ソニーα77 II は全ての動作が速く画質も素晴らしい

ePHOTOzine に、ソニーα77 II のレビューが掲載されています。

Sony Alpha A77-II SLT-DSLR Review

  • マグネシウム合金のボディは、造りがよく、とてもしっかりしているように感じる。
  • EVFは、細部がクリアでリフレッシュレートも速くとても良好だ。時折、AFポイントが多すぎてかなり煩雑に見えるが、これは設定の変更で解決することができる。
  • AFとシャッターレスポンスはどちらも極めて速く、撮影から次の撮影までの間隔も短い。連写速度は12コマ/秒(スローダウンまでにJPEGで59枚、RAWで25枚)で素晴らしい。
  • サンプルでは、色再現は良好で、ダイナミックレンジはDROオートで良好なレベルだ。露出も信頼できる。瞳認識AFは、ポートレート撮影では実に良好に機能する。
  • (キットレンズの)16-50mm のディテールはハイレベルで、フレアもよく抑えられている。歪曲はほとんど見られず、色収差とパープルフリンジは周辺部でわずかに見られるだけで、よく抑えられている。マクロ性能も良好で、絞りを開いて満足のいくボケも得られる。
  • 高感度は、低ノイズで良好なディテールを得るためには、ISO800/1600までの使用を推奨する。ISO3200とISO6400ではまだ良好な結果が得られるが、ノイズは増え、ディテールも減少する。ISO12800と25600ではノイズが強烈になるので、できれば使用しないほうが良い。ISO51200は、ノイズが極めて多くなり、白い斑点が現れ、ディテールが失われるので、使用を避けたほうが良い。
  • オートホワイトバランスは、白熱灯下では暖色に傾き、プリセットでは正確な結果が得られる。蛍光灯下ではオートホワイトバランスは非常に良好で、プリセットはマゼンタに傾く。
  • パノラマモードでは、一定の速度でカメラを動かさないとパノラマ画像の生成に失敗することがある。生成されたパノラマ画像は、ディテールが豊富でとても高解像度だ。
  • 動画の画質は良好だ。動画ではP/A/S/Mの露出モードが使用できる。
  • α77 II の価格はボディのみで990ポンドで、コストパフォーマンスは良い。
  • α77 II は起動時間やAF、シャッターレスポンスなどの全ての動作が非常に速く、エルゴノミクスに優れたボディで、使っていて楽しめる。画質は素晴らしく、旧型のα77よりも顕著にシャープになっている。AFはとても速く動体追尾も良好だ。範囲の広い79点のAFシステムは素晴らしい。α77 II は、この価格帯の一眼レフとミラーレスの中で最速のカメラの1つで、コストパフォーマンスも良好で、大いに推薦する。
  • 良い点: 12コマ/秒の連写、素晴らしい画質と色、Wi-Fi機能、79点位相差AF、防塵防滴のボディ、AF追従の60pのフルHD動画、ISO50が使える。
  • 悪い点: エフェクトをかけるとRAWで撮影できない、ISO51200で白点が現れる。

 

α77 II は、α77からAF性能や動作速度などが改善されて、かなり使い勝手のよいカメラに仕上がっているようですね。画質は、発表直後のサンプル画像では多くの議論がありましたが、このePHOTOzineのサンプルを見る限りでは全く問題はなさそうです。

2014年7月14日 | コメント(18)

コメント(18)

高感度こそ弱気味ですが、
明るいところなら、α7よりいい写りになるという実感を持っています。
ある程度高画素になってくると、ピントの問題がとても重要になってきますが、
この機種は、本当にピント王だと思います。

「悪い点: エフェクトをかけるとRAWで撮影できない」って無理やり過ぎませんか?
エフェクトかけた時点でRAWデータじゃないです。

α77の廉価版のα65を持っていますが、RAWを現像する時にシャープネスを完全に切って、ノイズリダクションを少なめにして、後でスマートシャープをかけると凄い綺麗になるんですよね。
やっぱりSONYは内部の現像処理があまり良くない気がしますが、治っているのでしょうか?

評判通り、相当良い仕上がりのようですね!電気屋で少し触っただけですが、AF性能にはビックリしました。

あとは、いかにしてこの評判を盾に売ることができるかですね。(いくら良くても、それをうまく宣伝しないと、皆、ニコン・キャノンを買ってしまいますからねー(笑))


α77Ⅱがこれだけ良いようですと、α99Ⅱにも期待したいところですね。消費全増税前に99を買ってしまったので、私のような庶民は一年以上経って値下がりしてからでないと買えませんが・・・(涙)。

確かにエフエクトをかけるとRAWで撮影できないという意味がよくわからないのですが、ピクチャースタイルの色々な設定のことでしょうか?

もともと、ピクチャースタイルやクリエイティブスタイル、並びに高感度ノイズリダクションの設定は、JPEGの設定で、RAWは、これらとは関係ないはずですが?

α77ⅡのBionz Xは、非常によくなっているので、IDCのイマイチのRAW現像なら、むしろ、クリエイティブスタイルの設定を自分好みにした方が手軽に綺麗に仕上がります。特にエリア別ノイズリダクションがうまく働いている感じがします。JPEGで使うときは、高感度ノイズリダクションはonで使うべきです。

このカメラを1ヶ月使ってみての感想ですが、画質も申し分なく、とにかく、AFが速くて正確で動体の食いつきもAPS-Cのなかでトップクラスなのは間違いないですね。

高感度も随分とよくなっているので、ISO1600から3200までは、十分に使えますね。

あと、EVFが非常に良くなっていて、非常にクリアーな画質で色も正確でカクカク感もかなり解消され、連写時のブラックアウトもないので、慣れれば、動体撮影も殆ど問題なく撮れます。このEVFは、全てのカメラの中でも最高の出来ではないでしょうか?

とにかく、今までの77の欠点をことごとく解消し、非常に完成度の高いカメラに仕上がっています。

ソニーのカメラでここまでの高評価はなかったんじゃないですか?
α6000とどちらにしようか迷っていた者としては嬉しいニュースですね。α77Ⅱは撮り鉄やスポーツ観戦にもってこいのカメラかと思っていましたが、ポートレートなどの用途でも十分通用しそうですね。
ISOは800くらいまでで止めないといけないとか、ちょいと不便な点はあるけれど、それはRAW+JPEGで撮ったらいいだけやし、暗い室内などの必要なシーンであればHVL-F43Mなどの外付けストロボ付けて撮影したらええわけですから。
このα77Ⅱに70-300mm F4.5-5.6 G SSMや2本のVario-Sonnarを中心に、あとはDT35mm F1.8 SAMなどの単焦点を集めて、α7をSTFレンズ専用機(STFはAマウントレンズなので、装着にはマウントアダプタLA-EA4が必要)として活用して行くというのは、なんとも贅沢な使い方になりますね。

そんなに画質が向上しているのですか? 物欲神が降臨してきそうです。

>afさん
α77ユーザーです。
RAWで撮影中にもエフェクトが使えないと、
いちいちエフェクト付けて見たい時にメニューからJpegに
変えないとダメなんですよね、これがかなり面倒で^^;

出来ればRAWモードで撮影しててもエフェクトを使用でき、
データはエフェクトかけたJpgと無加工のRAWを保存して欲しい
って感じですかね。

afさん
普通エフェクトかけたjpegとエフェクト無しのRAWを
両方保存できる機種が多いと思いますので、
それが出来ないという意味だと思います。

Aマウント機を見直しました。
とても良い出来のカメラです!

Afさん
オリンパス製のRAWは現像時にアートフィルターがかけられるので、とても楽しいですよ。表現の幅が広がります、一度お試し下さい。

そう、実はα77-2に飛びついてないのは、そのエフェクトの使い勝手の悪さが改善されてないこともあるんですよね。PCでのRAW現像時に適用も出来るようにして欲しいし。

オリンパスは先行しただけあって、やっぱりその辺はよく出来てますね。

SONYはいつピクチャーエフェクトとRAWの同時記録をさせてくれるんでしょう?
オリンパスだとアートフィルターブラケットでRAWと全てのエフェクトかけたjpegを保存できるのに。
#問題はファイル数が爆発

もう記憶がおぼろげですが、
NEX5はRAW設定時にHDR撮影を選択すると自動的にJpeg設定になり、
HDR設定を解除すると自動的にRAW設定に戻る。

同時記録は出来ないにしても使い勝手は良かったのですが、
5NではJPEG設定でないとそもそもHDR撮影モードに入れず、
HDR撮影モードを解除しても当然Jpeg設定のままで、
不便になってしまいました。
この為にHDR撮影自体をほとんど使わなくなってしまったのですが、
その後の機種では如何だったのでしょうか?

それはともかく、この調子で次は完成度の高いAマウントフルサイズ機を期待したいです

α77初号機ではPCリモート撮影が省かれたので
セミプロでブツ撮りを頼まれたりした場合、買い替えもいいですね、。

HDRやエフェクトがJPEG限定機能になっている点の不便さは確かに感じますね。オリンパス等は普通にRAW+JPEGでエフェクト使える訳ですし、ソニーに出来ない理由は無いと思うのですが。権利関係で色々面倒臭い事になっているのでしょうか?

私は出て直ぐに買いましたが、本当にマシンガンの様に連写ができます。ロックオンAFが完璧では無いまでもそこそこフォローしてくれます。この前水族館に行きましたが暗部でもきっちりビントが素早く合い、iso1600でも文句無しの画質を維持しています。最初はTLMミラーアップが必要等といっていましたが、MINOLTAレンズ使用を考えるとこれで十分過ぎます。
これでフルサイズが発売されたら買ってしまいそうです。

私は発売日に購入した口ですが、「人柱でもいい!」と割り切って良かったです。

某スレでも書きましたが、AFが優秀になった分、AF微調整をする場合は高周波と低周波でバランスをとるか、どちらかに寄せるか、自分の撮影スタイルからハッキリ方向を決めておかないと、「このレンズ、相性が悪いのか?」みたいな事になってしまいます。

動体用でα77Ⅱ、風景用でα99で使い分けていますが、α77Ⅱがここまで熟成されると、何ら不満を感じていなかったα99も見劣りしてきます。

α99Ⅱなんかが出たら、間違いなく行くでしょうね。

αでレスポンスの話が出ると、AFの話題は、いつもSSMレンズでの結果になりますが、ミノルタ時代も含めて、ボディー駆動レンズが多いSONYでは、ボディ駆動レンズでの検証結果も知りたい所です。
今まで、MINOLTA→SONYは、SSMレンズが出た後も、ボディ駆動用のモーターを強化してきてくれていましたが、そろそろ駆動スピードでの速度確保は厳戒ではないかなと思います。そこを如何に性能面で補っていくか?という観点から見ると、これから増々必要な情報になると思います。
MINOLTA時代のレンズで未だにキレイに撮れるのですから、SONY,MINOLTA,両社ともすごいです。

確かにaf速くなってますね!
無印77で高感度や連写なども必要ない使い方をしているのですご、買い換えたくなりました…。
最初っからこのスペックでα77として販売してたら良かったのにって思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2014年7月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα7SのS/N比とダイナミックレンジの測定結果が掲載」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS 7D 後継機ではデュアルピクセルCMOS AFが大きく進化する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る