パナソニックLX100はLC1と似たデザインになる?

43rumors に、パナソニックのコンパクトLX100のデザインに関する噂が掲載されています。

(FT5) Good news: LX100 has design inspired by the LC1!

  • 信頼できるソースとPopco.netのソースが、LX100のデザインが輝かしいパナソニックLC1に非常に近いデザインになることを確認した。しかし、私のソースによると、LX100はLC1よりもずっと小さく、そして重さはわずか400グラム前後になる。このカメラは今年の終わりに発売されるとPopcoは述べている。以前に述べたように、発表は9月15日(月曜日)のベルリン時間で13時になる。
  • 既知のLX100のスペック
    - 16MPマルチアスペクト4/3センサー。実際の解像度は少し低い
    - レンズは24-75mm F1.7-2.8
    - 276万ドット、倍率1.39x /0.7x の内蔵EVF
    - ISO200-25600。拡張でISO100
    - 4K動画(オーバーヒートを避けるために時間制限あり)
    - 正確なサイズは4.52インチ x 2.6インチ x 2.4インチ
    - ホットシュー搭載

 

LX100はLC1に似たデザインになるということなので、レトロ調の箱型スタイルになるのでしょうかね。LC1は、沈胴式ではないかなり大きなレンズを搭載していましたが、この辺りもLX100に引き継がれるのか興味深いところです。

あと、発表日は日本は祭日なので、この情報が事実だとすると、パナソニックの新製品は海外先行発表になるかもしれませんね。

[追記] 元記事の画像はLC1です。

2014年9月12日 | コメント(22)

コメント(22)

というとなんとなくフジのX100T的な感じになりそうですが。

デザインもよさげで、個人的にはスペックともに申し分ないです。
あとは価格か。10万以内に収まるか?

個人的には好きな形ですが、やはりレンズがだいぶ出っ張るんでしょうかね?
そうなると携帯性ではライバルのRX100にかなり劣っちゃいますね。

今のところ、パーフェクトな情報です(笑)
これで価格がRX100M3同等であれば欲しいですね。

大きさは噂されていたほど小さくはないですね。
スペックは素晴らしいのですがおそらく安くはないでしょうから
ビミョーなポジションを取りそうですね。
欲しいけど買えないみたいなw

なるほど、なかなか魅力的なカメラかもしれません。
m4/3だとこの明るさのレンズはそこそこ大きくなってしまうと思いますが、交換式でない一体型でどこまで小さくなるのか。
LC1に似ているのならカッコいいカメラになりそうですね。
ライカバージョンも出そう。

ソニーのRX1が450gくらいです。小さいといっても、イメージとしては、RX100というより、RX1に近い感じになるのでしょうか。これだけのスペックであればそれでもいいと思います。

驚くほどコンパクトという噂に期待しましたが、
400gでは260gのRX100M3とはジャンル違いのカメラになりそうですね。
結局はカバンに入れて持ち歩くことになりそう。

このデザインはいいですね。
ライカ版ももちろん出そうな雰囲気です。
OVFもあればもっとよかったです。

パナのことだからこれで6万以下に抑えてくれそう。
期待してます!

400gなんですね。大きさや高級感とかで見ると富士フィルムのX100系列みたいなレベルになってしまうのでしょうか??お手軽に持ち歩けてしかも画質がいいというLXシリーズを楽しみにしていたのですが。。。なんにせよそろそろですね。発表で詳しくわかることを待ってます。

センサー一インチで、レンズはLX100ほどは明るくなくて良くて、フアィンダー無しで、って感じで、小型のLX8的なものが出たりしないですかねえ。

RX100シリーズを一回り大きくした、
というよりも
RX1を一回り小さくした、
というほうがしっくりくる感じでしょうか?
レンズも出っ張ったままのスタイルみたいですし。

噂どおりのサイズだとすればおおよそのセンチ換算で
11.48 x 6.6 x 6.1センチということになりますね。
FUJIのX100Tと比べて縦横はひと回り小さめだがやや厚い。
厚みの差はレンズの出っ張り分でしょうね。

ライカ板の型番は従来どおりD-LUX7でしょうか。
それともセンサーサイズが変更されるこの機にライカもパナソニックに合わせて
D-LUX100にすれば判りやすいかも。

イロイロ思うところはあるけど、それでも今判っている範囲でLX100は十分魅力的です。
でも大きさ、重さを考えると、いまだ現役で使ってるLX5の置き換え用としてはオーバーかもしれないので、それとは別に考えた方が良さそうかも。
(フード、純正ワイコン、外付けEVFなど含めたシステムとしての使い勝手)

LC1のデザインは魅力的ですがちょっと大きいですね。
Lumix GM のような小型ボディのコンパクトカメラも出していただきたいです。

魅力満点!
ただ発売日がちょっと遠いな・・・

個人的には、LX100よりも小さいLX8の登場に期待します。100x60x40ぐらいで、センサーやソフトは使いまわし、レンズだけイメージサークル小さ目の24-70mm/F1.8-2.8でどうでしょう。

そうです、RX100のサイズでパナに作ってもらいたいのです。胸ポケットに入るサイズに抑えてもらいたいのです。

個人的には理想的なスペックです

ポケットぎりぎりの1インチRX100系でもよくこのサイズに収めたと思いますので、それより大きいセンサーサイズを考えるとポケットに入る大きさでズームレンズというのは無理があるように思います。

どうせポケットに入らないのなら無理に小型化するより操作性や画質を考えた適度な大きさが良いと思います。

同じようなモデルがいくつもあるより小型のRX100と高画質のLX100といった少しコンセプトの違うモデルがあったほうが面白いですし。

あとは操作系がLC1のような古典的なものかコンデジ的なものなのか、どちらになるかに興味が持たれます。

自分はLX7の後継はLX100とは別に今より小型のモデルが出るように思うのですが。

小出しのリークから、Panasonic渾身の出来栄えというのがうかがえます。

個人的にはLC1的な、やや古典的で無骨なデザインが好きなので期待したいのですが、確かGX7が出る前にもLC1に似ている…という噂があったのでチト心配。

この記事を見ると、単なるm4/3機のレンズ固定版に思えてきます。

レンズ交換式カメラを買っても交換レンズは買わないというユーザーの方が多い(ボディ1台当たりレンズ1.3本だとか)そうですので、そういった層のニーズに最適化した製品な気が...

全体サイズからレンズのサイズを想像すると、F値も頑張っているというよりは無理しているという印象のほうが強いですね。

まだ発表されませんね。パナソニックグローバルLUMIXサイト
http://panasonic.net/avc/lumix/
のサイトの一番上にカメラが9台おいてありますが、
下の段の右から二番目はなんでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年9月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが9月12日に発表する新製品のリスト」です。

次のブログ記事は「ニコンD750と20mm f/1.8Gの画像が掲載 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る