富士フイルムXF23mm F1.4 R はハイクオリティな画質でとても魅力的なレンズ

photozone に、富士フイルムXF23mm F1.4 R のレビューが掲載されています。

Fujinon XF 23mm f/1.4 R (Fujifilm) - Review / Test Report

  • 多くのフジノンレンズの常で、鏡筒のクオリティはとても良好だ。300グラムと軽量なので、ライカレンズほど丈夫な感じはしないかもしれないが、防塵防滴でないことを除けば、不満はほとんど無い。
  • フォーカスリングはスムーズに回転する。絞りリングは1/3EVステップで、リングの重さは申し分ない。
  • AFは必ずしも速くはないが、これはテストカメラが比較的古いX-E1であることにも原因がある。AFの作動音は聞こえるが小さい。MFはバイワイヤ(モーター駆動)で、極めて良好に動作する。
  • 歪曲は、0.3%をわずかに下回っており、この値はJPEGでも未補正のRAWでも同じだ。正直言ってこの値は良すぎるので、RAWでも自動補正が既にかかっているのではないかと若干思っているが、そのことの裏付けはなく、我々は引き続きこの歪曲には感心している。
  • 周辺光量落ちは、RAWでは開放で2EVの非常に大きな値だ。F2に絞ると大きく改善し(1.1EV)、F4では0.5EVになり問題はなくなる。JPEGでは周辺光量落ちは自動補正され、開放で1EVで、F2.8以上では0.5EVを下回る。
  • 解像力はF1.4では、中央はとても良好な値(very good)、周辺部と隅は良好な値(good)だ。絞るとゆっくりだが着実に改善し、F4とF5.6の間でピークに達する。このとき中央は素晴らしい値(excellent)で、周辺部と隅はとても良好(very good)から素晴らしい値(excellent)だ。F8以上に絞ると回折による影響が大きい。
  • テストした個体のセンタリングのクオリティ(偏芯の少なさ)はまずまず良好だった。像面の湾曲は極めて小さい。
  • 倍率色収差は、(ピークの)F1.4で周辺部で平均0.8ピクセルのかなり低い値で、F2.8以上に絞ると0.5ピクセル前後まで減少する。これはほとんど無視してよい値だ。
  • ボケは後ボケはとてもスムーズで、前ボケは更に滑らかだ。仔細に観察するとボケに緑色のハロが見られるかもしれないが、これは軸上色収差によるもので、非常に小さなF値での撮影では普通のことだ。玉ボケはF1.4とF2でわずかな縁取りが見られるだけで、非常に均一だ。F2.8以上に絞ると絞りの角ばった形が目に付く。
  • XF23mm F1.4 は大口径とハイクオリティな画質を兼ね備えた非常に魅力的なレンズだ。大口径レンズは非常に高い傾向があるが、1000USドル/1000ユーロを下回る価格は、我々の見解としては比較的手頃だ。大いに推薦。

 

XF23mm は他のレビューでも高い評価を得ていますが、photozoneでも光学性能の評価は5点満点中3.5点~4点で、とても良好な評価となっています。解像力は開放から実用的な値で、歪曲や色収差も全く問題はなさそうですが、周辺光量落ちは少し目立つようですね。ボケ味は広角レンズとしてはかなり綺麗という印象です。

2014年5月12日 | コメント(5)

コメント(5)

このレンズ使ってます。
フードがちょっと・・・・オール樹脂製はやめてほしいな。

>>歪曲は、0.3%をわずかに下回っており、この値はJPEGでも未補正のRAWでも同じだ。正直言ってこの値は良すぎるので、RAWでも自動補正が既にかかっているのではないかと若干思っているが、そのことの裏付けはなく、我々は引き続きこの歪曲には感心している。


確かFujiはボディでの補正は出来るだけ行わない方向で開発してるとどっかのインタビューで答えてたかと。

最短撮影距離が並というのが唯一の残念な所かな。
せっかくの1.4が勿体ないです。

このレンズ持ってますが、開放からシャープで被写体を浮き立たせる力が有り非常に気に入っています。
このクオリティで八万以下で購入できるので買って損は無いと思います。
もう少し寄れればテーブルフォトにも使えそうですが、そこはXF35mmの出番と割り切れば素晴らしいレンズです。

フジxシリーズは何度か買ってるのですが
マイクロフォーサーズのように合焦後のフォーカス調整が駄目なので
直ぐに手放しちゃうんですよね。
色や作りは最高なのですがやはり使い勝手が。
このレンズも期待してたのですがMFとAFを切り離す
システムで絶望w
電子ピントリングならAF時フリー、合焦後に微調整が出来れば
良いのですが。
Xフルサイズ規格ができる時はシャローフォーカス対策で是非。
Xシリーズ、レンズ性能、スタイルや質感も良いだけに悔しい。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2014年5月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハッセルブラッドが売却されるかもしれない?」です。

次のブログ記事は「キヤノン「EF16-35mm F4L IS USM」と「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」の画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る