニコン ニコン1ではセンサーに対する設計アプローチが違うようですね。

・ソニーは1インチセンサーをコンデジのセンサーとして見立てて、限界まで光量を絞る。高感度になるが動き物に弱い。

・ニコンは1インチセンサーを一眼カメラセンサーとして見立てて、限界まで光量を上げる。感度は落ちるが動き物に強くなる。

こういう設計アプローチなのではないですか?
皆さんのコメントも論点はそこではないでしょうか?

間違えていたらごめんなさい。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年5月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 は開放から良好な性能」です。

次のブログ記事は「ハッセルブラッドが売却されるかもしれない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る