ライカT Typ701 の実写サンプルが多数掲載

dpreview に、LEICA T Typ701 の97枚の実写サンプルが掲載されています。

Leica T Typ 701 real-world samples gallery updated

  • ライカTのこじんまりとした実写のサンプルギャラリーをアップデートし、総計97枚のサンプル画像を公開した。ライカT Typ701は16MP APS-Cセンサーと大型のタッチスクリーン、2つのコマンドダイヤルと搭載したレンズ交換式のAFカメラだ。ライカTの実写での性能を確かめて欲しい。

 

使用されているレンズは、標準ズームの18-56mm F3.5-5.6 と、単焦点の23mm F2で、どちらもカリカリっとした感じではなく、少し柔らか目で立体感のある落ち着いた描写という印象です。

高感度はノイズがかなり目立ちますが、ノイズを無理に消していない分、ディテールはよく残っているので、これはこれで1つの絵作りの考え方かもしれませんね。

2014年7月 8日 | コメント(2)

コメント(2)

暗部のノイズを無理をして消していない為、暗部が黒潰れしていないようです。過度なノイズリダクションをかけていないことと、センサー画素数を1600万画素に抑えている為にDRが保たれている点の相乗効果かと思われます。銀塩ネガフィルムの如く粒子は粗いが暗部階調がキープされているのを狙っているようです。(味わいのある)作品としての写真を撮るには、この方向が望ましいと個人的に思います。


ノイズ塗り消して、ノイズが無くて綺麗でしょ、みたいな画像よりは好きかも。
ノイズ粒子は残ってもそのノイズの奥に解像感、立体感を感じる被写体がある感じの方が写真として自然な感じを受け、好みなので。
塗ってしまうとどうしても立体感は失われ画像から写真にした時に更に違和感がでて、いわゆる、やり過ぎな写真になってしまう。そういうバレバレの過剰補正が無い感じで良いと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年7月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 7D Mark II は9月5日に発表?」です。

次のブログ記事は「パナソニックがフォトキナ前に4/3センサーのコンパクトカメラを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る