オリンパスE-PL7が近日中に発表される?

読者の方から、オリンパスのE-PL7(E-PL6後継機)の価格などに関する情報を提供していただきました。
  • オリンパスE-PL7が近日中に発表される
  • 色はブラック・シルバー・ホワイト
  • E-PL7の店頭予想価格はボディが66000円。レンズキットが81000円。ダブルズームキットが96000円。

 

5月に何度か噂が流れていたE-PL7ですが、近日中に登場する可能性が高いようです。上記の店頭予想価格は、量販店価格に近いので、最安値ではもう少し安価になると思われます。E-PL7のスペックなどの詳細は不明ですが、海外の噂ではE-M10と似たようなスペックになると噂されているようです。
-------------------------------------------------------------------------------------
情報を送ってくださった方、ありがとうございました。

2014年7月 9日 | コメント(14)

コメント(14)

またマイナーチェンジ版ですかねー
エントリー機もなにか特徴つけていかなと。
パナのGM1のように小型化にふるとか

E-PL5ユーザーですが、どの程度進化してくるか注目してます

E-M10がある今、E-PLシリーズも立ち位置が怪しいですが、ファインダー無しの方が被写体が気負わないので使いやすい

そろそろアートフィルター適応時間とか、タッチ操作のレスポンスとかも手を入れて欲しいですね

画質は既にPM-2/PL-5の時点でかなり高いところに来てますし、PLは液晶は稼働式だし、タッチパネルも常識化、・・というところで新製品として注目できる要素があるのかないのか、期待半分な気持ちで正式発表を待ってます。

PMシリーズが廃版という噂もありますから、PL-7にはボディサイズはそのままか“Lより小さくMよりも少し大きめ”&軽量化、稼働液晶はもちろん、解像度を若干下げても良いのでEVFが搭載されると、ちょっと面白いかも。

パナのGMくらい小ぶりだといいです^^;
本当に

パナソニックは4K動画とGM1の小型を売りにしていますが
オリンパスは何を持ってくるんでしょうね。
GM1までとは言いませんが小型化して防塵防滴あたりをつけてくれるとE-PM2から乗り換えるんですが。

GM1並みに小さくするのであれば、PM後継機を出すべきでしょうね。5軸手振れ補正を付けて、GM1以下のサイズなら戦えるでしょう。

PL7が小さくなるぐらいならPM3として出せばよく、出すならしっかりとした安価なエントリーモデルと言ったあたりでしょうか。

この後で、PM3がPL7より高価でも小ささにお金を出す人はいると思います。むしろ、PM2が安すぎたのではないかと。

液晶は、チルトではなくバリアングルになってほしいですが、オリはやらないのかな。

何よりも液晶の高画素化を望みます。基本背面液晶メインの機種で液晶ショボイって致命的です。。ここだけ改善されればサブとして購入対象になるのですが。

女性からはPENシリーズは人気ですよね。
ターゲット層はスペックよりも使いやすさを選ぶから、背面が3.0型可動式有機ELモニター(約104万ドット 3:2)、wifi内蔵だけでも全然いけちゃうと思います。
問題は価格。やはりレンズキット6万以内くらいに収まらないと売れないだろうねぇ。

小型化してほしいですが、GMのように小さくするのは、シャッターユニットを変更しないと難しいでしょう。

勘違いしておられる方がいますが、PMとPLの大きさはほとんど同じ。モニターのぶん分厚いだけです。

センサーが変わらないと意味が無いと思います。
1インチでも20MP時代ですので、20MP以上にするとか、像面位相差を載せてくるとか、新しいセンサーのテスト機としてE-PL7を出し、その後そのセンサーをE-P5・E-M5後継機に載せてくる展開になればいいなと思います。

そろそろセンサー新しくなって欲しい。
そしてチルトじゃないバリアングルモニター。

オリンパスは小さい機種出さないんですかね。

特徴あるセンサーで勝負していただきたい。基本性能は同じでマタマタマタのマイナーチェンジ。ユーザーは型落ちを待つようになります。もうなってますよ。センサー開発する部門か子会社を持つべきです。

電子先幕シャッターを搭載してほしいです。
m4/3は小型軽量ゆえにシャッターショックの影響が大きので。

オリ機は一時期、手振れ補正の誤動作疑いが騒がれてましたが、パナG6以降(特にGM1)の電子シャッターの安定感を見て考えが変わりました。
m4/3はミラーレスではなく、メカニカルシャッターレスも目指すべきです。

センサーそのままでいいので、今はシャッターユニット重視で!


あのサイズを維持したままバリアングルだったらありだと思う。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2014年7月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-Pro2は24MP APS-Cセンサーとチルト式のモニタを採用?」です。

次のブログ記事は「ソニーがパナソニックに続いて富士フイルムとサムスンにも1インチセンサーを提供する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る